トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

トラックの燃費性能は改善できる!燃費が悪い原因や効果的な燃費向上法を大紹介!

トラックの燃費性能は改善できる!燃費が悪い原因や効果的な燃費向上法を大紹介!

車両重量は自動車の燃費性能に大きな影響を及ぼすため、乗用車の軽量化が推し進められ大きく燃費性能を向上させたモデルに注目が集まっています。しかし貨物自動車であるトラックは荷役性が重視されるため、大胆な軽量化を行うことが難しくトラックは燃費が悪いという印象を払拭することに成功していません。

燃費性能はランニングコストに大きく影響するため、物流業務に従事するトラックの燃費性能は非常に重要なポイントだと言えますのでトラックの燃費が悪い原因を紹介し改善点を炙り出しながら効果的な燃費向上法を紹介します。

トラックの維持費用のなかで大きなウェイトを占める燃料費

トラックの維持費用のなかで大きなウェイトを占める燃料費

自動車の維持費用として車検や整備費用・自動車諸税・各種保険料などが挙げられますが、物流業務に使用し走行距離が多いトラックにとって高速料金や燃料費の存在は無視できない大きな出費になるのではないでしょうか?

ガソリンと比べると安価な燃料である軽油を使用するディーゼルエンジンを搭載するトラックが多いとはいえ、1回の運行で消費する燃料は決して少ないものではなく、燃料費の負担に頭を痛めている方も少なくないのではないかと思います。

燃費の悪い車両のイメージが強いトラックの車両区分別の燃費目安

車両サイズや車両重量が大きく大量の荷物を積載して走行するトラックに対して、一般的に燃費性能が劣るというイメージが根強くあるようです。しかしひと口にトラックと言っても小型クラスから大型クラスまでの車両区分が存在し、搭載エンジンの排気量が大きく異なるため、燃費性能も車両区分によって異なりますので車両区分別の燃費目安を紹介します。

小型クラスのトラック

小型クラスのトラックは、トラックの中では最も軽量で排気量の小さなエンジンを搭載していますが、ストップ・アンド・ゴーの多い市街地の近距離輸送に用いられるケースが多いことから平均燃費は10~11km/Lが目安となります。

中型クラスのトラック

車両サイズが大型クラスと変わらないボディタイプも存在し、近距離や中距離輸送に多く用いられる中型クラスのトラックの平均燃費は7~8km/Lと小型クラスより若干劣りますが、荷役性を考慮すると1Lあたりの費用対効果は高いのではないかと考えられます。

大型クラスのトラック

国内物流を支える陸運の花形ともいえる大型クラスのトラックですが、車両サイズや車両重量が大きく大量の荷物を積載して走行するため平均燃費は4~5km/Lと小型クラスのトラックの約半分の燃費性能となります。

トラックの燃費が悪いと言われる主な原因とは

トラックの燃費が悪いと言われる主な原因とは

自動車の燃費性能が飛躍的に向上し40km/Lを超えるモデルの登場などで、乗用車の平均燃費は年々向上する傾向にあることを考えるとトラックの燃費性能は大きく見劣りする印象を受けざるを得ません。

しかし国内トラックメーカーの技術力が乗用車メーカーに劣るという訳ではなく、乗用車とトラックの車両特性が異なることで燃費性能に違いが生じていると言えます。トラックの燃費が悪いと言われる主な原因を紹介します。

貨物自動車のトラックは積載重量が大きい

貨物自動車として設計・製造されているトラックには高い荷役性が求められ、最大積載量の多さがトラックの性能の高さを表していると言っても過言ではないかも知れません。既にふれたとおり燃費性能は車両重量に大きく左右されるため、車両重量の減少が積載量の増量を意味するトラックでは軽量化による燃費性能の向上が難しいという側面が存在します。

年間走行距離が多い商用車両は内燃機関の経年劣化が早い

高い燃費性能は精密な内燃機関によって実現され、高い燃費性能を実現する車両でも長期間の使用による経年劣化の影響を受け燃費性能が低下します。運送業務に使用されるトラックは年間走行距離が大きくなる傾向にあり、エンジンやトランスミッションの経年劣化の速度が早いと言えますので、例えば新車登録後3年目の乗用車と比べると3年使用したトラックの燃費性能の悪化はトラックの方が著しいと言えるでしょう。

トラックの効果的な燃費向上対策とは?

トラックの効果的な燃費向上対策とは?

エコカーの乗用車と比べるとトラックの燃費性能は大きく見劣りするのは事実ですが、大量の荷物を効率的に運ぶ貨物自動車としての選択はトラックしかありませんので、どのようにしてトラックの燃費性能を向上させるかが重要となります。

トラックの燃費性能向上が期待できる方法として運転方法とメンテナンスによる方法が挙げられますので、双方の燃費性能向上法を紹介します。

燃費向上に繋がる運転方法

運転方法でトラックの燃費が大きく変化することは広く知られており、高い運転技術をもつプロドライバーは平均的に高度な燃費走行技術を備えていると言えるでしょう。トラックの燃料消費はエンジンの回転数に比例しますのでスピードの出しすぎは厳禁ですし、低いギア段でエンジンを引っ張るような運転は燃費を悪化させますので早めのシフトチェンジを心がけるべきです。

