トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

今話題のトラガールって?

今話題のトラガールって?

日本経済や働き方をめぐる社会環境が著しく変化している昨今。トラック業界もその例外ではなく、業界全体に様々な面から変化が訪れてきています。そうした中最近よく耳にするのが、「トラガール」というやや聞き慣れない言葉。最近はニュースや雑誌などで取り上げられる機会も徐々に増えてきたので、「なんとなく聞いたことがある」という方も多いのではないでしょうか。

トラック業界や陸運業界で今注目のトレンドとなっているこの「トラガール」ですが、一体どんな意味で、なぜ注目を集めているのでしょうか。この記事では、気になるトラガールの概要に迫ってみたいと思います!

今話題の「トラガール」とは?

まず「トラガール」という言葉の意味ですが、こちらはトラックを運転する女性のことを指す略語です。トラックの運転手というと、どうしても男性というイメージが強いですよね。実際、現在でもトラックドライバーの多くは男性が占めています。しかし今、こうした状況に少しずつ変化が出てきているんです。

様々な分野で、徐々にではあるものの女性の進出や活躍が進んできている中、一見そんな波とは無縁そうなトラック業界でも、ここ数年で女性の活躍が目立ってきました。そのようなトレンドを後押しするべく、なんと国土交通省も公式に「トラガール促進プロジェクト」と銘打ち、トラガールの普及・PR活動に乗り出しています。

トラガールへの注目度が高まっている2つの理由

ところで、なぜ今これほどまでに「トラガール」への注目が高まってきているのでしょうか。これには大きく分けて2つの理由・背景があります。それぞれについて簡単に見ていきましょう。

慢性的なドライバー不足

業界を問わず最近は人手不足が目立ってきていますが、中でもトラック業界の人材不足は深刻で、長年慢性的なドライバー不足に陥っています。これまでに様々な対策が行われてきましたが、なかなか効果が出ていないのが現実。そこでトラック業界の裾野を広げるべく、女性へのPRを積極的に実施しているのです。

オンライン通販の利用拡大

もうひとつの背景として挙げられるのが、オンライン通販の利用拡大です。多くの人がオンラインショッピングを日常的に利用するようになったことで、女性ドライバーでも運べる小さな荷物が急増。それによって女性ドライバーの活躍できる幅が広がり、トラガール増加の一因となっています。

拡大する「トラガール促進」への取り組み

国土交通省を始めとする関係機関が一体となり、トラガール促進への取り組みも急速に進んできています。国土交通省ではトラガール専用PRサイトを立ち上げ定期的に情報発信しており、積極的な広報活動を展開。また、女性ドライバーが働きやすい職場を実現するべく、業界各社に向けて環境整備の呼びかけを行っています。

さらに昨今の働き方改革ともあわせて、主婦などでも働きやすい柔軟なワークスタイルの推進も実施しており、トラガールの普及と促進を強力に後押ししているようです。今後、こうした取り組みによって職場の実質的な環境整備が進むかどうかが、トラガール促進の成否を左右しそうですね。

まとめ

ここまで最近話題の「トラガール」についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。業界の人材不足という切実な事情もあって、トラガールの促進に関する取り組みは今後も長く続くと見られます。加えて政府が働き方改革を推進していることも、トラガール促進のひとつの後押しとなっているようです。

こうした諸々の取り組みが実れば、数年後には女性のトラックドライバーがもっともっと一般的な存在になっているかもしれません。今後のトラガール事情に、要注目ですね!

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報