トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

【対談】理想の都市交通や街づくりに挑戦すべき

株式会社rimOnO
代表取締役社長
伊藤慎介
筑波大学 名誉教授・特命教授/
一般財団法人日本みち研究所
理事長
石田東生
TheTRUCK2018年6月号20
 自動車産業は100年に一度の大変革期を迎えているといわれています。グーグル、
ウーバー、中国の滴滴打車(ディディ)、アリババ、テンセントなどは自動運転、ライドシェア、
電気自動車など、次々と自動車やモビリティの世界に参入して今後の交通システムを変え
ようとしています。このような流れは既存の自動車メーカーにも大きな影響を与えており、
米国のフォードやGM、ドイツのダイムラー、VW、BMWは、グループ内に別会社を
設立するなどして新規参入する、関連するベンチャー企業を買収するなどして自社の
モビリティサービス事業を急速に強化しています。3月末にはダイムラーとBMWがそれ
ぞれのモビリテサービス事業を統合した新しい合弁企業を設立することを発表しました。
 このようなモビリティサービスの進展は今後の都市交通や自動車の利用方法を大き
変え、自動車産業に対して巨大なインパクを与えると考えています。そこで、国土交通省
や内閣府などの様々な審議会の委員長や委員を務められており、日本を代表する都市と
交通の有識者である筑波大学の石田名誉教授をお迎えし、モビリティや都市交通、
更には街づくりのあり方についてのご見解を伺います。
The Next Vehicle World
胎動する次世代ビークルの世界⑧
“課題解決”先進国として
理想の都市交通や
街づくりに挑戦すべき

/D60-A7:'.>
:*=/?FEA7
$"2@:G;<0A7
POQKHTLHNIM><0
>QULHSJPLR=
=C%
=+ 58+T)=+
TT#=54+BG<293E
!,1E:50POQKHT (&:'>
TheTRUCK2018年6月号21
伊 藤 CASEと言われていますが、自動運
転、シェアリング、電動化、IT化などを組み
合わせることで、これまでにはない全く新しい
サービスを提供する、新しい概念の自動車を導
入することで利用者との関係性を大きく変え
る、といった活動がどんどん広がっています。
その多くはグーグル、ウーバー、インテルなど
自動車産業から見ると異業種のプレイヤーが仕
掛けており、重厚長大の自動車産業に大きな構
造変化をもたらしかねない状況です。海外では
そういう企業をゲームチェンジャーと呼んでい
ますが、彼らがユーザーを味方にすることがで
きれば競争力があった大企業であってもビジネ
スモデルを壊されかねません。そこで、ヨーロッ
パではドイツの自動車メーカーを中心として自
らが破壊的ビジネスモデルに挑戦すべく、革新
的なモビリティや新しいモビリティサービスに
次々と取り組んでいます。一方で、日本での取
り組みは海外と比べて大きく遅れつつあるよう
に感じています。石田先生はモビリティや都市
交通のあり方を考え直す必要があると主張され
ていますが、世界の動向と日本の状況について
どのようにお考えでしょうか。
石 田 日本だけではなくあらゆる先進国や
新興国にとって「自動車とどう付
き合うか」が大きな課題になっ
ています。自動車は、圧倒的に
安価で入手できる素晴らしい移
動手段ですが、その反面、圧倒
的に素晴らしい故に、人間の生
活スタイル、生産方法などを大
きく変化させ、それを受けての
街の形や土地の利用方法も変え
てしまいました。典型的に言う
と、先進国の都市ではとめどな
い勢いで外縁が広がっていて人
口や都市機能が低密度化してい
ます。例えば日本では、バイパス沿いのロード
サイド店が乱立し、便利である一方、どの街に
行っても同じ街並みという味気のない都市構造
になっています。その反面、かつての街道筋や
商店街などが歯抜けになっていきシャッター通
りとなってしまうなど、街が街らしくなくなっ
ています。
 かつてITの世界では情報機器を使いこなせ
ない人が不利になることを「デジタルデバイド」
と呼び、そのことが格差を生んでしまうと問題
視されましたが、今の時代では十分な移動手段
を持たない「モビリティデバイド」が大きく懸念
されています。自分の意志で自由に動ける手段
を持っている人はそれなりの社会参画が可能で
友達を作ることもできますが、そういう手段が
失われた瞬間に引きこもりにならざるを得ず、
社会への参画意識や社会の中で自分が成長して
いくという感覚も奪ってしまいます。そういっ
た由々しき問題をこれからどうしていくかが大
きな課題となります。
 世界では、自動車メーカーが自動車を作るだ
けではなくICTを活用して自動運転やモビリ
ティサービスなどに注力し始めており、フィン
ランドで発展しているMaaSのような概念が
陽の目を浴び始めています。そういう流れに対

TheTRUCK2018年6月号22
応するかのように環境負荷が小さく小型の電気
自動車を中心とした新しい産業群が生まれつつ
あり、積極的に投資されています。このような
新しい動きが進む中、日本だけがそういう動き
に取り残されているように感じます。日本は超
高齢化や少子化などの課題を数多く抱えた「課
題先進国」であると言われていますが、本来は
課題先進国ではなく“課題解決”先進国になら
なければならないはずです。課題解決のための
有力な手段が、新しいモビリティやそれを活用
した交通システムや社会システムなのですが、
その実現のための取り組みがイライラするほど
遅いです。
伊 藤 まったくその通りですね。先生がおっ
しゃっているモビリティデバイドについては
rimOnOの活動を通しても強く感じています。
あのカワイイ超小型電気自動車は子育て中の
30代前後の女性をメインターゲットと想定し
ていたのですが、実際には圧倒的に年輩の方々
からのご要望が多く、男性は75歳以上で乗用
車の運転をあきらめるかどうかを悩んでいる
方々、女性は50代から60代でご両親の病院
などへの送迎が必要である一方でご自身は乗用
車の運転に自信がない方々です。要するに、移
動できなくなることが深刻な課題となっている
人達に一番関心を持っていただいたわけです。
大手自動車メーカーはFUNTODRIVEを唱
えますが、我々に届くユーザーの声を聴いてい
るとそのことが一番重要とは思えません。逆
に、行政にモビリティデバイドの解消を訴える
と、病院や買い物などの最低限の用事を済ませ
るようにするための移動弱者対策としてオンデ
マンドバスを運行するといった“必要性”を前
提とした解決策ばかりが検討されそうですが、
本当の答えは自動車メーカーと行政の間にある
のではないかと思います。
移動の自由は精神的・肉体的な健康と
 強い相関性がある
石 田 これからの交通の在り方を決める交
通政策基本法という法律があるのですが、そ
の法律の在り方を議論した際に、ある土木の
交通専門家の発言に驚きました。「わざわざ人
が自ら移動手段を持たなくても、宅急便を使
えば簡単に物を届けてもらえるし、色々な人
に必要なものを届けてもらえればそのほうが
安くて効率的であるのだから、それだけあれ
ば人間の基本的な欲求は満たされるのではな
いか」と言ったのです。その発言に対して、日
本盲人協会の代表が「人間とはそんなものでは
ない。必要なものが届けられているだけでは
全くだめで、家から出て色々な人と話合うな
ど社会で交流することが人間らしい生活なの
ではないか。障碍者・高齢者からそういう生
活を取り上げてしまってよいのか。と反論し
ました。その通りだと思います。目先の効率
性や事故を起こさないという安全性だけでは
なく、人間の幸福とは何であるかというとこ
ろまで遡って考えないといけないのです。そ
のことに関連していうと、私は免許返納運動
に大反対です。これも目先の交通事故の安全
性という点からは一つの正解なのかもしれま
せんが、免許を失い自分で出かけられなくなっ
た人の幸せや生きがい、社会参画をどうする
のかという観点でみると大問題です。もし免
許を取り上げるのであれば、その代わりに自
由に移動できるサービス、例えば免許の要ら
ないモビリティを用意するというのがあるべ
き姿のはずですが、バスの無料券や補助券を
渡すことで済まそうとしています。そういう
短絡的な方法では本質的な解決にはならない
と思います。本来であれば様々な分野の人々
が知恵絞り必死になって解決方法を探らなけ
れば課題はどんどん深刻化していくばかりで
The Next Vehicle World
胎動する次世代ビークルの世界⑧