もちろん急発進・急制動も控えることが重要ですが、排気ブレーキを起動したままでも燃費が悪化するので必要に応じて排気ブレーキを起動させるのも燃費向上が期待できる運転テクニックとしておすすめです。

燃費向上が期待できるメンテナンス

トラックの燃費性能というとエンジンに目が行きがちですが、燃費性能はタイヤの転がり抵抗の影響を大きく受けるためタイヤの空気圧管理は燃費を向上させるメンテナンスのポイントとなります。

またエンジンでは燃料と共に空気を燃焼させるため吸気量が適正でなくなると燃費が悪化しますので、エア・エレメントの汚れは燃費悪化の原因となります。定期的にエア・エレメントをクリーニングすることで燃費性能の低下を予防できます。

もちろんエンジンに組み込まれた金属パーツの摩擦を軽減させるエンジンオイルも燃費に影響し、劣化し潤滑性能が低下したエンジンイルでは燃費向上を望めませんので定期的なエンジンオイル交換が重要であることは言うまでもありません。

改善が行われ着実に向上しつつあるトラックの燃費性能

改善が行われ着実に向上しつつあるトラックの燃費性能

既述のとおり乗用車のエコカー化が急速に推し進められ驚くほど高い燃費性能を持つモデルの開発が各メーカーで行われていますが、トラックメーカーもトラックの燃費性能向上の研究開発を行っており着実にトラックの燃費は向上しています。

環境性能向上はトラックに対しても強く求められている

環境性能というと排出ガス濃度や排ガスに含まれる成分などをイメージしがちですが、レベルの高い排ガス浄化装置が開発され排ガス浄化が推し進められた現在は、「いかにして排ガスの量を減少させるのか?」が注目されています

排気量の大きなトラックはどうしても排ガス量が大きくなる傾向にありますが、効率の高いダウンサイジングエンジンを搭載するなど国内のトラックメーカーも本格的なトラックの燃費性能向上に力を入れていると言えるでしょう。

高年式車両は燃費性能が向上している

トラックの燃費性能の向上は以前からトラックメーカーが取り組む重要なテーマでしたが、残念ながら技術の進歩は思うように進まなかったと言えるでしょう。国内のトラックメーカーがダウンサイジングエンジンの搭載を開始したのが2015年前後ですので、高年式のトラックは燃費性能が向上していると言えます。

燃費性能の高いトラックへの乗り換え実現のハードルは低くない

燃費性能の高いトラックへの乗り換え実現のハードルは低くない

導入コストを抑えるために燃費の悪いトラックの使用を続けると燃料費を始めとする維持費用でトータルコストがマイナスになってしまいますので、運送業務に用いられるトラックは導入コストと維持費用のバランスが重要だと言えるでしょう。

しかし新車のトラックは車両価格が高額で納車までに時間がかかる傾向にあり、費用と時間を含めた導入コストが大きくなるためトラック乗り換えのハードルは決して低いものではないのも事実です。

そこでおすすめしたいのが中古トラック販売店を利用した中古トラックの購入です。中古トラックを選択することで効率的に燃費性能の高いトラックを導入することが可能となります。

燃費性能の高い車両の中古トラック市場への流入は既に始まっている

国内トラックメーカーがトラックにダウンサイジングエンジンの搭載を開始したのが2015年前後であることは既に紹介しましたが、既に中古トラック市場へのダウンサイジングエンジン搭載車両の流入は始まっています

またダウンサイジングエンジン搭載車両以外でも高年式のトラックは燃費性能が向上しているため、現在のトラックの燃費性能に納得できない場合は使用中の車両より高年式のものに乗り換えるだけで燃費向上が期待できます。

中古トラック販売店で燃費性能の高い中古トラックへの乗り換えが可能

トラックドライバーにとってトラックの燃費性能は非常に重要な問題だと言えますが、近年トラックの燃費性能は確実に向上していますので、現在の車両の燃費に満足できない場合は中古トラック販売店で中古トラックを購入し乗り換えることをおすすめします。

トラック乗り換えには少なからぬ経済的負担が生じますが、維持費用の中で大きなウェイトを占める燃料費が抑えられることで、乗り換えが結果的に費用対効果の高い選択であったと満足できる結果に繋がると言えるでしょう。

中古トラックおすすめ車両!

中古 トレーラ 国内・その他 H18 DFPTF241BN改

コンテナシャーシ/フルハーフ/H18/31FT/積載31t/第五輪荷重9.27t以上/エアサス

詳細を見る
クレーン付小型 いすゞエルフ トラック H30 TRG-NPR85AR

小型/クレーン付/ワイドロング/いすゞ/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ロープ穴4対 フック2対

詳細を見る

販売中
中古トラック
一覧へ

まとめ

年間走行距離が大きなトラックの燃費が悪いと1年の燃料代は非常に大きなものになると言えますので、トラックの燃費性能はトラックドライバーにとって死活問題と言っても過言ではない重要な問題だと言えます。

現在使用中のトラックの燃費性能に問題を感じている方は、次に挙げる方法で燃費向上を行なうことをおすすめします。

エンジンを回しすぎない丁寧な運転を心がける

タイヤ空気圧やエア・エレメントの管理とオイル交換を怠らない

中古トラック販売店で高年式な中古トラックへ乗り換えを行う

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報