トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

冷凍冷蔵車で生じる故障の主な原因や中古の冷凍冷蔵車の人気モデルとは?

冷凍冷蔵車で生じる故障の主な原因や中古の冷凍冷蔵車の人気モデルとは?

地方グルメお取り寄せサービスの人気の高まりやネット通販の利用増加などと共に個人向け宅配サービスの利用が急増しています。生鮮品をはじめとする食料品を取り扱うケースも増え、宅配サービスの提供には冷凍冷蔵車が欠かせない存在となっています。

冷凍冷蔵車は定温運送ができるようトラックの荷台に外気温の影響を受けない冷凍冷蔵庫を搭載した特殊車両で、積み荷の鮮度を保つために高い温度管理能力が求められます。当然新車価格は高額となり導入に伴う経済的負担は小さくない上に、納車までに時間がかかるため急な乗り換えへの対応が難しい状況だと言えます。

そこでおすすめなのが導入コストを抑えながら即納も可能な中古トラック販売店で取り扱われる中古冷凍冷蔵車の活用です。中古冷凍冷蔵車の人気モデルや冷凍冷蔵車で生じる故障の主な原因と対処法などを紹介します。

冷凍冷蔵車の冷却システムとは

冷凍冷蔵車の冷却システムとは

定温運送を実現する冷凍冷蔵車は一般的に低温車・中温車・冷蔵車の3種類に分類されます。氷点下30~40度の超低温を実現するのが低温車、氷点下5度程度までの冷却を行うのが中温車、荷室を10度以下に保つのが冷蔵車です。

冷凍冷蔵車の冷却システムは3種類

低温車・中温車・冷蔵車の3種類に分類される冷凍冷蔵車ですが、荷室の温度管理コントロールを行う冷却システムも次に挙げる3つの方式が存在します。

機械式冷凍・冷蔵システム

現在もっとも普及している冷却システムでカーエアコンを大規模にしたようなシステムが機械式冷却で温度設定を運転席で行え、長時間の定温運送が可能ですが冷却状態を保つためには原動力が必要です。

液体窒素式冷凍・冷蔵システム

液体窒素を利用した冷却システムで荷室温度を氷点下40度近くまで一気に下げることができます。液体窒素は高額ですがエンジンを停止しても冷却状態が続くため、鮮魚や精肉の運送に用いられるケースが多い冷却方法です。

畜令式冷凍・冷蔵システム

荷室内に凍らせた冷却板を設置して荷室内を冷却する原始的な冷却方法ですが、冷却に原動力が必要なくエンジンを停止しても冷却状態を保つことができる環境に優しく経済的効果が高い冷却方法です。

冷凍冷蔵車の冷却システムの原動力は?

冷凍冷蔵車の冷却システムの中で原動力を必要とするのが現在最も普及している機械式冷却システムです。機械式冷却システムの原動力は直結エンジン式とサブエンジン式の2種類が存在します。

直結エンジン方式

直結エンジン式は冷凍冷蔵車に搭載されているエンジン出力を直接冷却装置の原動力として使用するもので、カーエアコンの冷却システムを大規模にしたものをイメージすると良いでしょう。トラックのエンジンを停止すると冷却装置も停止するため冷却状態を保つためにはトラックのエンジンを稼働し続ける必要があります。

サブエンジン方式

冷凍冷蔵車に冷却装置専用エンジンを搭載したものがサブエンジン方式です。専用エンジンを搭載することでベース車両のエンジンを停止して状態でも荷室を冷却することが可能です。

冷凍冷蔵車の冷却システム不具合の主な原因とは?

冷凍冷蔵車の冷却システム不具合の主な原因とは?

