トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

ごみ収集車を使った事業の手続きと注意点

ごみ収集車を使った事業の手続きと注意点

ごみ収集の仕事で日々活躍する特殊なトラック、パッカー車。ごみ収集の仕事はしていなくても、日々の生活で見かける機会は多いでしょう。私たちの生活の中で、もっとも身近なトラックの種類のひとつだと言っても過言ではないかもしれませんね。

そんなパッカー車ですが、もちろん中古トラックの販売店などで購入することも可能で、一からごみ収集の事業をスタートさせることも不可能ではありません。でもそこで気になるのが、「ごみ収集の事業を始めるのには何か申請や手続きがいるの?」という点。今回は、ごみ収集の仕事で申請などが必要かどうかについて、詳しく解説していきたいと思います。

ごみ収集の仕事を自分で始めるのに申請は必要?

さて、ごみ収集の仕事を自分で始めるのに申請などが必要かどうか、という点ですが、結論から言ってしまうと、「申請は必要」です。ごみ収集の事業会社に入社してそこで働くというのであればもちろん特別な申請等は必要ありませんが、自分で新たにごみ収集を事業として始めるのであれば、認可のための申請を行わなければいけません。

それでは、その申請はどこに対して行えばいいのでしょうか? 答えは、事業を行う地域を管轄する市役所または町村役場(あるいは区役所)です。通常のごみ収集に関わる仕事は「一般廃棄物処理業」と呼ばれ、その事業を行うための認可申請を、事業開始前に市役所へ行って届け出ることが必須となります。

一般廃棄物処理業を開始する際の手続き

さて、一般廃棄物処理業の新規開始手続きを行うには、まず所轄の市役所に問い合わせる必要があります。問い合わせ先も、問い合わせ後の手続きも、市町村によって異なる場合があるので一概には言えませんが、とりあえず問い合わせ先は役所の環境局等になるでしょう。一般廃棄物処理業の新規申請をしたい旨を伝えれば、必要な手続きや書類について教えてくれるはずです。

パッカー車やスタッフ、事業資金などの事前準備がしっかり揃っていて、かつ申請が通り市町村長の許可が下りれば、晴れてごみ収集の仕事を新規開始できることになります。ただしここでひとつ留意しておきたいのが、「申請すれば必ず許可が下りるというわけではない」という点です。事業に必要な基準をクリアしていなければ当然許可は出ませんし、市町村の事情や状況によっては、新規開始の受け付けを停止していることもあります。ただもちろん市町村によって基準も事業環境も異なりますので、事業開始を検討する前に、一度役所まで問い合わせてみるのがおすすめです。

ごみ収集の事業を始めた後の注意点とは

無事一般廃棄物処理業の事業許可が下りれば、行政によって定められたルールに従って、実際の事業を開始できます。認可の時点で役所から詳しく説明があると思いますが、事業許可が出た後も、定期的な報告や別途の申請が必要になったりするケースがあるので要注意です。たとえば使用しているパッカー車の変更があったり、パッカー車を増やしたりする場合には、役所への届け出が必要ですし、収集実績を毎月報告する必要もあります。

こうした報告や手続きを怠れば、認可取り消しという事態にもなりかねないので、役所の説明をしっかりと聞き、報告漏れや申請漏れのないように日頃から気を付けておきましょう。事業を行っていく中で不明点が出てきたら、面倒でも役所に逐一確認することが大切です。

まとめ

ごみ収集の事業は、中古トラック販売店で中古のパッカー車を購入すれば比較的少ない資金で開始できますし、市町村によってはごみ収集の事業者が不足している場合もあるので、ひとつのビジネスチャンスになるかもしれません。

新規事業としてのごみ収集に関心のある方は、ぜひ一度中古トラック店を覗いてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報