トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

中古トラックのパワーゲートの種類と特徴、費用について

中古トラックのパワーゲートの種類と特徴、費用について

運送や配送などのみにとどまらず、幅広い用途で活用されているトラック。その目的に合わせたパーツにも様々なものがあります。中古トラックを購入された方の中には、新たに必要な機構を取り付けようと検討されている方も多いのではないでしょうか。

中古トラックに後から取り付けるパーツとしてポピュラーなもののひとつが、「パワーゲート」です。今回は、このパワーゲートの基本と、パワーゲートの主な種類、そして取り付け費用などについてご紹介していきたいと思います!

トラックのパワーゲートとは?

トラックの「パワーゲート」とは、重い荷物や量の多い荷物を簡単に積み込んだり積み降ろしたりできるパーツのことで、トラックの荷台の後ろに取り付けられます。よく引っ越し業者などの大型トラックで、車体後部に上下移動する大きなプレートのようなものを見たことがありませんか? あれがまさにパワーゲートにあたります。

パワーゲートがあると、人の手だけでは積み込みが難しい大型貨物や重量のある荷物を、ボタン操作だけで簡単に上げ下ろし可能になり、とても便利。荷物の積み込みや積み下ろしにかかる労力や人員数が少なくて済むようになるので、多くの運送業者に重宝されています。ちなみに「パワーゲート」という名称のほかに、「リフト」などと呼ばれることもあります。

パワーゲートの種類と特徴

さて、パワーゲートにはいくつかの種類があり、いま普及している代表的なタイプは2つあります。この2つにはそれぞれ異なった特徴があるので、順を追って見ていきましょう。

アーム式

現時点でもっとも人気が高く、一般的なのがこちらの「アーム式」です。アーム式はその名の通り、アーム状の機構でスイングさせて弧を描くようにパワーゲートを上下させます。荷台と完全にフラットな状態にできるのが利点で、角度を調節することでスロープのようにすることも可能です。

垂直式

アーム式と並んで代表的なのが、「垂直式」です。垂直式のパワーゲートとは、車両に対してきっかり垂直に上下するのが特徴。アーム式に比べると上下に動かす際の安定性が優れているので、倒れてしまいやすい荷物を積み込んだりする際に重宝されます。アーム式と比べると初期費用が抑えられるのもメリットです。

中古トラックにパワーゲートを取り付けるときの費用

パワーゲートを使いたいと思い立ったときに気になるのが、パワーゲートの取り付けにかかる費用ですよね。初めからパワーゲートが付いているトラックならいいですが、中古でトラックを購入した場合、後からの取り付けが必要になることも多いでしょう。

中古トラックにパワーゲートを取り付ける際の費用の相場は、アーム式と垂直式とで異なります。基本的には垂直式のほうが安く済むことが多く、取り付けの相場は50万円?100万円ほど。一方アーム式の場合は、80万円?130万円程度がおおよその相場となります。ただし取り付けるパワーゲートのメーカーや製品によって価格にはだいぶ差があり、新品にするか中古にするかでも相場がかなり変わってきますので、その点には注意してくださいね。

まとめ

ここまで、大きな荷物を積み込むのに役立つ「パワーゲート」の概要やその種類、取り付け費用などについて見てきましが、いかがでしたでしょうか?

パワーゲートの後付にはもちろんお金がかかりますが、業務で重量のある荷物や大型の荷物を扱う機会が多い場合は、長い目で見るとパワーゲートを取り付けてしまったほうが安上がりなこともあります。日頃から荷物の積み込み・積み下ろしで苦労されている方は、これを機にパワーゲートの購入と取り付けを検討されてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報