4(&041
"%#' "%'$'+
(
(
.-3
2/%
!%'$'+
")*,+
# '1/3-()2,0
4!&5
"
$
6$/*.+
9787%
TheTRUCK2018年6月号23
す。このままでは世界における日本の立ち位
置はなくなってしまうと懸念しています。
伊 藤 全くおっしゃる通りですね。実は、高
齢者の移動の問題は大金持ちでも解決できない
問題と知りました。あることがきっかけで都内
にお住いの大金持ちのお年寄りの方とお話しす
る機会があったのですが、その方は高級車を何
台もお持ちで自分専用の運転手もいらっしゃる
のですが、それにもかかわらず移動に関する課
題を抱えていらっしゃいます。詳しくお話を
伺ってみると、散歩がてら近場のスーパーに
ふらっと行ってみたい、桜が満開
なので近場の公園に行ってみたい
といった些細な用件のために運転
手にお願いしづらいとのことでし
た。そういった簡単なことを自分
でできることが生活の質を維持す
るためにすごく大事だと主張され
ていたことが印象的でした。
 また「移動」に関する話について
は、ある勉強会における女性の自
動車ジャーナリストの発言が印象
に残っています。自動車ジャーナ
リストの目線でいうと、Fiat500
(チンクエチェント)の発売が女性にとっての社
会進出の象徴だったというのです。どういうこ
とかというと、それまでのクルマは
男性目線でデザインされていて、男
性がクルマを所有し運転することが
前提となっており、男性が運転して
くれなければ女性はクルマで出かけ
られなかったそうです。ところが
Fiat500のような女性が所有して
運転できるかわいいクルマが発売さ
れたことで、女性は男性に頼らなく
てもクルマで出かけられるようにな
り、そのことが女性の社会進出を進
める一つの大きなポイントになった
とおっしゃっていました。大金持ち
の話と女性自動車ジャーナリストの話に共通す
ることは、「自分の意志で好きな時に好きなとこ
ろに移動できる」ということがモビリティの最
も重要な要素であり、移動の自由に伴う「自立」
こそが人間らしさや尊厳に強く結びついている
ということです。
石 田 オーストラリアはイギリスとよく似て
いて、時速8マイル(時速13キロ)までの低速
型の小型電動モビリティは、自転車と同じ扱い

A>CD=8CI+-;
NYRTVWM#!"#
42
%8L&@B9K&"&GF4
\MXPYTZ[
4/F6&*)[


"




0.C<K[
*$*(*!

C59#E1>K[
('')''

(H]'F![
'&'&'%

QYURGFMOSR[
&$&&&!

, GFMOSR
&$&'%*

JE:K
&"'"%"

"'"'"'
0.]$.],]?]K?F73
! &
.
*,)+.
('0
/-!
('0
/-!
$#&
"%
TheTRUCK2018年6月号24
となっていて無免許で乗ることができます。そ
の小型電動モビリティがかなり売れているよう
で、実際に使っているユーザーを対象に調査し
た研究論文によると、97%が「自立した生活が
できること」を購入の理由の一番目に挙げてい
ます。
伊 藤 私の記憶が正しければ、石田先生の研
究の中に自立して移動できるか否かによって幸
福度が異なるという研究結果があったと思うの
ですが。
石 田 つくば市にご協力いただ
いて高齢者を中心に意識調査した
結果です。人の幸福は自由に動け
ることと相関があるのではないか
という仮説を持っていまして、肉
体的な健康と心身の健康の二つの
面での幸福度を調べました。日本
ではrimOnOのような小型のモビ
リティは認められていないので、
乗用車の保有の有無で調査するし
かなかったのですが、自分専用の
自家用車をお持ちの方とそうでは
ない方では活動内容が全く異なる
という結果が出ました。生活圏が
広がる、外出活動も活発になると
いうのは分かりやすい例ですが、
面白かったのが交通の目的が増え
るということです。
伊 藤 目的が増えるとは大事な
ことですね。例えばどういうこと
ですか。
石 田 高齢者特有の事情です
が、どうしても行かなければならな
い病院や買い物といった目的以外
に、友達と会う、習い事に行く、サークル活動
に参加するといった具合に目的が増えていきま
す。そして、そういった外出活動の目的が増え
れば増えるほど幸福感が上がっていきます。外
出できたとしても義務的な外出活動だけでは幸
福感が得られず、ちょっとした買い物に行く、
ウィンドウショッピングを兼ねて街に出かけ
る、満開の桜を見に行くといった自発的な外出
活動が幸福度に影響しているという結果です。
伊 藤 幸福感が上がると、精神的、肉体的
な健康度にもポジティブな影響があるので
The Next Vehicle World
胎動する次世代ビークルの世界⑧

!$

!$$
#"%
'&*
)( 
'&*
+( 
!$
TheTRUCK2018年6月号25
しょうか。
石 田 幸福感そのものは客観的に計りようが
ないので、調査では「幸福度についてどう思う
か」という主観的な意見を聞いています。身体
の健康状態については東京都の老人研究所が開
発した身体の健康度を計測する13の質問(老
研式調査)を尋ねたところ、活発に外出される
方や自分で運転される方のほうが健康度が高い
という結果が得られています。個人的には、健
康だから運転する、運転できるからこそ脳が活
性化して健康になる、といった具合に両方に強
い相関性があると考えています。
伊 藤 移動できるということが単に移動に関
する課題を解決するだけではなく、身体や心の
健康、幸福感、生活の満足感に繋がっているの
ですね。霞が関でいうと、国土交通省や警察庁
の交通政策が、厚生労働省の医療制度や健康保
険制度に強く影響しているということですね。
すなわち、交通の問題として解決するだけでは
不十分であり、他の問題との相関性を踏まえた
うえで全体としての最適化を考えないといけな
いということになりますね。
石 田 今の法制度や行政システムでは実現す
ることが難しいですが、上昇する医療費を抑制
するために医療費の一部をモビリティの環境整
備に使い、外出する、歩く、移動することを推
進することができれば、高齢者の方々が元気に
なって医療費が下がると考えています。そうい
う取り組みを真剣に検討してもらえれば、交通
やモビリティを考えている立場からは非常に有
難いですね。
社会全体で最適な交通システムを考える
「モビリティマネジメント」が重要
伊 藤 ところで自動運転につい
て石田先生はどういうご見解で
しょうか。かつて地方でのセミナー
に参加した際に、公共交通がどん
どん衰退していくと高齢になった
際に移動手段がなくなってしまう
ことから、その不安を解消するた
めの切り札として自動運転が解決
策にならないのかと質問されてい
た方がいらっしゃいました。もち
ろん自動運転の技術そのものの研
究開発は進めるべきですが、自動
運転だけで地方や郊外が抱えてい
る様々な交通の問題を解決できる
とはとても思えません。そこで、私から申し上
げたのは、健常な時には自家用車で運転して好
きなところに自由に移動していながら、自家用
車がどうしても使えない時や使えなくなってし
まった時だけ代替手段が欲しいという要望は成
立しないのではないかということです。自動運
転を活用するかどうかは別として、自家用車の
使用をある程度制限して代替手段となる移動手
段を使わざるを得ない仕組みを社会システムの
中にビルトインしておかなければ、代替手段そ
のものが経済メカニズムの中で回らないと思い

TheTRUCK2018年6月号26
The Next Vehicle World
胎動する次世代ビークルの世界⑧
ます。代替手段の候補として自動運転が使われ
ることはあるかもしれませんが、それよりもす
ぐに実現できるのは「乗り合い」ではないかと思
います。もちろんウーバーのようなライドシェ
アもその一つですが、ライドシェアには反対論
も根強いので、ライドシェアではなくても何ら
かの形で乗り合いがやりやすくなれば地方の移
動の問題を解決する切り札になるように思いま
す。いずれにせよ、行き過ぎたモータリゼーショ
ンによって生まれた負の部分を解決する社会シ
ステムを検討することなく、特定の技術や特定
のデバイスに過度な期待を持ちすぎるのは正解
ではないと思います。
石 田 一般道を普通の自動車と同様に走行す
る自動運転の実現は非常に難しいと思います。
一方で、公共交通サービスが満足に提供できな
い過疎地のような場所での低速型の自動運転は
案外実現が早いと思います。ただし、その技術
に頼りきりでは解決策にならず、社会や暮らし
の中でどのようにして様々なモビリティを成立
させるのかを複数のレベルで考えていかなけ
ればならないと思います。そこで「モビリティ
マネジメント」という概念が重要になってきま
す。“ゴミのポイ捨て”のような社会的ジレン
マ問題を解決することと近い発想です。ゴミの
ポイ捨ての場合、捨てる人は今の自分のことだ
けを考えて行動しているのですが、そういう行
動を多くの人がとるようになると長期的に社会
が大きな問題を抱えることになります。それと
近いのが自家用車の利用です。ユーザーから見
ると今だけ自分だけが使える大変便利な交通手
段ですが、社会全体あるいは中長期的視点など
多様な次元で見ていくと、ネガティブな影響も
大きいのです。そこで全体最適を見据えながら
クルマの賢い使い方をみんなで考えるというの
が「モビリティマネジメント」の基本的な考え方
です。そういう取り組みを日本で始めて20年
近く経っていますが、例えば公共交通の利用に
関していうと、実験的にバスの無料券を配布し
て実際にバスを使ってもらうことでバスがどの
路線を走っているのか、どうやって料金を支払
うのかを体験してもらうということに取り組み
ます。あるいは、一日の移動パターンをアンケー
トに記入することで自分が排出している二酸化
炭素の量を把握してもらい、その結果を踏まえ
て公共交通、自転車、徒歩などへの切り替えを
促すようなことをしています。歩いたり、自転
車を漕いだりするとカロリー消費量が増えるの
で、ダイエットや健康にも良いといった提案も
します。
 最近力を入れているのは小学校の総合学習の
時間を使った取り組みです。自分の住む街の公
共交通がどこをカバーしているのか、現在の自
動車がどれくらい進化しているのか、といった
ことを生徒に学んでもらい、最終的には家庭に
持ち帰って家族と一緒に考えてもらうようにし
ています。そういう取り組みを通して、住民自

