トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

トラック乗り換え時にの譲渡証明書と委任状とは?書き方などを大紹介!

トラック乗り換え時にの譲渡証明書と委任状とは?書き方などを大紹介!

トラックの乗り換え時にはさまざまな手続きが必要となり、必要書類も手続きによって異なります。名義変更手続きの際に必ず提出する必要があるのが譲渡証明書で、必要に応じて委任状の提出も求められます。

トラックの乗り換えは頻繁に行うものではないため譲渡証明書の役割や委任状の必要性が掴めないという方も少なくないようですので、譲渡証明書の役割や委任状の必要性と共に双方の書き方のポイントなどを紹介します。

トラックの乗り換え時に求められる譲渡証明書と委任状とは

トラックの乗り換え時に求められる譲渡証明書と委任状とは

トラックの乗り換えの際には購入車両と売却車両の双方で手続きを行う必要があり、個人登録の場合は購入したトラックと売却したトラックの名義変更を行い、事業登録の場合は事業計画変更届出手続きの後に購入トラックと売却トラックの名義変更を行う必要があります。

購入車両・売却車両双方の名義変更手続き必要となるのが譲渡証明書で、必要に応じて委任状の提出も求められます。日常生活では使用する機会がない譲渡証明書と委任状の役割は次のとおりです。

トラックの所有者変更時に必要となる譲渡証明書とは

トラックの車検証には所有者の欄と使用者の欄があり、トラックの所有者や使用者を国土交通省に登録する必要があります。売買や譲渡でトラックの所有者に変更が生じた場合はトラックの名義変更手続きを行い国土交通省に新たな所有者を登録する必要があります。

名義変更手続きを行う際に旧所有者から新所有者にトラックが譲渡されたことを証明する必要があり、国土交通省の定める様式の譲渡証明書を作成・提出することで所有者の変更を証明します。

トラックの乗り換え時の手続き代行を依頼すると必要となる委任状

国内で法定手続きを行う際は当事者本人が行うことが大前提となっていますが、現実的には専門家などの第三者に手続き代行を依頼するケースが一般的だと言えるでしょう。専門家に手続き代行を依頼することで、必要書類の作成や実際の手続きに費やす時間を大幅に圧縮することができるので手続きが効率的に進みます。

しかし法手続きは当事者が行うのが原則ですので専門家であっても第三者に手続き代行を依頼する場合は、当事者からの委任状が必要となりトラックの名義変更の場合は旧所有者や新所有者が手続きの当事者となります。

譲渡証明書の作成方法とは

譲渡証明書の作成方法とは

譲渡証明書は国土交通省に対してトラックの所有権が旧所有者から新所有者に譲渡されたことを証明する書類で、既に紹介したとおり国土交通省の定める定型書式を使用した譲渡証明書を作成する必要があります。

国土交通省の定める譲渡証明書の定型書式は当サイト内の以下のページよりダウンロードすることが可能です。ダウンロード後にページ内の記入例を参考に必要事項を記入・捺印を行えば陸運支局に提出し名義変更手続きを行うことができます

譲渡証明書の必要記入欄は1ヶ所のみ

譲渡証明書の書き方

当サイト内の以下のページ内で紹介する譲渡証明書の記入例に習い譲渡証明書を作成できますが、譲渡証明書の書き方のポイントとして「譲渡証明書の記入項目は1ヶ所のみ」であることが挙げられます。

トラックを売却する場合は旧所有者として氏名と住所を記入し、譲渡人の欄に捺印します。トラックを購入した場合は旧所有者の氏名・住所・譲渡人の捺印を確認し下の欄に新所有者として譲渡日・氏名・住所を記入しますが、新所有者は捺印の必要がありません。

譲渡証明書への捺印は印鑑登録されている実印が必要

国土交通省の出先機関である陸運支局に提出する譲渡証明書は定型書式であることが条件となることは既にふれましたが、譲渡証明書への記入には次に挙げるポイントが存在します。

  • ボールペンなど消えないもので記入を行う
  • 旧所有者の捺印は印鑑登録された実印で行う
  • 誤記入の訂正は旧所有者の捨印で訂正する

また記入事項に誤りがある場合は旧所有者の捨印で訂正する必要があり、旧所有者の印鑑は印鑑登録が行われた実印を使用する必要があります。

委任状の作成方法とは

委任状の作成方法とは

国内で法定手続きを行う際は当事者が行うことが前提となっておりトラックの名義変更では旧所有者と新所有者が当事者となることや第三者に手続き代行を依頼する際には当事者からの委任状が必要となることは既に紹介しました。

トラック乗り換え時に必要となる名義変更手続きなどの諸手続きは中古トラック販売店が対応している場合は手続き代行を依頼して行うケースが一般的だと言えますので、手続き代行を依頼する際は中古トラック販売店宛の委任状を作成します。

委任状の書式は当サイト内の以下のページよりダウンロードすることが可能です。ダウンロード後にページ内の記入例を参考に必要事項を記入・捺印を行えば第三者が陸運支局に提出し名義変更手続きを行うことができます

