トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

軽油

化石燃料の沸点はガソリン・灯油・軽油の順に高くなり、沸点の違いを利用して原油から化石燃料が生成されます。使用燃料でトラックのエンジンはガソリンエンジンとディーゼルエンジンの2つに大別されますが、軽油はディーゼルエンジンで使用されます。

 

240~350℃が軽油の沸点と言われ、軽油を燃焼させるためにディーゼルエンジンはガソリンエンジンより高い圧縮率で製造され、高圧・高温の燃焼室内に軽油を噴霧し軽油の自然発火で動力を発生させます。

 

軽油の発火性能はセタン値で表され、セタン値が高いほど高性能で、価格が安いことやディーゼルエンジンが高トルクであることから、軽油はトラック燃料として広く普及しています。

 

中古トラック購入時には使用燃料がガソリンか軽油かを確認することが非常に重要なポイントだと言えます。

分類:

   
戻る    

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報