トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

中古トラックを安く買いたい!安く買うための値下げ交渉テクニックを大公開!

中古トラックを安く買いたい!安く買うための値下げ交渉テクニックを大公開!

少しでもトラックの導入コストを安く抑えたいと考える消費者心理に中古トラックがマッチすることから、新車購入よりも短期間でお得に購入できる中古トラックの購入で、効率的なトラック導入を行う方が増えています。

「さらにもっと安く買いたい!」と安いトラックを探す方は少なくありませんが、中古トラック販売店を相手に効果的な値下げ交渉が行えれば、安く買いたいと諦めていた中古トラックを安い金額で購入することも不可能ではありません。中古トラック購入時に効果的な値下げ交渉テクニックを紹介します。

中古トラック販売店の利用は理想的なトラック導入実現を可能にする

中古トラック販売店の利用は理想的なトラック導入実現を可能にする

オーダーメイドに近い体制で製造されるため、新車購入は高額な車両価格や注文後の納期が長くなる傾向にあり効率的なトラックの導入を阻みます。トラックの導入コストや納期の問題で頭を痛めている方が少なくないのではないでしょうか?

消費スタイルの変化と共にコスパと呼ばれる費用対効果が重視されるようになった現在、トラックを少しでも安く買いたいと考える賢い消費者の多くが中古トラック販売店を利用した中古トラック購入で効率的なトラック導入の実現を行っています。

中古トラック販売店は予算に合わせ短納期でトラック導入をバックアップ

中古トラック販売店では中古トラック市場に流入する中古トラックのみを取り扱っています。しかし現在中古トラック市場には車両登録のみを行い実際には使用されていない未使用車や、数日前まで物流の最前線で活躍していた車両などさまざまな車両が流入することから中古トラック販売店で取り扱われる中古トラックには多種多様なものが存在します。

非常に多くの取扱い車両のなかから予算に合わせた車両選びが行える上、完成車両ばかりですので納車までの時間がかからず、車両によっては即日納車に対応する中古トラックすら存在します。中古トラック販売店はまさに現代の消費者心理にマッチする費用対効果の高い効率的なトラック導入を実現できるおすすめのトラック入手先だと言えるでしょう。

中古トラックは交渉次第で値下げが期待できる!

中古トラックは交渉次第で値下げが期待できる!

コスパの高いトラック導入を望む多くの方が「トラックを少しでも安く買いたい」と考え中古トラック販売店を利用されていると考えられますが、中古トラック販売店で提示されている車両販売価格どおりに購入するケースが少なくないようです。

しかし中古トラック販売店で提示している販売価格は、あくまで販売店の希望販売価格であり値下げ交渉を行うことで、さらに安い金額で中古トラックを購入することが可能となります。

中古トラック販売店は値引き交渉を前提とした値段設定を行っている

中古トラック販売店で提示されている車両販売価格が販売店の希望販売価格であることは既にふれました。中古トラックの仕入れ金額に人件費などの経費や販売店の利益を加算して算出したものが中古トラック販売店の車両販売価格であり、名義変更・車両整備・車両クリーニングなどの経費は別途計上されますので、車両販売価格は十分値下げ交渉の余地があると言えます。

逆説的に考えれば「中古トラックだから安い金額で買えるはず」と値下げ交渉を行わずに中古トラックを購入してくれるユーザーは中古トラック販売店にとって非常にありがたいお客様であると言えるでしょう。

中古トラック購入時に心がけるべき値引き交渉テクニックとは

中古トラック購入時に心がけるべき値引き交渉テクニックとは

中古トラック販売店に対する効果的な値引き交渉に成功すれば、さらに効率的なトラック導入実現の可能性が高くなるのですから、「中古トラックをさらに安く買いたい!」と考える方は積極的な値引き交渉を行うべきだと言えます。

しかし値引き交渉が効果的だと言えっても、やみくもに値引きを要求するのは十分な交渉とは言えず、効果を得ることが難しいと言えますので中古トラック販売店に対する効果的な値引き交渉テクニックを紹介します。

中古トラックの相場感を掴み購入条件に幅を持たせるのは重要

中古トラック市場の車両販売価格は需要と供給のバランスによって決定されますので、需要の高い人気モデルや架装搭載車両、希少車種の価格は高額化する傾向にあります。購入を検討している車両が、中古トラック市場ではいくらで取引されているかを掴んでおく必要があると言えるでしょう。

仮に車両販売価格が安い金額に設定されている場合でも、諸経費が高く設定されている場合はトータルの導入コストが高騰しますので、車両販売価格ばかりに目を奪われるのは得策ではないと考えられます。

複数の中古トラック販売店から見積もりをもらい比較検討

中古トラック市場の相場観を掴むために複数の中古トラック販売店に見積もり依頼を行い、合い見積もりをとることでトラック導入の相場観を掴めます。中古トラックを安く買いたいと考える方は合い見積もりを取って中古トラック市場の相場観を掴むことが重要です。

希望モデルや装備には幅を持たせよう

合い見積もりを取りトラックの相場観を掴んだ結果、「意外と導入コストがかかるな」と感じることも珍しくありません。既にふれたとおり中古トラック市場の相場価格は需要と供給のバランスに大きく影響されるため、購入を検討する車両が人気モデル・架装搭載車両・希少車両の場合は導入コストがかさむことが予想されます。

どうしても条件を譲れない場合以外は希望モデルや搭載する装備、架装にある程度の幅を持たせておくことで思わぬ掘り出し物に出会う可能性が高くなります。中古トラック販売店から魅力的な代替案を提案されるケースも珍しくないので、希望条件に幅を持たせて値引き交渉に臨むことは安い金額で良質な中古トラックを購入する重要ポイントだと言えます。