新所有者が手続きを行う際と第三者が代行する場合は委任内容が異なる

第三者申請の委任状

トラック乗り換え時の名義変更手続きは新所有者本人が陸運支局で名義変更を行う場合もありますが、トラックの名義変更手続きの当事者は旧所有者と新所有者ですので新所有者のみで手続きを行う際は旧所有者から手続きを行う新所有者への委任状が必要となります。

名義変更を第三者に代行依頼する場合は旧所有者と新所有者が署名捺印を行い、手続きを行う第三者への委任を証明する必要があります。委任状の書き方は当サイト内の以下のページで確認できます。

委任状への捺印は印鑑登録されている実印が必要

委任状に捺印する印鑑も譲渡証明書への捺印と同様に印鑑登録を行っている実印を使用する必要があります。旧所有者・新所有者共に実印で捺印する必要があるので、注意が必要です。

トラックの乗り換え時の手続きは基本的には本人が行う必要がある

トラックの乗り換え時の手続きは基本的には本人が行う必要がある

既にふれたとおり国内で法定手続きを行う際は、手続き内容の当事者が直接手続きを行うのが原則となっています。しかし中古トラック販売店が手続き代行に対応している場合は中古トラック販売店に依頼し、対応していなければ他の手続き代行業者に手続き代行を依頼するのが一般的だと言えます。

手続き代行を第三者が行う場合は行政書士の資格が必要となる

法定手続き代行というと弁護士などをイメージますが、トラックの名義変更は弁護士に依頼する必要はありません。ただし法定手続きの代行には行政書士の資格が必要となるため、中古トラック販売店に有資格者が在籍している場合は中古トラック販売店で手続き代行が行えます。

行政書士事務所などの手続き代行専門業者への依頼は無料ではない

現在は多くのサービスを無料で利用できる時代となり消費者にとってさまざまなサービスが利用しやすくなっていますが、行政書士事務所などにトラックの名義変更手続き代行を依頼した場合は無料では対応してくれません。

行政書士の有資格者が在籍する中古トラック販売店などでも手続き代行手数料が発生するので、値引き交渉の際は手続き代行の件も確認しておくべきだと言えるでしょう。

中古トラック販売店を利用すれば乗り換え手続きが簡単に行える

中古トラック販売店を利用すれば乗り換え手続きが簡単に行える

日常的にトラックの乗り換えのサポートを行っている中古トラック販売店は、各種手続きの内容などを熟知するスタッフが在籍する可能性がありますので、名義変更手続きに必要な譲渡証明や委任状について商談中にアドバイスを受けられるケースもあります。

中古トラックの乗り換え全てを依頼できる心強い中古トラック販売店を利用することができれば、スムーズなトラック乗り換えの実現が可能となります。

書類作成に慣れた中古トラック販売店に相談すると効率的

トラックの名義変更手続きは当事者が行うのが原則となっていますが、必要書類の確認や手配・作成などは当事者が行わなくても問題ありません。中古トラック販売店は業務上非常に多くの名義変更手続きに接していますので、必要書類の種類や作成方法の知識がおのずと付き詳しくなると言えます。

手続き代行に対応する販売店でなくても手続きの知識を持つ販売店スタッフは少なくありませんので、相談してみると効率的に手続きを進められることが期待できます。

中古トラック販売店で効率的にトラック乗り換えを行なおう!

中古トラック販売店はトラック乗り換えのプロフェッショナルだと言えますので、車両の知識はもちろん名義変更をはじめとする諸手続きに対する知識を持つ心強いスタッフの接客が期待できます。

リーズナブルな価格で希望する中古トラックを購入し、トラック乗り換えに必要となる手続きの代行やサポートを受けることができれば費用対効果の高いトラック乗り換えが実現できると言えるでしょう。

仮に中古トラック販売店が手続き代行に対応していない場合でも、提携する手続き代行業者の紹介を受けることも期待できますので、トラック乗り換えは中古トラック販売店をフル活用してみてはいかがでしょうか?

まとめ

トラック購入の際には売却車両・購入車両双方で名義変更手続きが必要となり、譲渡証明書や委任状の作成提出が求められますので、必要書類の役割と書き方を掴んでおくとスムーズなトラック乗り換えを実現できます。

譲渡証明書と委任状の作成時には次の3つの書き方のポイントに注意して下さい。

譲渡証明書の譲渡人欄への捺印は旧所有者のみ

新所有者が手続きを行う場合でも旧所有者からの委任状が必要

譲渡証明書・委任状共に捺印に使用するのは印鑑登録を行った実印

 

中古トラックおすすめ車両!

中古 トレーラ 国内・その他 H18 DFPTF241BN改

コンテナシャーシ/フルハーフ/H18/31FT/積載31t/第五輪荷重9.27t以上/エアサス

詳細を見る
クレーン付小型 いすゞエルフ トラック H30 TRG-NPR85AR

小型/クレーン付/ワイドロング/いすゞ/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ロープ穴4対 フック2対

詳細を見る

販売中
中古トラック
一覧へ

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報