土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

マイクロバスは8トン限定の免許では運転できない!免許の取得方法や費用についても徹底解説!

マイクロバスの運転をするためには、どのような免許が必要なのでしょうか。
『マイクロ』とつくだけあって、小さなバスであることはわかりますが、具体的にどのようなもので、どの免許が必要なのかを知らない人も多いでしょう。

ひと口にマイクロバスといってもその種類はさまざまです。
比較的大きなマイクロバスから少人数で移動するマイクロバスもあります。
そして「小さいのなら8トン限定の普通免許で運転できるのではないか?」このように考えている方もいるのではな
いでしょうか。

実はマイクロバスを運転するためには中型免許以上が必要であり、気軽に運転をおこなえる車ではありません。
そこで今回は、マイクロバスの概要と必要な運転免許、免許取得に必要な費用についてご紹介します。

筆者・太田さん

太田 りく著者のTwitterはこちら

整備士として現場で働いている現役整備士ライターです。
所有資格は整備士3級。

現役で働いているという強みを活かし、読みやすく読者の疑問を解決できるような記事になるよう心がけています。

マイクロバスとは?


マイクロバスとは、乗車定員11~29名、車両総重量8トン未満、かつ最大積載量5トン未満のバスのことを言います。
これは法律上のルールで、この規格内に収まっていれば、マイクロバスと呼ばれる、
加えて、日本ではさらに4つの区分に分けられています。

・小型ワンボックスカーを12~14名乗りにしたもの
・前輪駆動欧州仕様車を20~27名乗りにしたもの
2トントラックベースのもので、26~29名乗りが中心のもの
4トントラックベースのもので、27~29名乗りが中心のもの

主にゴルフ場や旅館、結婚式場などの多人数の送迎機会が多い施設で使われることが多いほか、会社の旅行や部活動の遠征でも使われます。
そしてマイクロバスはレンタカーとして貸出もおこなわれています。
レンタルする場合、免許さえあれば誰でも運転は可能です。
バスと聞くと、大型のイメージから運転しづらさを感じるかもしれませんが、実際はそうでもありません。
ただし、車体自体は長いので、普段、普通車しか運転していない人は注意が必要です。

マイクロバスを運転するためには中型免許以上が必要!


マイクロバスを運転するには、現在教習所で取れる免許と限定免許を含めて以下の3種類があります。

【マイクロバスを運転できる運転免許】

免許区分 乗車定員などの規定
中型免許(中型二種免許) 乗車定員が11~29名までのバスを運転できる
大型免許(大型二種免許) 乗車定員が30名以上のバスを運転できる
マイクロバス限定大型免許 乗車定員が11~29名までのバスが運転できる

※ただしマイクロバス以外の中型・大型自動車は運転できない

もちろん、中型・大型二種免許を持っていれば、マイクロバスは問題なく運転できるのでご安心ください。

表の3つ目にある『マイクロバス限定大型免許』ですが、あまり聞き馴染みのない運転免許です。
これは1970年の道路交通法改正にともない、それまで普通免許で運転出来ていたマイクロバスが大型免許の区分に変更されたことに対して設けられた限定免許の1つです。
ただしこの免許でも乗車定員は11~29名まであり、30名以上を乗せる場合は大型免許が必要なので注意しましょう。

普通免許や8トン限定中型免許では運転できない

マイクロバスを運転するには、先ほど紹介した『中型免許』『大型免許』もしくは『マイクロバス限定大型免許』が必要になります。
残念ながら、普通免許や8トン限定中型免許では運転できません。
その理由は、運転できる車両区分に関係しています。

【普通免許・準中型免許・8トン限定免許の運転できる車両区分】

免許区分 運転できる車両区分 マイクロバスが運転できない理由
普通免許 車両総重量3.5トン未満

最大積載量2.0トン未満
乗車定員10人以下
すべての条件で運転不可
準中型免許 車両総重量7.5トン未満

最大積載量4.5トン未満
乗車定員10人以下
すべての条件で運転不可
8トン限定中型免許 車両総重量8トン未満

最大積載量5トン未満
車定員10人以下
乗車定員の関係で運転不可

※普通免許は2017年3月12日以降に運転免許を取得している場合

一覧表のとおり、上にあげた3種類はすべてマイクロバスの車両条件を満たしていません。
特に8トン限定中型免許は、車両総重量と最大積載量は問題ないものの、乗車定員の関係で運転ができないのです。

もし8トン限定中型免許を持っており、これからマイクロバスの運転の仕事に就く場合は、限定解除をすることで中型免許にランクアップができます。
もしくは限定解除をせずに大型免許を取れば、マイクロバスだけではなく大型バスも運転できるようになります。

マイクロバスを運転できる免許の取得方法


マイクロバスを運転できるようにするためには、次の4つの免許のうちどれか1つを取る必要があります。

・中型免許(8トン限定中型免許からの限定解除を含む)
・中型二種免許
・大型免許
・大型二種免許

これらの免許の取り方は、どのようになっているのでしょうか。
現行普通免許の場合と8トン限定免許の場合を、順番に説明していきます。
5トン限定および準中型免許からスタートの人は、現行普通免許と同じ項目を確認してもらえれば大丈夫です。
ただし中型免許以上の運転免許は、すべての教習所で取得できるわけではありません
むしろ、中型免許以上の教習を受け付けている教習所のほうが少ないぐらいです。
事前に中型免許、もしくはそれ以上の免許取得ができる教習所を調べておくことをおすすめします。

