エンジンオイル|中古トラック販売のトラック流通センター

年中無休[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

エンジンオイル

エンジンオイルは自動車の心臓部分にあたるエンジンにおいて欠かせないものです。中古トラックにおいても、エンジン回りは特に気になる部分です。エンジンオイルとは?オイル漏れしたときはどうしたら?を解説していきます。

エンジンオイルとは?

エンジンオイルとは、エンジンに使用されている潤滑油です。
自動車にとってエンジンはとても重要な部分で、心臓のような役割を果たしています。心臓が血液がないと機能しないように、エンジンもエンジンオイルがないと全く機能しません。
エンジンオイルはエンジン下部に取り付けられている「オイルバン」に入っており、それを「オイルポンプ」でくみ上げてエンジン各所に送られます。

エンジンオイルの役割

潤滑

金属同士の摩耗を油膜で抑えます。
エンジン内部で高速回転している「ピストン」、「クラムシャフト」、「カムシャフト」などの金属同士の摩耗や焼き付きなどを軽減します。

密封

隙間をふさぎパワーロスを防ぎます。
「シリンダー」と「ピストン」のわずかな隙間を埋めることで、エネルギーが隙間から逃げないようにします。エンジンが古いと摩耗によって「シリンダー」と「ピストン」の隙間が広く空いている傾向にあり、「パワーロス」や「ブローバイガス排出」の原因になってしまいますが、頻繁に粘度の高い新しいエンジンオイルに交換することで密封効果を維持することが出来ます。

冷却

燃焼や摩耗による熱を冷却します。
高温状態になっているエンジン各部を回り熱を吸収したオイルは「オイルバン」に戻り冷却されます。

清浄

エンジン内部をきれいに保ちます。
燃焼や回転運動によって発生する様々な汚れが溜まると、エンジンの性能を低下させるだけでなく、エンジンの寿命の低下にも影響します。
エンジンオイルには、これらの汚れが特定の場所に溜まらないように自ら汚れを吸着したり分散したりしているため、黒く汚れていくことは洗浄作用が正常に行われていることの証です。ただし、汚れを取り込む量には限界があるために、一定期間使用したエンジンオイルは交換が必要となります。

防錆

エンジン内部の錆や腐食を防ぎます。
エンジン内はとても高温で、外との温度差などにより水分が発生しやすく、錆やすい状態です。錆はエンジン性能の低下させるだけでなく、エンジンの寿命を短くする原因の一つになっており、そのためエンジンオイルはこれkらの錆の発生を予防することも重要な役割の一つとなっています。

応力分散

一カ所に力が集中しないようにします。
油膜の形成によって、歯車やベアリング部分等が受ける衝撃を緩和し、振動や異音の発生を抑えます。

エンジンオイルの種類

中古トラックのエンジンオイルには大きく分けて2つの種類があります。

  • ■ガソリンエンジンオイル
  • ■ディーゼルエンジンオイル

基本的な性能はほとんど同じですが、唯一違う点は、ディーゼルエンジンオイルには酸を中和させるためのアルカリ分が添加剤として多く入っているところです。
ディーゼルエンジンは燃料に軽油を使用しています。軽油の中には硫黄が含まれており、燃焼すると「硫黄酸化物」になり、この「酸」がエンジン内部を腐食させる原因となるため、中和する必要があるのです。
そのためディーゼルエンジンオイルはガソリン車に使用できますが、ガソリンエンジンオイルをディーゼル車に使用することはエンジンのためには良くありません。
ガソリン車とディーゼル車どちらにも使用できるユニバーサルオイルというものもありますので、迷ったらそちらにしてみるのもいいかもしれません。

エンジンオイルの交換時期

エンジンオイルが劣化する原因

新しいエンジンオイルと古いエンジンオイル
出典:https://cleanyourcar.jp/self/self03.html

写真の左側は新しいエンジンオイル、右側は古いエンジンオイルです。
エンジンオイルは仕様するにつれて「すす・酸化物」、「熱」、「ブローバイガスの混入」などによって、汚れ、劣化していきます。また、使用していなくても空気に触れることによって酸化し劣化します。
エンジンオイルの適正温度は90℃~120℃と言われています。これより高すぎても低すぎてもよくありません。
渋滞やスポーツ走行などで油温が上がり過ぎたり、逆に短距離の運転で油温が低すぎる状況だったりすると、エンジンオイルの性能を劣化させる大きな原因となります。

エンジンオイルが劣化すると?

エンジンオイルが劣化すると、エンジンオイルの持つ「潤滑」「密封」「冷却「洗浄」「防錆」「応力分散」の役割の効果も低下します。
そのため、オイル交換が必要です。エンジンは車の核となる部分ですので、正常に機能させるために必要なエンジンオイルの役割は、あらゆるオイルの中でももっとも交換頻度の高いオイルになります。

エンジンオイルの交換時期

交換時期の目安としては、6か月間または3~5千キロです。

使用頻度や使用する環境によっても異なってくるため一概には言えませんが、一般的には「距離」「試用期間」で判断します。
長期間使用したエンジン、あるいはオイル漏れを起こしている場合などはオイル量も減っていきますので、定期的に「オイルゲージ」(エンジンに付いている黄色いフックの細長い棒状のゲージ)によって湯量を確認する必要があります。
エンジンオイルの交換は、早めに行うくらいがちょうどよいと言えます。
エンジンオイルの交換が遅れてしまったり、交換を怠ったりした場合は、オイルのドロドロ化が進み正常に役割が果たせなくなります。エンジンの破損にも繋がり、エンジンオイルの交換費用だけでは済まない金額が発生してしまう恐れもありますので、チェックとメンテナンスは欠かさないようにしましょう。