TheTRUCK2018年6月号27
らが自分たちの住む街の交通のあり方を考えて
もらえるようになり始めています。
伊 藤 全体像を知らないと今の生活パターン
こそがベストだと思い、社会が変わっていかな
いということですね。
石 田 先日の悲しい事件によって登下校時の
子供の安全が心配されていますが、アメリカで
は、母親が学校に送迎することが前提となって
いる子供は自己中心的に育ちやすいという教育
心理学者の論文があります。その理由として挙
げられているのが運転中の母親の言動です。割
り込んでくるクルマや遅いクルマにイライラし
たり文句を言ったりしている言動が子供の性格
形成に影響しているのだと思われます。モビリ
ティマネジメントについての教育を通して、他
の運転手や歩行者のことも想像してもらった
り、時間軸を伸ばして運転できない高齢者がど
ういう悩みを抱えているのかを分かってもらっ
たりすると、他人や社会への思いやりを持てる
子供が増えていくと思います。
モビリティは100年に一度の
 総決算が迫られている
伊 藤 想像できないことは理解できないとい
うことですね。その観点でいうと、海外で参加
したセミナーでストックホルム市長が渋滞税の
導入について語っていたことが印象に残ってい
ます。慢性的な市内中心部の渋滞を解消するた
めに、一般車両の通行に課金する渋滞税を導入
する提案をしたところ、7割程度の住民が反対
を表明したそうです。しかし、実際に導入され
た後にアンケートを取ってみると、市内中心部
の渋滞や排ガス問題が解消されたことで6割
の住民が賛成意見になったそうです。要する
に、新しい規制とインセンティブを導入したほ
うが良いのかどうかはやってみないと分からな
いことが多いということです。分かり易く言う
「飴と鞭」なのですが、「飴と鞭」のデザインを
変えるとユーザーの志向や意識が変わってそこ
に新しいメカニズムやエコシステムが誕生する
流れができるのだと思います。
 日本では、交通や移動に関して「飴と鞭」のデ
ザインを変えていくことで未来の街づくり、都
市交通、モビリティマネジメント自体をデザイ
ンしていくという発想が海外と比べて極めて貧
しいと感じています。なぜ日本では海外のよう
にできないと先生はお考えでしょうか。
石 田 日本の役所は独特の論理と人事評価で
動いていますよね。その辺から改革しないとダ
メなように思います。海外でやられている政治
任命をもう少し真剣に考えないといけないと思
います。
伊 藤 役所については政治任命が解になるの
かもしれませんが、民間の経営も日本の役所と
同じような課題を抱えているように思います。
「やるオプション」「やらないオプション」
あった場合、経営者はその両方を天秤にかけて
どちらのオプションを採用するのかを判断しな
ければなりません。そういう判断を重ねてきた
結果が経営者としての評価になるはずで、結果
が悪ければ経営者は辞任を迫られます。アメリ
カの大統領や各省の長官など選挙や政治任命で
選ばれるトップも同様です。ところが日本の場
合はリスクをとって「やるオプション」を選び、
その結果として失敗してしまうとそのことが評
価になってしまいます。逆に、リスクを取らず
に「やらないオプション」を選び続けたとしても
悪い評価にはなかなかなりません。こういう文
化になっている背景には、年功序列や終身雇用
といった制度が影響していると思いますが、結
果として将来に向けて取り組むべき社会システ

TheTRUCK2018年6月号28
The Next Vehicle World
胎動する次世代ビークルの世界⑧
ムの変革を先送りにするマネジメントが横行し
ているように感じます。
石 田 モビリティに関しては100年に一度
のいわば総決算が迫られていると言っても過言
ではないわけです。そういう状況の認識があま
りにも薄く、従来の建付けの中でしか物事を考
えない。極めて狭い範囲でしか判断していない
気がします。
本気の覚悟で取り組めば
 今からでも間に合う
伊 藤 MaaSの関係でライドシェアやカー
シェアなどのモビリティサービスの世界動向を
調べていると、世界は既に第二フェーズに入っ
ていると感じます。2010年から15年あたり
が第一フェーズで、スマートフォンの普及とと
もに様々なライドシェアやカーシェアのサービ
ス企業が登場しました。ところが、この数年で
はそれらの会社が買収されたり、合従連衡した
りという第二フェーズに入っているように感じ
ます。そのことの代表的な事例が3月末に発
表されたダイムラーグループとBMWグループ
のモビリティサービスの合併です。そして、様々
なモビリティサービスが提供されるようになっ
たことで異なるサービスを横連携するMaaS
やマルチモーダルサービスが注目され
始めています。
 ところが日本においてはまだ第一
フェーズにもまともに進めていないと
いうのが私の印象です。前述の規制と
インセンティブに関する取り組みにつ
いても渋滞税の導入による社会実験で
さえも全く行われていません。
 5月半ばに福岡で行われたITSの国
際会議において、ロンドンでは市内中
心部に渋滞税を導入したにもかかわら
ず、最近ではライドシェアが増えすぎて逆に
渋滞がどんどん悪化していると聞きました。
渋滞税を入れても本質的な解決策にならない
のであれば、全く導入していない日本と変わ
らないという人がいるかもしれません。しか
し、私からすると、渋滞税というメカニズム
を導入する → その結果、メカニズムを上
手に活かしたサービスが出てくる → 当初
の規制が効力を失いつつあるので次のメカニ
ズムを検討する、という具合に社会システム
のトライアルを官民の間でぐるぐる回してい
ること自体がものすごく進んでいると感じま
す。日本でもMaaSという言葉がじわじわと
浸透し始めていますが、社会システムの導入
実績がない日本においていきなりMaaSから
始めようとしても無理があると思います。そ
の点、先生はどう思われますか。
石 田 今からでも頑張れば間に合うと思いま
す。日本人は学んで本家を凌ぐというスキルに
極めて長けていますので。大事なのは「学ぶ」と
いう本気の覚悟があるかどうかということだと
思います。学ぶことができればそれなりものが
できると思うのですが、残念なことに異質だか
らあるいは前例がないからということで学ぼう
とする気がないように思います。
 海外からの観光客が急増して年間4000万

TheTRUCK2018年6月号29
人達成が現実となりつつありますが、ウーバー
やディディなどのライドシェアが使われてい
る国からスマートフォンを持って日本に来て
も、言葉が通じるかわからないタクシーの運
転手さんとのやり取りで苦労しなければなり
ません。決済も海外のような事前決済ではな
く、料金がいくらになるのか分からない事後
決済が前提です。
伊 藤 その結果、違法の白タクが堂々と横行
していて、銀座にも白タクで来ると聞いていま
す。これは非常に深刻な話だと思います。
石 田 インバウンド観光客の移動手段だけで
なく、地方の高齢者の移動手段についても同じ
ような話があります。国交省では乗客と荷物を
同時に運ぶ「貨客混載」の実証実験を進めている
のですが、なぜかバスに貨物を乗せる取り組み
しか行われていません。ところが日本中をくま
なくカバーしているのはバス路線よりも宅配
サービスです。したがって、貨客混載を本気で
進めるのであれば宅配車で乗客も運ぶことが必
要だと思います。
伊 藤 3月に訪問したフィンランドでは大
胆な規制改革を進めて今年の7月からまさ
に宅配車で乗客を運ぶことも可能となる制度
を施行するそうです。除雪車の助手席にお客
を乗せて運んでも良いようですので、これま
での運送事業と旅客事業の垣根を完全に取り
払ったのだと思います。なぜそこまでの規制
改革を断行したのかというと、社会にとって
不可欠であるバス、タクシー、トラックといっ
たサービスが残り続けるためには若い担い手
が必要があるが、今のままでは運転手の成り
手も見つかりにくい状況であるからビジネス
モデルも含めて変えていく必要があるとのこ
とでした。スマートフォンやクラウドなど、
若い人たちにとって親和性のある技術やシス
テムを活用することで、社会にとって必要と
なるユニバーサルサービスを維持しようとい
う考え方には非常に納得感があります。
石 田 仰るようにタクシーもバスもトラック
も産業セクターとして成立の危機を迎えつつあ
ると思います。そのセクターの成立条件を制度
設計している側からすると、成立しにくくなっ
たからと言って無尽蔵に税金をつぎ込むわけに
はいかないですから、ビジネスとして自立でき
るような環境を整える制度設計を早急に考えな
ければいけないと思います。
「みち」のあり方を
 見つめなおすことが必要
伊 藤 ところで石田先生は筑波大学名誉教授
以外に日本みち研究所の理事長も務めていらっ
しゃいますが、そちらの取り組み内容について
も教えていただけないでしょうか。
石 田 実は、日本みち研究所の以外にも日本
プロジェクト産業協議会(JAPIC)での活動も
行っています。また、筑波大学以外にも日本大
学で特任教授をやらせていただいています。
 日本みち研究所は比較的新しい組織でして、
複数の機関が合併して今の名称になってから5
年目になります。母体となっている組織の一つ
は国土交通省の道路局系の法人である道路環境
研究所で、川崎の産業道路や西宮・尼崎を通る
国道43号線など環境基準が満たされていない
幹線道路の沿線の環境問題の解決する研究する
目的で設立された組織です。もう一つの組織は
道路空間高度化機構という財団で、都市計画と
道路を一体的に考える立体道路制度に基づいて
首都高の都心環状線の築地周辺の上空利用を考
える、日本橋の再開発と併せて橋の上を通って

