トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

リーフサス?エアサス?トラックに採用されるサスペンションの違いとは?

リーフサス?エアサス?トラックに採用されるサスペンションの違いとは?

トラックを支えるサスペンションはトラックの特徴に大きく影響する重要なパーツで、サスペンションの種類やコンディションは、中古トラック購入時にチェックするべき重要なポイントとなります。
現在トラックに採用されるのはリーフサスやエアサスと呼ばれるサスペンションが主流ですので、この2つのサスペンションの違いを掘り下げて紹介します。

トラックの車両を力強く支えるサスペンションとは?

トラックの車体とタイヤを繋ぐ車軸の間に装備されるサスペンションは、路面からの衝撃や旋回時などの車体の傾きを伸縮運動や湾曲運動で吸収し車体を水平に保つ働きをするパーツです。

サスペンションの能力はトラックの居住性や操縦性、荷台の荷物への衝撃緩和などトラックの荷役性に大きく影響を及ぼす重要なパーツだと言えます。

トラックのサスペンションは乗用車のものとは異なる?

トラックのサスペンションは乗用車のものとは異なる?
乗用車などにはダブルウィッシュボーンやマルチリンクなど様々なサスペンションが用いられますが、乗用車と違い重い荷物を載せ長距離を走るトラックのサスペンションには力強く頑丈で整備性の良さが求められます。

また乗用車と違い車体が乗車部分と積載部分に分かれるトラックはコックピットと荷台で用いるサスペンションが異なるケースが多いのが特徴で、トラックの荷台にはリーフサスかエアサスが広く採用されています。

代表的トラックのサスペンション!広く普及するリーフサスとは?

アーチ型の頑丈な鋼板製の板バネを重ね、板バネが湾曲することで路面からの衝撃などを吸収するシンプルなサスペンションが「リーフ式サスペンション(通称:リーフサス)」です。

構造の複雑なエアサスと違い自動車の登場前から馬車などに用いられてきた歴史あるサスペンションに改良を加えたもので、構造は原始的でありながら実用的だと言えますし、製造コストやメンテナンスコストがリーズナブルなことから現在でも非常に多くのトラックに採用されています。

シンプルな構造のリーフサスのメリットとは?

鋼素材の板バネを重ねて作られるリーフサスは非常に頑丈で、荷台に積載する荷物の加重に耐えられる点や既にふれたように製造コストやメンテナンスコストが抑えられる点がリーフサスのメリットだと言えます。

またリーフサスは加重の増加に比例して板バネの応力が高まるので、積載重量の多いトラックの荷台を支えるのには適したサスペンションだと考えられます。

シンプルな構造のリーフサスのデメリットとは?

鋼鉄製の板バネがむき出しとなる構造からリーフサスの板バネは錆びやすく、板バネが変形しながら衝撃吸収を行うことから金属疲労を起こし板バネが折れることがあります。

また板バネの変形によって衝撃吸収性が生じることから、加重が少ないと下からの突き上げに対する衝撃吸収力が低下する傾向し乗り心地が硬めになる傾向があるのが弱点だと言えます。

快適な乗り心地!運搬中の荷物へのダメージも抑えるエアサスとは?

鋼板製の板バネの代わりに高圧の空気を充填したゴム製のクッションで路面からの衝撃などを吸収するのが「エア・サスペンション(通称:エアサス)」で、空気圧の調整が可能なゴムまりをイメージすると良いでしょう。

サスペンションとしての機能が高く居住性を重視する観光バスや耐衝撃性が求められる精密機器の運搬車両などにも用いられています。エアサス内部の空気圧を調整することで車高を変化させるニーリングやクラウチングという機能を有する点がリーフサスとの最大の違いだと言えます。

高性能サスペンションであるエアサスのメリットとは?

サスペンションの衝撃吸収能力を発揮するために一定の加重が必要となるリーフサスと違い、エアサスは積載重量に関係なく常に高い衝撃吸収能力を発揮し、観光バスの車両に採用されるほど快適な乗り心地を実現します。

また車高調整が可能となるニーリングやクラウチングの機能を利用することによって、荷物の積み下ろしの作業性を向上させることが可能になると言えるでしょう。

高性能サスペンションであるエアサスのデメリットとは?

エアサスは高性能サスペンションであるが故に、リーフサスと違い製造やメンテナンスのコストが高額になります。また高圧の空気を充填するためパッキン類の劣化によるエア漏れの可能性があるために定期的な点検と修理が必要になるのもシンプルな構造のリースサスとの違いだと言える点で、エアサスの弱点だと感じる方がいるかも知れません。

リーフサスとエアサスは使用用途の違いや購入予算で選定するべき!

シンプルで原始的な構造のリーフサスと高性能なエアサスの違いはあるものの、路面からの衝撃吸収や車両の傾きを抑えることを目的とするサスペンションの機能はどちらのサスペンションも満たしていると考えられます。
搬送する荷物が鉄骨や材木など耐衝撃性の必要が高くないものであればリーフサス、精密機器やこわれものなど耐衝撃性を必要とするものであればエアサスと搬送する荷物の違いでサスペンションの選択を行うべきだと言えます。

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報