トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

トラックの燃費、どうしたら良くなるの?原因と対策まとめ

トラックの燃費、どうしたら良くなるの?原因と対策まとめ

中古トラックなどを購入するとき、特に気になる項目のひとつが燃費ですよね。燃費の良し悪しは購入後のランニングコストにも影響してきますし、必ずチェックするという方が多いのではないかと思います。

しかし一口にトラックの燃費といっても車種によって様々ですし、そもそもトラックの大きさによってかなり基準が変わってきます。そこでこの記事では、トラックの燃費のサイズ別目安や、トラックの燃費を向上させるためのポイントなどについてご紹介していきます。

サイズ別トラックの燃費目安

まず気になるのが、トラックの燃費が一般的にどれくらいなのかという点ですよね。ここではトラックのサイズ別に、平均的な燃費の目安を見ていきたいと思います。

小型トラック

トラックは基本的に、車体が大きくなるごとに燃費が悪くなっていきます。つまり小型トラックは数あるトラックの中でも燃費が良い部類に入るわけですが、平均的な燃費は10km/L~11km/Lほどです。

中型トラック

一方中型トラックの平均的な燃費の目安は、だいたい7km/L~8km/Lといったところ。小型トラックに比べるとやはり、燃費はやや悪くなります。小型トラックと中型トラックに関しては、車種による燃費の違いはそこまで大きくないでしょう。

大型トラック

最後に大型トラックの燃費ですが、平均的な目安としては4km/L~5km/L程度になります。小型トラックと比較すると、およそ半分ということになります。

トラックの燃費はなぜ悪くなるのか?

皆さんの中には、「乗っているトラックの燃費が、以前より悪くなった」と感じている方もいるかも知れません。トラックの燃費は時間が経つごとに少しずつ悪くなっていくものなので、それはある程度仕方のないことだと言えます。

ただ、トラックの燃費悪化は時として経年劣化ではなく、車体トラブルが原因になっている場合もあります。たとえばアクセルを踏まないで走っているときに「なんだか車体が重いな」と感じたときは、ブレーキやタイヤなどにトラブルが発生し、結果として燃費が悪くなっている可能性があります。急に燃費が悪くなったと感じる場合は、一度点検に出してみるのがおすすめです。

トラックの燃費を向上させるには?

トラックの燃費を少しでも向上させるためには、日頃の走り方と定期的なメンテナンスが大切。ここではそのポイントを簡単にご説明しましょう。

メンテナンス方法3つ

定期的なメンテナンスとして重要なものに、タイヤの空気圧チェックがあります。タイヤの空気圧は燃費の良し悪しに直結しますので、運転前に一度確認してみましょう。もうひとつ大切なのが、エンジンオイル交換です。エンジンオイルも燃費をかなり左右しますので、1万km程度を目安に交換するようにしましょう。

また、エアフィルターの掃除など、細かい部分のメンテナンスも忘れずに行いたいところ。こうした小さな積み重ねが、燃費の向上につながっていくのです。

適切な運転をすること

メンテナンスのほか、普段から適切な運転を心がけることも燃費向上のためには大切です。中でも急発進と急ブレーキをしないように気をつけると、余計な燃料消費が減ります。できる限り一定の速度で走行することも心がけると良いでしょう。

まとめ

ここまでトラックの燃費の目安や、燃費向上のためのコツについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。中古トラックの購入を検討されている方や、普段からよくトラックに乗っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報