TheTRUCK2018年6月号30
The Next Vehicle World
胎動する次世代ビークルの世界⑧
いる首都高を地下に通すといったことに取り組
んでいます。それらの二つの組織を合併させる
ときに名称をどうするかが議論になったのです
が、私は意図的に「みち」をひらがなにすること
にこだわりました。もともと「みち」は大和言葉
なのですが、訓読みが「みち」の漢字は沢山ある
のです。よく使われる「道」は宗教的な空間を
指し、「路」は大きな空間を持った道路を指しま
す。「軌」「みち」と呼ばれるのですが「わだち」
のことです。「衢」は道が分かれたところを表し
ていて「ちまた」のことを意味します。実は「街」
も「みち」と読めます。このように様々な空間を
大和言葉では「みち」と呼んでいます。それ以外
にも「理」「径」「倫」「途」も全て「みち」と読める漢
字でして、「途」は物事の筋道、プロセス、信頼
といったことを意味します。モビリティマネジ
メントを検討するうえで、プロセスや信頼関係
は重要ですよね。「みち」にはそのような深い意
味があります。
伊 藤「みち」と呼ばれる漢字のうち、特に
「街」「道」の関係は非常に重要と思います。
かつて積水ハウスの研究者の方が、京都の町
家の構造的な素晴らしさを再認識して夏を涼
しく過ごせる実験住宅を建てられたのです
が、その住宅の目玉となったのが「縁側」の復
活でした。家の中でも外でもない「縁側」を作
ることで気温の変化に対して柔軟に対応でき
る住宅にしたとのことでしたが、実は近隣住
民とのコミュニケーションにおいても「縁側」
は重要な役割を果たしてきたことを教えられ
ました。来客を家の中に入れるわけでもなく、
家の外に追い出したままにするわけでもない
「グレーゾーン」である「縁側」があることで、
心地よい境界を作っていたとのことでした。
そして、住宅と住宅を結ぶ「縁側」として「道」
があり、縁側や道を有機的に活用していくと
魅力的な「街」になっていくわけです。
 このようなグレーゾーンを積極的に作ろう
としているのがサンフランシスコ市の進める
「パークレット」です。道路脇の路上駐車スペー
スを市が有料で民間企業に貸し出すという制度
で、民間企業はそのスペースを利用してレスト
ランの座席にする、カフェスペースにする、自
転車置き場にするなどして、自社の商売のス
ペースを拡張することができます。ただし、店
を利用しない一般人でもこのスペースを利用で
きるというのが条件になっています。サンフラ
ンシスコ市としては、市内の25%を占める道
路を有効利用することで地域コミュニティを活
性化したいという思いがあるようです。アメリ
カというと自動車中心の計画的な街づくりのイ
メージが強かったですが、そのアメリカで「縁
側」的な取組が先行して行われていることに衝
撃を受けました。なぜ日本が先行でき
なかったのかと思います。
石 田 3年ほどに「道路協力団体制
度」が作られました。道路上のゴミ拾い
や草刈りなど道路の維持活動を善意で
やって下さっている団体が複数あるの
ですが、彼らは営利を目的とはせず善
意による非営利団体なので活動資金が
ありません。それでは持続可能な活動
ができないということで、彼らが道路

TheTRUCK2018年6月号31
空間を活用して多少は商売ができるようにした
制度です。非営利活動を行っている団体名とそ
の支援者である企業名が入った看板を路上に建
てるというケースが多いのですが、このような
仕組みもアメリカが先行しており、コカコーラ
のような会社が地域の事前団体を支援し、その
代わりにコカコーラの名前を看板に掲載してい
ます。
伊 藤 コカコーラの活動はCSRと宣伝の両
方を兼ねているような取り組みですが、日本の
大企業も単なるCSRに取り組むくらいであれ
ば、次の事業や産業につながりそうな周辺領域
に挑戦したほうが良いのではないかと思いま
す。MaaSやモビリティサービスなどが好例
で、自動車メーカーが自動車だけを造るだけで
はなく自動車の使い方や自動車以外の移動手段
についても真剣に考えていくようになれば、自
ずと次の事業展開のネタが見つかっていくと思
います。以前のインタビューにおいて、神奈川
トヨタ(KTグループ)の上野会長もそういうこ
とを仰っていました。顧客の移動ニーズを満た
すことを追求していくと、将来的には自社でデ
マンドバスを走らせることもありうるというご
発言には驚きました。自動車ディーラーの中に
もこういう考え方が出始めているので、自動車
メーカーが自ら周辺領域に挑戦するようになる
と、世の中にある様々な課題を解決できる気が
します。
国全体の交通計画を盛り込んだ
 国土計画を策定すべき
石 田 日本全国に約6000万台の自家用乗
用車が保有されているのですが、一日の稼働時
間は平均して1時間未満です。23時間以上も
停まっている状態です。自動車メーカーもこれ
からは既に保有されている自動車をどう上手く
活用するか、空いている時には他のユーザーが
使える仕組みにするといったシステム構築にも
取り組んでいかないとビジネスモデルが成り立
たないと思います。
伊 藤 自動車メーカーがやらないと異業種の
会社がやりかねないと危惧しています。その代
表格がアマゾンのような会社ですが、彼らはお
客さんが望みそうなことであれば新しいプロダ
クトやサービスをどんどん提供していくので、
自動車メーカーが自らやらなければ自動車産業
が持っていた付加価値は目減りしていきかねな
いと思います。
石 田 日本みち研究所では、道の駅との連
携や観光エリアにおける道路づくりがどうあ
るべきかなどを議論しています。もう一つ
の活動である日本プロジェクト産業協議会
(JAPIC)では国土計画をもう一度しっかり
作るべきではないかという議論を始めていま
す。純然たる民間団体なので、役所が言え
ないことや言いにくい事をどんどん発信しよ
うとしています。現在検討されているテーマ
で私が最も重要と考えているのが、日本全体
のモビリティのネットワークをどう考えるの
かというテーマです。国際的なゲートウエイ
である空港などから街の中までをどうつなぐ
か、そのために新幹線や高速道路をどのよう
に整備していくべきかという全体パッケージ
としての国土計画が必要と考えており、今年
はその議論をやっていこうかと考えています。
伊 藤 スイスが行っている「スイス・モビリ
ティ」がそれに近い発想ですね。観光客がスイ
ス国内をシームレスに観光できるようにするた
めに、鉄道、バス、サイクリング、カヌーなど
を組み合わせて利用できる仕組みですが、そう
いう仕組みが出来上がると観光客だけでなく、

TheTRUCK2018年6月号32
The Next Vehicle World
胎動する次世代ビークルの世界⑧
地域住民にとっても便利です。仰る通り全体戦
略は必要だと思いますが、同時に具体的に実行
していくことも必要だと思いますが、その点は
どうお考えでしょうか。
石 田 実行するという点では、少し前です
が、国交省は社会実験をもっと真剣にやらなけ
ればならないと訴えたことがあります。社会実
験は失敗することもあるので地域に全てのリス
クを負わせるべきではなく、100%国費での
社会実験が必要であると主張しました。その結
果、実際に100%国費での社会実験が進んだ
のですが、困った官庁文化の影響によって“実
験する以上は失敗してはいけない”と言われて
しまい、各方面との利害調整が条件となってし
まいました。あらゆる反対勢力と事前調整する
必要があるのであれば社会実験に取り組むのは
難しいということでプロジェクトはどんどん縮
小していきました。
 アメリカではスマートシティチャレンジとい
う国家プロジェクトがあり、スマートシティと
して選ばれたオハイオ州のコロンバスでは、連
邦政府が多額の資金をつぎ込んで様々な社会実
験を行おうとしています。日本でも同じような
ことを絶対にやるべきです。失敗してはいけな
いのでまずはやれそうなことから始めて徐々に
大きく育てようという日本人の貧乏性が悪い影
響を与えている気がします。そのやり方だとな
かなかクリティカルマスを突破できないので、
結局うまくいかないといってあきらめてしまい
ます。内閣府の未来投資会議でも同じような議
論をしているのですが、政府としてなかなか踏
み切れないように感じています。
伊 藤 世界では政府も企業も未来に向けて大
きな博打を打っているように見えます。博打で
すから当然負ける可能性も十分にありますが、
それが当たると業界全体が覆されかねません。
しかし、日本だけは博打を打つとしても大損し
ないこと、元金が減らないこと、といった具合
に本気のチャレンジが許されない雰囲気があり
ます。
 私は国が自ら新しいことに挑戦できる天領地
のような場所を決めて、そこで官民が思い切り
挑戦すべきと考えています。その場所では中央
省庁の役人もある程度の期間は骨をうずめて自
ら利害調整をする、事業化の実現にむけて奔走
する、といったことをやるべきと思います。そ
ういうことができれば中央省庁に戻ったとして
も物凄く価値のある経験になると思います。日
本での取り組みが面白そうと思えば、海外の政
府や企業からも一緒にやりたいといった声がか
かるようになると思います。
石 田 そういう大きな絵を描いて挑戦してい
くことがすごく大事だと思いますね。始めると
きの掛け声だけが立派というこれまでのやり方
を改めて世界が注目する取り組みをどんどん始
めていきたいものですね。
石田東生
(いしだはるお)
 筑波大学 システム情報系 社会工学域教授
(専門分野)
 交通政策・国土政策・都市計画
(主な著書)
 環境を考えたクルマ社会(共著)、技報堂
 都市の未来(共著)、日本経済新聞社
 みち――創り・使い・暮らす 技報堂
(社会活動等)
 国土交通省社会資本整備審議会 道路分科会長
 観光庁世界に誇れる広域観光周遊ルート
       検討委員会副座長
 内閣府総合科学技術・イノベーション会議
       専門委員
 経済産業省産業構造審議会 臨時委員
 環境省中央環境審議会 臨時委員
 JAPIC(日本プロジェクト産業協議会) 
       国土創生プロジェクト委員会委員長
(学会活動等)
NPO法人 日本風景街道コミュニティ 代表理事
(一財)日本みち研究所 理事長