値下げ交渉は車両価格だけにとらわれずに行なうのがポイント

値下げ交渉は車両価格だけにとらわれずに行なうのがポイント

中古トラック販売店で中古トラックを購入する際には車両販売価格以外に、名義変更をはじめとする諸経費が発生し加算された金額が中古トラックの導入コストとなります。中古トラックを少しでも安く買いたいと思うと車両販売価格に目が行きがちですが、トータルコストを引き下げることが効率的なトラック導入に繋がりますので、値下げ交渉の際には視野を広げて諸経費を含むトータルコストがいくらになるのかを考えるべきでしょう。

中古トラック購入時に発生する経費とは

中古トラック購入時には車両販売価格以外にさまざまな費用が発生し、諸経費として計上されたものがトラックの購入コストとなります。諸経費には値引き交渉の対象外となるものと値引き交渉の余地があるものが存在しますが、値引き交渉の余地があるものは積極的に交渉材料に盛り込むべきだと言えるでしょう。

中古トラック購入時に生じる可能性がある諸経費のなかで値引き交渉の対象外となるものとして次の経費が挙げられます。

  • 自動車取得税
  • 消費税
  • リサイクル預託金
  • 自動車重量税
  • 自動車税
  • 自賠責保険料
  • 車検検査料(印紙代)

上記の諸経費は法定料金であるため値下げ交渉の対象とはなりませんが、消費税などは車両購入費用を抑えることで減額が可能ですね。次に法定料金と代行手数料が生じる経費として次のものが挙げられます。

  • 登録検査手続き費用
  • ナンバー変更手続き費用
  • 車庫証明取得手続き費用

これらの費用は各手続きを中古トラック販売店に代行依頼するために生じる経費ですが、法定料金が含まれるため一部は値下げ交渉の対象外です。しかし代行手数料の部分は値下げ交渉の材料となります。

また上記の諸経費の他、整備手数料・納車前クリーニング代金・陸送(運送)費用などの諸経費が生じるケースもありますが、これらも値下げ交渉の材料となります。

消耗品交換で実質的な値引きの実現も可能

効果的な値下げ交渉と聞くと、引き算で交渉を進めることをイメージする方が多いのではないでしょうか?確かにトータルコスト圧縮が値下げ交渉の目的ですので、引き算になりがちですが、既にふれたとおり効果的な値下げ交渉のポイントは視野を広げて交渉を進めることですので、足し算を行うことも忘れるべきではありません。

足し算と言っても諸経費を加算するのではなく、実車に使用・搭載されている消耗品の交換や搭載されていないパーツの追加を提案するのが足し算の値下げ交渉方法です。無料で対応してくれるケースや格安で対応してくれるケースなど効果はさまざまですが、中古トラック購入後に消耗品交換の必要が生じると導入コストが加算されることと同義となるので、直近のメンテナンス費用を下げることで値下げ効果が期待できます。

値下げ交渉を有利に運ぶために気を付けることは

値下げ交渉を有利に運ぶために気を付けることは

中古トラック購入時に効果的な値下げ交渉を行うことで、中古トラック販売店を利用したトラック導入の費用対効果が向上し、さらに効率的なトラック導入の実現が行えると言えるでしょう。

既に紹介した値下げ交渉のテクニックを駆使して効果的な交渉を行い、理想的なトラック導入の実現を行いたいものですが交渉に臨む際に気を付けるポイントがあるので紹介します。

中古トラック購入コストを抑えられる時期もある

中古トラック市場の販売価格が需要と供給のバランスに大きく影響されることは既にふれましたが、中古トラックの売り上げが低下する季節に値下げ交渉を行うと、さらに値下げ交渉を有利に進められると言えるでしょう。

一般的に決算シーズンが車両購入のベストタイミングだと言われていますが、実は中古トラックの取引も活性化するため値下げ交渉のベストシーズンとは言えません。中古トラック販売店の売り上げが低下するのは8月だと言われていますので、中古トラックを少しでも安く買いたい場合は8月がベストタイミングだと言えるでしょう。

中古トラック販売店では予算に合わせた車両を探してくれる

あまり強硬な姿勢で中古トラックの値下げ交渉に臨むこともおすすめできません。中古トラック販売店の担当者と良好な関係を保つことで、値下げ対応できない場合でも予算に合わせた優良車両を探してくれることは珍しくありません。

視野と選択肢を広げ友好的に中古トラック販売店の担当者と接することで、より安い金額でトラックの調達を行うことが可能となり効率的なトラック導入を行えると考えて値下げ交渉に臨むことをおすすめします。

まとめ

中古トラック販売店の利用は効率的なトラック導入実現を可能としますが、効果的な値下げ交渉を行うことでより費用対効果の高いトラック導入が期待できます。中古トラック販売店に対する効果的な値下げ交渉テクニックのポイントは次に挙げる3つだと言えるでしょう。

車両販売価格と諸経費を併せたトータルコストで交渉する

交渉時には視野と購入条件を広げ販売店からの提案も受け入れる

交渉に有利な時期に中古トラック販売店と交渉を行う

 

中古トラックおすすめ車両!

中古 トレーラ 国内・その他 H18 DFPTF241BN改

コンテナシャーシ/フルハーフ/H18/31FT/積載31t/第五輪荷重9.27t以上/エアサス

詳細を見る
クレーン付小型 いすゞエルフ トラック H30 TRG-NPR85AR

小型/クレーン付/ワイドロング/いすゞ/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ロープ穴4対 フック2対

詳細を見る

販売中
中古トラック
一覧へ

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報