現行普通免許の場合

まずは現行普通免許の場合です。
現行普通免許を持っている人が中型免許、中型二種免許、大型免許、大型二種免許を取得するには、以下の条件を満たしている必要があります。

【中型・中型二種・大型・大型二種免許の取得条件】

免許区分 取得条件
中型免許

中型二種免許
①年齢が20歳以上であること

②普通第一種免許・準中型第一種免許・大型特殊第一種免許のうち、いずれかの免許を受けていて、それらいずれかの免許を受けていた期間(免許の効力が停止されていた期間を除く)が通算して2年以上であること
大型免許

大型二種免許
①年齢が21歳以上であること

②普通第一種免許・準中型第一種免許・中型第一種免許・大型特殊第一種免許のうち、いずれかの免許を受けていて、それらいずれかの免許を受けていた期間(免許の効力が停止されていた期間を除く)が通算して3年以上であること

18歳で普通免許を取得した場合、早くても20歳にならなければマイクロバスを運転できる免許を取ることはできません。
いきなり中型免許や大型免許への挑戦はできないので、まずは普通免許取得から2~3年経過するのを待ちましょう。

8トン限定の場合

8トン限定中型免許を持っている場合は、大型、大型二種は普通免許と同じですが、中型免許への更新は比較的簡単です。
8トン限定中型免許をすでに持っている場合、限定解除をおこなえばいいのです。

中型免許への限定解除の方法は、
・教習所に通う
・運転免許試験場で試験を受ける
このどちらかになります。

教習所に通う場合、時間はかかりますがそれでも4~6時間の講習で終わります。
費用が膨大にかかるわけでもないので、運転に自信がない人はまず教習所に申し込みをしてみてはどうでしょうか。

教習所に通わず運転免許試験場で試験を受ける場合は、かなり厳しい試験であることを理解しておいてください。
合格率は20~30%と低く、わずかなミスでも減点の対象になるからです。
「この際、大型免許を取るか!」と言う人も同様に試験が難しいので、よく考えて選択しましょう。

中型免許と合わせて二種免許を取得したほうがよいかも

中型免許さえ持っていれば、マイクロバスを運転することはできます。
もちろんゴルフ場や旅館などの、施設への送迎用のマイクロバスなら、特殊な免許は必要ありません。
しかしこの先、もし路線バスの運転手を目指すのであれば、二種免許を取得しておくことをおすすめします。

一種免許と二種免許の違いは、送迎によって運賃を取るか取らないかにあります。
多くの施設送迎用のマイクロバスの場合、それだけで運賃が発生することはありません。
わかりやすくいえば、ナンバープレートが緑色のマイクロバスは、二種免許が必要と考えていいでしょう。
緑免許の記事はこちらで詳しく書いています。
https://www.kaitoriou.net/page/truck-driver/11090/

ただ、求人によっては『二種免許保有者歓迎』のものもあります。
二種免許を持っていることは、運転のプロと判断されることが多いためでしょう。
必須ではありませんが、もし時間や経済的に余裕があるのであれば、選択肢が増える意味も込めて二種免許の取得をおすすめします。

マイクロバスを運転できる免許取得に必要な費用とは?


では、マイクロバスが運転できる運転免許を取得するのに必要な費用はいくらぐらいなのでしょうか。
現在持っている免許や、試験方法で変わりますが、こちらでは教習所に通った場合の費用を一覧でご紹介します。

【マイクロバスが運転できる運転免許を取得するための費用相場】

中型免許 大型免許
普通免許 約17~28万円 約37~43万円
準中型免許 約12~18万円 約30~35万円
5トン限定準中型免許 約14~24万円 約34~38万円
8トン限定中型免許 約10~15万円 約25~30万円

中型二種免許、および大型二種免許となれば、さらに教習料金は上がります
概算ですが、おおむね5~10万円程度は上がると考えておきましょう。

費用は高額で痛い出費ですが、中型・大型免許取得の際には『教育訓練給付制度』が利用できる場合もあります。
こちらの記事で詳しい内容を記載しているので、もし免許取得予定がすでにある場合、参考にしてみてください。

まとめ


マイクロバスの概要と必要な運転免許、免許取得にかかる費用について紹介してきました。
マイクロバスを運転するには、中型免許以上の運転免許が必須です。
費用面の負担は大きいですが、その分活躍できる幅は広がるので、中型免許を取っても損はないでしょう。

さらにいえば、二種免許を取っておけば、将来路線バスの運転手になることも可能になります。
条件や試験内容も厳しく、費用も時間もかかりますが、ただマイクロバスが運転できるだけとは違い、地域貢献になることもあるでしょう。
国からの公的な補助もあるので、それらを使いつつ、自分のキャリア形成に適した運転免許の取得することをおすすめします。

  • マイクロバスを運転するには、中型免許以上が必要
  • 8トン限定中型免許ではマイクロバスを運転できない
  • 費用はかかるが中型・中型二種・大型・大型二種を持っていれば、さらなるキャリアアップにつながる

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報