平成26年4月よりバイオオイル標準充填開始。
環境マネジメント対策に適しております。
万が一、自然界に排出されても、二酸化炭素と水になります。
パレットローラー
製造・発売元
車輌機器株式会社
〒252ー0003神奈川県座間市ひばりが丘5丁目1ー6
TEL046(257)8800(代) FAX046(257)8811
(営業品目)ウイング用油圧装置/各種スイッチBOX/リモコンスイッチ/油圧シリンダー/車輌用油圧機器/アウトリガー油圧装置
上昇時パレットストッパーが自動的に浮き上
がり、ローラーストッパー掛け忘れによる落下
事故を防止します。
ストッパーの解除はローラー上昇後にプッ
シュロットを押してワンタッチ操作で解除できま
す。解除後は自動積込も対応可能です。
軽量コンパクトなステンレス製BOXにセッ
ト。防雨・防錆も完璧。平成25年マーキン
グリニューアル。ユニットカバーを外さなくても
黒いゴムを外せば油量ゲージ確認が出来ます。
キャブ内警告ランプによりローラー下げ忘れ
を確認出来ます。
オーバーフローの油は戻り配管を通じてタン
クに戻ります。
気密性の高いシリンダーBOXが外部へ油
を漏らしません。黒いゴムを外せばBOX内清
掃が簡単に行えます。

特殊車研究
多彩な動きに家族連れのスゴイ、すごい!の歓声が繰り返し聞かれた
「働くクルマ大集合」は〈ツインリンクもてぎ〉を会場に開催された
子どもたちに見てもらう
ファン作りは営業の仕事
 今回の「働くクルマ大集合」の出展品の中で筆者が
最も注目したのは、長大な建造物や製缶製品の移動
に供する多軸多輪の特殊車だった。出展社は株式会
社日立物流。出展の狙いと経緯について同社の日立
営業部・重量輸送係長の小原直人氏(以下、小原)
話を聞いた――
―すごいくるまですが出展された意図からお聞かせ下
さい・・
小 原「今回、このイべントに参加した狙いです
が、先ず、くるまに関心、興味をもってくれる子供達
をつくり育てることです。自分もそうでしたが、クル
マオタクになってどんな仕事にどんなクルマが使われ
るか知ってもらい、そこから将来の仕事のイメージを
膨らませて行ってもらいたい。
―遠大な取り組みですね。このクルマはどんな使われ
方をしますか
小 原「造船所内で大型半製品の移動を想定した
り、道路架橋の現場まで橋梁を輸送したり、といった
用途があります。例示のものはごく一部ですが・・」
―国内で使いますか。貴社が初めて導入したのです
か?
小 原「先ず、国内の現場に投入することを考え
ています。積荷として重量があり嵩張る製品です。
日立系列の製品に限定はしていません。昨17年10
月に輸入して日立重電営業所に配置を終えましたが、
初夏を思わせる春の連休に、栃木県南部・茨城県境に近い
茂木市の〈ツインリンクもてぎ〉「働くクルマ大集合」という楽しい
イベントが開催された。100台余りの普段は間近に見る機会の
少ない作業系特殊車と機械類の中に、滅多にお目に掛かれない
長大製品や建造物等に対応する超大特殊車があった・・
文と写真 
西襄二
TheTRUCK2018年6月号34

特殊車としては、1編成当たり全長はおよそ16.5m、全幅は2.4m
2編成を横に並べて結合させて展示された。この姿の全幅は約5.4mだ
本格的な稼働はこれからです。国内の運輸企業で同
種の車を既に導入している会社は複数社あります。そ
の中には海外の現場で使われた例もあります。
―日立物流にとってこのような特殊車両を導入した狙い
は何ですか
小 原「新しい需要を開拓することです。総合物流
業としてサービスの幅を広げることを通じて、社会に
貢献する機会を増やしてゆこうと思います。
 日立物流の直近2018年3月期決算は、売上高
7003億9100万円(前年同期比5.3%増)、営業
利益298億300万円(1.1%増)、税引前当期利益
322億6200万円(6.2%増)と好業績であった。こ
の中にはここで紹介した特殊車への投資も折り込み済
みであるが、新分野の営業開拓に数億円を上回る規
模の先行投資をした事が今後の業績にどの様な影響
をもたらすか衆目を集めるところだ。
モジュール構造
拡張性こそ特長
 この特殊車は、ドイツの特種/特殊車・特装車メー
カーのゴールトホファGoldhofer社(以下、G社)
の製品だ。当社はドイツ南部、ミュンヘン市からア
ウトバーン96号線でほぼ真西に約100kmに位置
するメミンゲン市に所在する。創業が1705年とい
う加速経営から出発した老舗企業だ。地味な存在だ
が、読者が目にする当社製品では、空港の地上サー
ビス用車両として欠かせない〝航空機移動用トラクタ
がある。機体下部の操舵車輪を抱え込んで巨体をエ
TheTRUCK2018年6月号35

特殊車研究
片側2輪、左右一対で1軸と数える。この状態は前後に直進する場
合だ
車輪の操舵は選んだ動きに従い全て自動でプログラムされた方向を向く
歩道橋などの設置工事ではこの姿で最大528トンの積載で公道を移動
オペレーターの手元から全てリモート操作
で動かすことができる
プロンで移動させる〝あの平べったい力持ちの車〟
SCHOPFは著名なブランドの一つ、といえば思い出
される読者は多いだろう。
 今回の「特大重量物運搬車(ドイツ語では〝シュ
ヴァーラストモデュールSchwerlastmodule〟)」
は、出展車の場合で前方から「パワーパック(以下、
PP)」、その上部に搭載された「運転室(以下、
DM)」、PPの後部に組み付けられた複数の「ヘヴィー
デューティー・モジュール(以下、HDM)」からなって
いる。展示・実演車の場合のHDMは5軸型と3軸
型が結合されて計8軸とした1編成を横に結合して
合計16軸である。タイヤの数にして64本!
 G社のホームページHP(https://www.goldho
fer.de/)を参照すると、HDMは2軸、3軸、5軸、
6軸の各方式がモジュール化され、用途に応じて組
み合わせを変更・拡大することが可能な拡張性が特徴
になっている。
 話を出展車の場合に戻すが、PPには総排気量
11.903L、出力360kW(490PS)のV6ディーゼ
ルエンジンで駆動される大容量油圧ポンプが搭載さ
れており、最大12軸車列に対応可能(1編成につき
1台のPPだから2セット結合状態ではその2倍の
容量である)。HDMの駆動はインホィール油圧モー
ターによるが、展示車の場合の5軸モジュールでは
2軸駆動、3軸モジュールでは1軸駆動となっている。
 公道走行時には登録番号標(ナンバー)がわが国の
道路運送車両法で要求されるので、その要件を満た
す為に運転席は各編成に搭載されている。しかし、
全ての運転操作は車外から操作可能で、当日のデ
モンストレーションは全てリモートコントロールで行わ
れ、運転席に人が座る事は無かった。
 取材当日の本機は2編成がリジッドに結合され一体
で動かされたが、必要に応じて切り離して運用するこ
とも可能である。この為,登録番号標は各編成に前
後に貼付されているが、意外なことに前後の番号は
異なっていた。前方はPP+5軸HDMとして登録さ
れ、後部は3軸HDMとして登録されているというこ
とのようだ。
TheTRUCK2018年6月号36

この状態は“その場旋回”時のタイヤの向きだ。カルーセル旋回というこの部分はパワーパッケージPPといい、エンジンと油圧ポンプを内蔵
PPとヘヴィーデューティー・モジュールHDMは高圧油圧ホースで結合
タイヤの上部に見える円形部分が操舵用の油圧メカになっている
操舵も駆動も全て油圧式。相互の結合に耐圧油圧ホースが縦横に走る
モジュール構成と旋回パターンの
説明
HDMモジュールは多彩に構成でき
る。また、運搬する対称物の事例は
多岐にわたる
TheTRUCK2018年6月号37