冷凍冷蔵車の冷却システムが故障すると荷室を冷やすことができなくなるので、積み荷の鮮度を保つことが難しくなります。荷主が定温輸送に期待する運送品質を保てなくなり、信用問題や補償問題に発展しかねない深刻なトラブルの原因となるリスクの高い故障だと言えます。

冷却装置の不具合は原動力をコンプレッサーに伝えるベルトの破損や冷却ガスのガス漏れが原因で発生するケースが多い傾向にあると言えます。荷室は保温加工が施されているので冷却措置のトラブルが発生してもすぐに荷室内の温度が上昇するとは限りませんが、荷室のドアの開閉を行うことで荷室温度が上昇しますし、長時間放置すると荷室の温度が上昇するので冷却装置が故障した場合は早急な修理が必要となります。

修理中は運送業務を行えないので代車の手配を行うなどで定温運送のサービス提供を継続することで信用問題や賠償問題の発生を回避することが期待できます。

中古トラック販売店で行うべき中古冷凍冷蔵車のチェックポイントは?

中古トラック販売店で行うべき中古冷凍冷蔵車のチェックポイントは?

断熱材を架装し冷却装置を搭載する冷凍冷蔵車は新車購入すると導入コストが大きくなるのが難点でしたが、中古トラックの流通量が増加した現在は中古トラック販売店を利用することで導入コストを効果的に抑えることが可能です。

特殊車両である冷凍冷蔵車だけに中古車両購入の際にはコンディションをしっかりとチェックしておきたいものです。中古トラック販売店で行うべき中古冷凍冷蔵車のチェックポイントを紹介します。

車両本体のチェックポイント

冷凍冷蔵車といってもベース車両となるトラックのコンディションは非常に重要ですので、まず車両本体のチェックポイントを確認します。

ベース車両の車両区分や年式

冷凍冷蔵車のベースとなるトラックに対しての排出ガス規制は年々厳格化されています。高年式車は排ガス規制に対応しているケースが多く、燃費性能も向上していると言えます。

またトラックの車両区分で車検費用・自動車諸税・各種保険料・高層料金などの維持費用や運転に求められる免許区分が異なるので車両区分の確認は重要です。

最大積載量

最大積載量は荷室に積み込める荷物の量に直結しますが、冷凍冷蔵車は荷室や冷却装置の重さで他のボディタイプよりも最大積載量が少なくなる傾向にあるので、最大積載量の確認は重要です。また車両の運転条件は最大積載量と車両総重量が影響しますので保有する免許区分が運転条件に合致していることも併せて確認しましょう。

各部のオイル漏れや滲み

車両の下回りにエンジンオイルやミッションオイルなどの漏れや滲みがないことも確認します。オイル漏れがある車両は車検に合格できませんので、オイル漏れがある場合は中古トラック販売店と協議する必要があります。

荷室部分のチェックポイント

荷室のコンディションは冷凍冷蔵車にとって最も重要な部分ですので、慎重に確認する必要があります。

冷却システムの種類

既に紹介したとおり冷凍冷蔵車の冷却システムは、機械式・液体窒素式・蓄熱式の3種類が存在します。現在最も一般的な冷却システムは機械式ですが、使用用途によってどの冷却システムが適当かを判断します。

冷却システム原動力の種類

3つの冷却システムの中で原動力を必要とするのは機械式冷却システムですが、直結エンジン式とサブエンジン式の2つの原動力供給方式が存在するので、どちらのシステムで冷却装置に原動力供給を行っているのかを確認します。

荷室の密閉性

冷却システムが正常に稼働していても荷室が密閉されていなければ冷却ロスが発生し、荷室を適温に保つことが難しくなります。ドアの歪みやパッキン、ドアロックの状態と共に荷室の壁にひび割れや破損部分がないことを確認します。

冷却システムの温度制御能力

冷凍冷蔵車の実車確認をする際にはできれば事前に冷却装置を起動させ実際に荷室内の温度を下げた状態で確認したいものですので、中古トラック販売店に事前に連絡を取って冷却装置を起動させてもらえるかを相談してみましょう。

事前の起動が難しい場合でも、最初に冷却装置を起動させベース車両の確認などを行っている間に荷室内の温度がどの位下がるかの確認は行うべきです。

中古トラック市場で人気の高い冷凍冷蔵車のメーカーとモデルは?

