トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

最大安定傾斜角

空車状態で車両を傾け車両が倒れない(斜面上部に位置するタイヤが接地面を離れない)角度を最大安定傾斜角と呼び、一般的なトラックには左右の最大安定傾斜角が35度以上であることが求められ専用測定機での測定か計算式での算出が行われます。

 

しかし35度以上の最大安定傾斜角は平ボディなどの純然たる貨物自動車に対する規制で、荷台部分にクレーンを搭載したクレーン付トラック高所作業車などの作業車両、レントゲン車など貨物車両より重心が高くなる車両は30度以上の最大安定傾斜角が求められます。

 

中古トラックは既に架装を搭載した車両ですが最大安定傾斜角の規制をクリアした車両が取り扱われているため、中古トラック販売店では安心して中古トラックの購入が行えます。

分類:

   
戻る    

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報