特殊車研究
荷台上面は完全なフラット。積載物によってアタッチメトを選ぶ
荷台上面は完全なフラット。積載物によってアタッチメトを選ぶ
多彩な走行パターン
任意の方向へ移動可能
 走行パターンは多彩で、前後直進は勿論、左右直
角方向への直進移動のほか、任意方向への並行移
動、旋回路の走行、更にはその場旋回なども何の制
約もなく行える。これらを可能としているのが各軸が
独立した操舵旋回メカニズムに支えられ、遠隔操作で
任意の方向に移動出来るよう各軸が操舵プログラムさ
れている。操舵も駆動も全てPPからの制御された
油圧により行われる。
 全ての走行・移動パターンが実演され、その多彩
な走行実態を見て子供達は勿論、保護者達も興味
津々の様子であった。
 展示車の多くはレンタル品で、必要に応じて必要な
期間レンタルで利用が可能である。今日的用語で、
“シェア”ビジネスの代表例を見る機会でもあった。
会場を賑わした
その他の展示車
「ツインリンクもてぎ」は総敷地面積が640ha(東
京ドームの137倍)という起伏と自然に恵まれた広大
なもので、その一角に今回の会場がある。“働くクル
マ大集合”は今回が10回目。会場に展示された「働
くクルマ」は100台余りと多彩・・。
TheTRUCK2018年6月号38

会場には空気で膨らませた巨大な滑り台などで遊ぶ子供の歓声が
バッテリー電動電源車。交流出力回路もあり用途は多岐にわたる
路面清掃吸引車。こうした小型機出なければならない現場がある
トイレットカー。大・小区画を備
えた屋外作業現場に欠かせな
い1台
橋梁点検車。ドローンの活用も進むが最後は人が確認する必要がある
高圧洗浄車。詰まった下水管などの洗浄で復旧に活躍する
強力吸引車。大口径下水管などの詰まりで汚泥等吸引に活躍する
カニクレーン。大きく張り出すアウトリガーで掘削や吊り上げに活躍
 トラックシャシ架装の特装車から、タイヤを履いた
路面走行特殊車、クーラーを履いたオフロード対応の
作業機まで、総勢100台余りの「働くクルマ」達が連
休の好天下来園した家族連れ、子供達に触れる機会
を提供した。
TheTRUCK2018年6月号39

特殊車研究
アタッチメントを交換すれ吊り上げ作業も掘削作業も自在にこなす
ういうきでしか運転席にはすわれませんね。将来は女性オペレータ!
脱着式ボディは現場の作業効率向上に威力を発揮する
広場にも大型作業車。頭上には常設の“空中散歩”施設「メガジップ
ラインつばさも」を楽しむ人も後を絶たなかった
こちらが「人型変身ロボット」。立っているように見える・・
・・これがクレーン操作でナント、少々ごつ
いがクルマに変身
アトラクションは外にも
 期間中にもうひとつの楽しいイヴェントがあった。
人型変形ロボットJ-deiteRIDEの変身お披露目で、
子供達の歓声が上がっていた。
TheTRUCK2018年6月号40

仕様
項目
チップセッ
センサーデバイス
画角
ディスプレイ
供給電圧
動作温度範囲
記憶ディバイス
記録フレーム
カメラモード
記録内容
記録形式
マイク
時刻設定
加速度センサー
質量
内容
AmbarellaH.264画像圧縮チップ
フルHD5MCMOSセンサー
約105度
LCD3インチ4:3モニター
DC10-30V
−10℃-+70℃
SanDiskSDカードClass10以上
読み書き速度15MB/s以上推奨
(最小容量:4G、最大容量:32G)
1920×1080(フルHD1080P/30F)
1280×720(HD720P/30F)
システム起動時に自動録画
解像度:3M、5M、8M
手動写真撮影、加速度センサー、セルフタイマー
日付、時刻、画像、加速度、GPSデータ(速度含む)
専用プレイヤー用独自フォーマット(記録モード)
内蔵デュアル高感度マイク
GPS信号による自動設定
GPSが無効の場合、内蔵時計を使用
内蔵
本体:192g、シガー電源アダプター:112g
これは凄い!
製造販売元:株式会社日本ヴューテック http://www.nvt.co.jp/
営業本部:〒211ー0066川崎市中原区今井西町93ー3 TEL.044ー722ー2211(代) FAX.044ー722ー8488
本社:〒211ー0063川崎市中原区小杉町3ー239ー2 【サポート:TEL.044ー722ー2211】
常時録画
エンジン連動録画
イベント録画
センサー検知時録画
GPS搭載
Googleマップ連動
日付、時刻、速度を記録
音声録画
車内の音声を記録
VFーDVRー001
FULLHD5メガピクセル
ドライブレコーダー
FULLHD5メガピクセル
VIEWTECのドライブレコーダーVIEWTECのドライブレコーダー
FULLHD5メガピクセル
こんな使いかたも
自分の運転をチェック
旅行の想い出に
レース走行を記録

TheTRUCK2018年6月号52
第88回ジュネーブショー‥‥スケッチ点描

TheTRUCK2018年6月号53
石野 潔
 3月のジュネーブは連日のぐずついた天気でレマン湖の噴水を曇らせていたが欧
州に春を告げる恒例のショーが世界の高品質な車を揃え華やかに開催された。大小
のメーカーを公平に扱う展示会場では・最新のワールドプレミア量産車・レベル4
〜5の自律電動コンセプトカー・当ショーならではの高級ハイパフォーマンスカー
や高級SUVが所狭しと展示された。欧州を主とする来場者は19歳〜64歳のア
クティブ層が80%を占め、30%が30歳以下の若者であり熱気に溢れた新時代の
モータリゼーションを共感しあっていた。(主催者)
VW「I.D.VIZZIONConcept」
大型EV4ドアサルーン ワールドプレミア
2025年の「レベル5
̶
EVの生産化」「・自律電動化・つながる」とい
う次世代モビリティーを訴求。
2016年パリショーで発表したEVコンセプト以来VWが研究開発して
きたEV群の集大成として生産化前提で発表した。操舵類やペダル類
がない完全自律電動車、広々した室内はフラットフロアで4つのフルリ
クライニングシートを備える。
全長5.1m、全幅1.9m、全高1.5m、WB3.1m、フロント75kw、
リア150kwの2モーターで全輪駆動。
システム出力は225kw304ps、太いサイドメンバーに支えられたフ
ロア内に置かれた111kwhバッテリーで665㎞の航続距離。
ASTONMARTIN「LAGONDA」EVConcept
1. VW、ルノーが操舵類をなくした「レベル5」相当の自律電動コンセプトモデルを出展。運
転の煩わしさを解放し移動空間の新たな価値を提供するコミュニケーション型サロンモビリ
ティーを訴求。 
2. 量産型EVは小型が主であり、先行している「テスラ」,中国メーカーの出展は無し。
ドイツ車を始めPHEV(プラグインハイブリッド)の出展が多く欧州車の主流になりつつある。
(BENZはディーゼルPHEVをワールドプレミア)
3. 各社軽量モジュールアーキティクチャの共有化が進んでいるが、電動化や自動化の専用プラッ
トフォームとモジュール構造を採用着手。
4.「FuntoDriving」の車の魅力と欲望を満たす「ワンクラス上の高品質な内外装,ハイパ
フォーマンス指向」で華麗でゴージャスな高級SUVやスポーツセダン、スポーツカーの出展
が多い。

TheTRUCK2018年6月号54
Lanborghini「HURACANPerformanteSpyder」

TheTRUCK2018年6月号55
Audi「A6NewModel」WorldPremireGENEVA
RENAULT「EZ-GO Concept」
 ライドシェア、シェアリングなど新たなモビリティーサービスを提供す
「レベル4」の自律電動車コンセプト。
ルノーは「車を所有から共有へ」とパリや近郊都市部などで進めている
EVが活躍するモビリティータウン構想に積極的に参画している。
車両概念は既述VWやAstonMartinと同じだが、室内は6人乗りで
Uの字型のサロン風シートレイアウト。既セダンではできない対話型室
内コミュニケーションが創り出す新しいモビリティーワールドを提案。
全長5.2m、全幅2.2m、全高1.6m、WB3.8m、
4輪操舵、後輪駆動、走行速度制限は50㎞/hに設定。
   下左の絵:
Lanborghini「HuracanPerformanteSpyder」
カブリオレタイプの新型クーペ「スパイダー」初披露。Ferarri同様に格好
いい「リアディフューザー」が特徴、車体ダウンフォース力を向上させ高速
安定性確保、最近では欧州SUVにも装着。日本車には無い!!
   下右の絵:
AUDI「A6」フルモデルチェンジワールドプレミア
昨年の「A7」に続きVWグループの高級車部門AUDIの主力車種の新型
初披露。
下手な絵ではとても表せられない高品質な内外装は「持つ喜び〜走る官能
感」を満たす
アウトバーンでは常に追い越し車線を200㎞/hで飛ばす。