消費者ニーズの高まりから右肩上がりの需要を見せる冷凍冷蔵車ですが、特殊車両であるため新車価格は高額です。しかし需要の高まりと共に中古トラック市場への流入台数は増加傾向にあり、中古トラック販売店での購入が簡単になりつつあるので冷凍冷蔵車のベース車両として中古トラック市場で人気のメーカーとモデルを紹介します。

日野自動車

日野自動車

国内屈指の商用車両専門メーカーが日野自動車です。小型から大型まで網羅する車両ラインナップは非常に豊富で様々な特装車のベース車両に日野のトラックが採用されています。

レンジャー

数ある日野のトラックシリーズの中でも特に知名度の高いのが中型トラックシリーズの「レンジャー」だと言えるでしょう。初代モデルは1964年発売と既に55年以上もの間生産され続けているロングセラーモデルで、多くの冷凍冷蔵車のベース車両に用いられています。

中古日野レンジャーおすすめ冷凍冷蔵車!

アルミバン中型  トラック H28 QKG-FE7JPAG

アルミバン/H28/走行38.7万km/増トン積載7t/標準7.2m/ラッシング2段 バックカメラ パワーゲート エアサス

詳細を見る
平ボディ中型  トラック H25 TKG-FD7JGAA

平ボディ/H25/走行31.1万km/積載3.65t/標準/床鉄板 ベッド ETC バックカメラ

詳細を見る

中古
日野レンジャー
冷凍冷蔵車
一覧へ

いすゞ自動車

いすゞ自動車

かつて乗用車の生産を行いトヨタ、日産と国内シェアを争ったいすゞですが、2002年以降はディーゼルエンジンの開発力を活かせる商用車両専門メーカーとしての道を歩んでいます。

エルフ

現行モデルが6代目となるエルフは1959年から60年間も製造が続くいすゞの小型・中型トラックの大ロングセラーモデルです。環境問題や安全性能に対する技術開発にも力が入れられクリーンで経済的な冷凍冷蔵車ベース車両として人気があります。

中古いすゞエルフおすすめ冷凍冷蔵車!

冷凍冷蔵小型  トラック H26 TKG-NJR85AN

H26/走行7.1万km/積載2t/10尺/低温式/-30℃設定 2室 バックカメラ

詳細を見る
冷凍冷蔵小型  トラック H25 TKG-NHR85AN

H25/走行4.5万km/積載1.5t/ショート/-30℃設定 サイドドア スタンバイ バックカメラ ETC

詳細を見る

中古
いすゞエルフ
冷凍冷蔵車
一覧へ

三菱ふそう

三菱ふそう

1917年に設立された三菱造船を起源に三菱日本重工業(三菱重工業)・三菱自動車工業に引き継がれてきた商用車両生産を2003年に受け継いだのが三菱ふそうトラック・バス株式会社です。

キャンター

1963年に三菱重工業から発売された初代モデル以降7度のフルモデルチェンジを加えながら、50年以上も受け継がれる小型トラックシリーズがキャンターです。低燃費に定評のあるモデルが多くの冷凍冷蔵車のベース車両として活躍しています。

中古三菱キャンターおすすめ冷凍冷蔵車!

冷凍冷蔵小型  トラック H30 TPG-FBA50

H30/走行0.1万km/低温式 全低床 サイドドア 床ステン メッキパーツ多数 未使用車

詳細を見る
冷凍冷蔵小型  トラック H28 TKG-FED90

H28/走行15.2万km/積載3.35t/低温式 サイドドア キーストン パワーゲート

詳細を見る

中古
三菱キャンター
冷凍冷蔵車
一覧へ

まとめ

定温輸送は現代生活を送る上で欠かすことができない重要な運送手段となっており、冷凍冷蔵車に対するニーズは高まり続けていると言えます。冷凍冷蔵車は導入コストが高く、納車までの期間が長くなりがちな点が難点だと言えますが、次に挙げるポイントに留意することで効果的に冷凍冷蔵車を導入することが可能です。

中古トラック販売店ならコスト的にも納車期間的にも有利

荷室の細かい温度管理が行えるのは機械式冷却システム

機械式冷却でトラックのエンジンを止められるのはサブエンジン式

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報