TheTRUCK2018年6月号56
㈲平成モールディング 成形部入口全景電動式射出成形機350t
会社訪問 ㈱平成商事
廃棄物を原料に
スペーサーなどトラック用品を製作
環境にも貢献する
新事業に大きな期待
 最近は技術の進化が著しく、このままエスカレートするとAI(人口頭脳)を搭載した
ロボットに人間社会が乗っ取られてしまう危機感すら覚える。しかし、一方では廃棄物
の中から資源を取り出してリサイクル製品を開発、環境に貢献する事業に展開する
企業もある。群馬県伊勢崎市の平成商事(新井信一社長)は、永年培ってきたプラス
チック成形技術を活かして、廃棄物を資源とするトラックのスペーサーなどの開発に
取り組んでいる。
自動車整備・販売から
 プラスチックの金型産業へ
□横 路 まずプラスチックの平成
モールディングの事業を簡単にご説
明下さい。
新 井 弊社では創業以来プラ
スチック金型の設計・製作から成形
まで一貫して承っております。設計
と製作を別々の会社が行う場合に比
べ、早い段階で設計の不具合など
の修正が可能ですし、その為の工
程、コスを短縮するこも可能です。
□横 路 具体的にはどのような 内
容ですか。
新 井 形状・デザインや素材な
ど積極的に提案し、三次元CAD
/CAMでの複雑な形状のプラス
チック金型の設計が得意です。3D
モデリングやNCデータの作成を
精通している専門のスタッフ が製作
し、付加価値を生み出し、さらに高
めるプラスチック金型を設計します。
□横 路 どのような機械設備があ
るのですか。
新 井 射出成形機に加え、高
速マシニングセンター、NCフライス、
ワイヤーカト、NC放電加工機など
様々な切削加工設備を揃えています
ので、幅広いニーズにお応えするこ
とができます。
□横 路 平成商事のリサイクル製
品事業は後ほど伺いますが、その前

TheTRUCK2018年6月号57
廃プラ材料乾燥施設
㈱平成商事の新井信一社長
に新井社長のご経歴を少し教えて下
さい。生まれ育ちはどちらですか。
新 井 群馬県の桐生市です。
昭和34年3月19日ですから59歳
になります。
□横 路 そうですか。年齢よりも
若く見えます。桐生には富士重工業
(現在はSUBARU)の関係で軽ト
ラックを生産する桐生工業があり
すので、よく訪 ねました。パチンコ関
連の会社も多い地域ですよね。
新 井 そうです。私も金型の
仕事ですので、創業当時は自動車
やパチンコ関係の会社の取引が沢
山ありした。
□横 路 最初はどちらにお勤めに
なられたのですか。
新 井 地元のトヨペットさんで
す。3年間勤務しましたが、どうして
も独立したい夢が強くて…。
□横 路 自動車に見切りをつけ
た?
新 井 私の生家は農業でした
が、それは最初からやりたくなくて、
ヨペットに入りました 。ところが 自 動
車も道路が良くなって長持ちするよ
になって、車検も2年から3年になっ
て整備も少なくなってくる。そんな事
で不安が先立ちヨペットは退職した
ものの、やりたい仕事も見つからなく
て悶々としていたのですが、知人に
声をかけて頂いて、また自動車整備
を3年間やることになってしまいまし
た。(笑)
□横 路 でも独立するキッカケは
出来たのですね。
新 井 はい。三菱ふそうに居
た方が、私と同じように退職してそ
の整備工場に入ってきました。その
人のお兄様がプラスチックの金型を
作っておられたのですが、独りでは
不安なので一緒にやらないかと誘わ
れました。それで工場見学したので
すが、予想外に面白そうなので、
転職しました。
□横 路 どんな金型を作っていた
のですか。
新 井 その頃はラジカセとかビ
デオデッキ、それにおもちゃや自動
車部品などもありました 。とても忙し
い会社で、幾ら残業してもやり切れ
ない状態でした。今と違って残業は
無制限でしたから、月収もビックリす
るほど貰えました。
□横 路 バブルの頃ですから金
型は良かったと思います。
新 井 冷蔵庫やクーラー、電
話機など大型製品もありました が 、
次第に中国に移っていきした。
□横 路 その金型の会社では何
年働いたのですか。
新 井 約6年間です。でも残
業が月に150〜160時間もありまし
たから、ずっと長く感じました。(笑)
中国進出で新たな展開
□横 路 それから独立?勤め先
からの反対派なかったですか。
新 井 実は入社する時から独
立する夢を伝えていましたので、む
しろ声援して頂きした。
□横 路 それは良かったです
ね。気持ちを正直に伝える事は大
切です。
新 井 はい。独立して10年間
位はその会社の協力会社として金
型の仕事をやらせて頂きした。

TheTRUCK2018年6月号58
押出成形機成形1号機
各スペーサー加工準備
会社訪問 ㈱平成商事
□横 路 そのあとで独自の金型
に進む訳ですね。
新 井 桐生はパチンコ産業が
盛んでしたので、いろんな部品の
ニーズがありました。知人からその
金型の依頼を受けて独自のお客様
が拡がっていきました。ですから独
立しても仕事には困らなかったです。
□横 路 結果的には自動車の販
売会社に見切りをつけて第一歩を踏
み出した事が良かった訳ですね。
新 井 はい。その点は良かっ
たと思っています。ただ、その後、
金型が労働賃金の低い中国に流れ
るようになって、国内も価格競争で
苦しむことになります。
□横 路 殆どの産業がそういう形
になりした。
新 井 ええ、それで当社も対
策が必要になりまして、私は 中国か
らの研修生を受け入れて仕事を覚え
て頂き、その方々が中国に戻って当
社の金型を造る方法を考えました。
□横 路 人を育てる事から始め
た訳ですね。何年前のことですか。
新 井 約15年前です。それ
で中国との交流が始まるのですが、
中国に進出した別の会社で、金型
が出来なくて困っている方に出会い
まして、私の指導 で解決したことか
ら大変喜んで頂きました 。その事が
縁で当社が中国に進出する時もそ
の方が親身になって協力して下さい
した。
□横 路 中国の関係も良い形で
スターしたんですね。
新 井 はい。私が身につけて
いた技術が役立ちました。それで、
その時に家庭から出る廃棄物を原
料にして製品をつくるリサイクルがあ
る事を知りました。本来なら焼却さ
れたり埋められてしまう物ですが、
原料として使えば新たな価値が生ま
れるし、環境にも貢献すると思って
取り組み始めた訳です。
□横 路 それが平成商事のリサ
イクル製品ですね。
新 井 はい、最初に手掛けた
のが大手特装メーカーさんのダンプ
のスペーサーでした。幸い、当社に
技術者が居ましたので、作り方を教
わりながら手掛ける事が出来ました。
□横 路 その特装メーカーはダン
プの最大手で、近隣に大きな工場が
ありますので良いタイングでしたね。
新 井 はい、非常に良い運に
恵まれた形です。(笑)
□横 路 トラックのスペーサーは
輸入木材が使われていましたが、
森林保護の関係で入りにくなりまし
た。このリサイクル品がタイング的に
も良かったと思います。ダンプトラック
以外にも採用されているのですか。
新 井 他の特装メーカーさんの
レーラーがあります。最近ミキサー
車にもご採用頂ける方向で展開中で
す。当社としては、中・小型でも採
用頂ける部材がないか研究している
ところで す。
□横 路 土木や建築分野でも使
えるのではないですか。
新 井 既に三共フロンティアさ
んの仮設ハウスにも樹脂ブロクをお
使い頂いていますし、オリジナル品と
して花壇に使用するプランターにも
挑戦していますが、まだヒト商品に
は至っていません。(笑)
□横 路 このリサイクル製品の難
しい点はどんなところですか。
新 井 いわゆる廃棄物をリサイ
クルする訳ですから、原料を安定的
に確保しなければならない点です。
スペーサーもお客様は必要部品と
て生産計画に入れておられますの
で、当社は安定的に供給する義務
があります。ところが地震などのア
クシデントがあると、一時的に原料
が止まってしまう事にもなりかねませ
ん。そういうアクシデンも踏まえてお
客様に迷惑をお掛けしない体制を構
築する必要があります。
□横 路 なるほど。ある程度の原
料を備蓄する必要もある訳ですね。
新 井 はい。その為にも広い
敷地が必要です。
□横 路 現在の原料調達はどん
な状況ですか。

TheTRUCK2018年6月号59
押出成形機2号機・3号機
特装車輌用スペーサー品番別在庫
新 井 中国が輸入禁止になっ
たので、国内は余っています。
□横 路 では原料不足の不安は
ないのですね。
新 井 そうです。ですから出
来るだけ採用頂くお客様を広げたい
と思っていますので、営業活動にも
力を入れています。
市場の大きい
 トラック関係に期待
□横 路 新しい分野の市場開拓
しては?
新 井 現在、リサイクルによる
新たな製品作りとチャレンジ精神で取
り組んでいるものではゴルフ場の傾
斜マットがあります。
□横 路 どんな商品ですか。
新 井 日本のゴルフ場はフラッ
トなティーグランドが少ないんです。
それで傾斜マッをセットすることでフ
ラットな場所で一打目を打つことが出
来ます。
□横 路 なるほど、ゴルフ好きに
は喜ばれますね。
新 井 その傾斜マットを少し改
良すると車両に車椅子を乗降させる
時の段差埋めにも使えるのではない
かと思っています。
□横 路 なるほど、そう考えると
色んな分野に可能性がありますか
ら、市場開拓も楽しみですね。着色
も可能なのですか。
新 井 着色も可能ですが、原
料がリサイクル品ですから色々な不
純物が混入しているので、薄い色だ
と透けて見える場合があります。着
色は濃い色が向いています。
□横 路 腐食し難い特色があり
すから土木や建設にも向いているの
ではないですか。
新 井 その通りです。ベランダ
とかお風呂とか水回りには向いてい
る材料です。例えば、パイプをこの
廃プラで包むなど複合製品も可能だ
と考えています。それと、腐りにくい
という点では土木工事等に使用する
角材・平板・敷板・杭・重石・ブロ
クなどにも最適です。
□横 路 なるほと。市場開拓に
は夢のある製品ですね。
新 井 用途によっては間伐材を
混合することで、比重や強度を変え
ることも出来ますので、用途は無限
の可能性があると思います。
□横 路 最近のトラック運送は、
ライバーが 車両を離れる時に、 車輪
止めをセットする習慣が広まっていま
す。この車輪止めにも最適ですね。
新 井 はい、これまで木材や
鋼材を加工していた製品でも、材
料置換するだけの市場もありますの
で、トラック関係は大きな市場だと考
えています。
□横 路 将来の夢としてはどんな
事をお考えなのですか。
新 井 やはりリサイクル製品で
すので、色々な分野でお使い頂く
ことで、環境にも貢献することにな
るし、資源の有効利用という事でも
社会性の高い仕事だと自負してい
ます。
□横 路 リサイクル製品はこれま
でも色々開発されていますが、様々
な課題に直面することが多い分野で
す。採用するユーザーも環境への
理解が必要だと思います。ご活躍を
お祈りします。有り難う御座いました。

都内の赤坂プリンスクラシッ
クハウスで行われたパリモー
ターショーの記者発表会
パリモーターショーの概要を説明するジャン=クロード・ジロ代表(左)と挨拶するローラン・ピック駐日フランス大使(右)
超小型モビリティの
「モンディアル・ドゥ・ラ・モビリテ」
技術革新に特化したB2Bイベントの
「モンデュアル・テック」
2つの特別企画を提案
「パリモーターショー2018」主催者来日記念記者会見
岡雅夫
(本誌レポーター)
TheTRUCK2018年6月号60

4つのテーマにより開催されるパリモーターショー2018は注目のニューイベントを加え
らに魅力のある自動車ショーとなる
創設120周年を迎えるパリモーターショー2018は2018年10月にパリ市内のポルト・ド・ヴェルサイユ見本市会場で開催される
 本年10月に開催されるパリモーターショーの概要
発表が都内で行われた。今回海外での記者会見は東
京をはじめ北京、ニューデリーで行われている。東京
では、ローラン・ピック駐日フランス大使も出席し、
日仏の自動車技術提携などを含めた挨拶を行った。
 パリモーターショーは1898年に創設された自動車
の国際展示会で、世界最大の来場者数を誇る。120
年の歴史を持つ「世界最古のモーターショー」
としても知られる。
 1962年以降現在の展示会場で継続開催さ
れており、フランスの首都であるパリ市内で開
催することの意味を守り通している。
新機軸を取り入れ大胆な変革を実施
 主催者代表のジャン=クロード・ジロ
(Jean-ClaudeGIROT)氏にとって前回に
続き2回目となるモーターショーだが、今回は
様々な新機軸を採り入れショーの大胆なモデル
チェンジを行うこととなった。
 その大きな目玉として2つの特別企画が提
案された。
 一つ目は「モンディアル・ドゥ・ラ・モビリテ」で、
モビリティというDNAを常に大事にしてきたパリモー
ターショーを象徴するものである。その考え方を紹介
する。
「デジタルイノベーションは私たちに既存のサービス
にとって代わる新たな選択肢を提供している。これま
での移動手段の利用を一変させたり、私たちのニー
TheTRUCK2018年6月号61

今回のパリモーターショーのポスター。自動車の画像は使用していないがクルマをイージできる斬新なデザインとなっている
ズを具現化したり、一人一人の移動においても新しい
体験を生み出している数々の技術革新のおかげで、
私たちは今日既に未来のモビリティを利用できる環境
にある。自動車業界の大手企業・伝統的な企業もビジョ
ンを広げ、今まで提供してきた価値をいったん壊し、
新たな技術開発に取り組んでいる。これらの技術開
発にはメーカー、レンタカー業者、銀行、保険会社、
高速道路関連会社、エネルギー供給者、輸送関連業
者などあらゆる業界が関わっている。電動アシスト自
転車や都市で見かける新しいコンパクト車などの“超
小型モビリティ”もイノベーションによって実現してい
る。パリモーターショーでは頼れる新しいモビリティの
ソリューションを発見することができる」そして、出展
者としては、共有展示スペースの中心部にモビリティ
に関連する新しいデジタル関連スタートアップ企業を
集結させるとしている。そのスローガンは「毎日をモビ
リティと共に!」である。
 2つ目は「モンデュアル・テック」である。未来の自
動車やモビリティに関する技術革新に特化したB2B
イベントである。ここでは自動車メーカー、部品メー
カー、テクノロジー関連の大手企業、スタートアップ
企業が未来の輸送とモビリティを形作るために相互協
力を強める環境作りが行われる。そしてイノベーショ
ン担当の専門家、企業の経営陣、政府機関の代表
者、金融関係、メディアなどの関係者が交流を図るプ
ラットフォームとなる。モンデュアル・テックでは自ら
が主催する「スタートアップ・アワード」も行う。世界
約30か国・数百の候補の中から選出されたスタート
アップ企業のファイナリスト64社がここで短いプレゼ
ンテーションと展示を行う。イノベーションのテーマは
下記8項目である。そしてここで巨大なエコシステム
の集約が図られることとなる。
①持続可能なビリティ、②電化&ハイブリッド化、
③素材&軽量化、④乗り心地、⑤充電・蓄電&エネ
ルギーシステム、⑥コネクティビティ&ITS(高速道
路交通システム)、⑦安全、自動化、サイバーセキュ
「パリモーターショー2018」主催者来日記念記者会見
TheTRUCK2018年6月号62

毎回話題を提供するパリモーターショーの今回のテーマ展示は「道」となった
リティ、⑧インダストリー4.0、で最終的に会期中
の10月5日にグランドフィナーレとして優勝者が選
出される。
 モンデュアル・テックには今回スペシャルゲストとし
て世界で最も重要なテクノロジーの展示会であるCES
(ラスベガス・エレクトロニクスショー)のCEOを迎
えて、10月1日に講演が予定されている。2019
年1月のCESとの連携も決定している。
モンデュアル・テックのスローガンは「ドライブ・ザ・
フューチャー」である。
 以上大きな二つの新機軸が打ち出されたが、他に
も様々な新企画がある。
 プレイベントとして9月30日にはパリ・コンコルド
広場を起点とした大パレードが行われる。120年前
の車から最新型車まで350台がシャンゼリゼ通りを走
行する予定である。なお、地元フランスの自動車会
社であるルノーとプジョーも創業120周年を迎える。
また、10月4日はレディスナイトとして車の主要購
入権者である女性に展示車をわかりやすくアピールす
る特別な1日とすべく準備している。さらに、従来奇
数年に別団体により開催されていたモーターサイクル
ショーを統合して今回から新たなホールでモーターサ
イクルブースがスタートする。
 その他、記者会見では大阪に本社がある㈱アスパー
クが出展者としてのプレゼンテーションを行った。
2005年に創業したアスパークは、従業員数2,283
人の内2,094人がエンジニアというエンジニアのア
トソーシングサービス会社で、今回のパリモーター
ショーでは世界最高加速の電気自動車「OWL」を出
展する。OWLは、“今までにない新しい価値観で世
の中を楽しくする”をコンセプトに開発された車で、
2018年2月11日に静止状態から時速100㎞に
加速するまでのゼロヒャクで1.89秒を達成させてい
る。この実績を基にパリモーターショーで正式な受注
予約を開始することになっている。生産台数は50台
(完全限定販売)、価格は約4億6千万円(予定)
で、欧州を中心に世界販売する計画だとのこと。
現フランス大統領も会場視察の予定
 前回も前々回も現大統領であるマクロン氏はパリ
モーターショー会場に足を運んでおり、2014年には
6時間、2016年には8時間の滞在で、いづれも大
臣として会場を視察しているが、今回は大統領として
初の視察となり主催者としては13時間の視察時間を
希望しているそうだが、これは多忙な大統領ゆえ要望
は叶うのか微妙である。
 なお、パリモーターショーの会期及びプレスデーは
以下のとおりである。
【一般公開日】2018年10月4日㈭〜14日
㈰10:00〜20:00ただし10月4、5、6、
10、11、12日は22:00までナイター営業する。
TheTRUCK2018年6月号63

YouTubeに動画がアップされているパリモーターショー2018のコュニケーションビデオ。スーパーカー、ハ
ブリド車、バイク、スクーターの4パターンがある。ユニークな動画は誰もが好感が持てる内容だ
TVのインタビューを受けるジャン=クロード・ジロ代表。剣道7
段で何度となく来日している日本通だ。永年トラック業界に席
を置いていた経歴を持っている
世界最高加速を実現した電気自動車「OWL」。限定50台をパリモーターショーで予約販
売される
【プレスデー】2018年10月2日㈫6:30〜
19:00、10月3日㈬8:00〜19:00で、モー
ターサイクルのプレスデーは10月3日となる。
 今回の記者会見ではパリモーターショーのCMが4
パターン放映されたが、いかにもフランス的な面白い
内容であり、一度ネット(YouTube)で視聴いただけ
ればその良さが理解されると思う。
 ちなみに、URLは①スーパーカー:https://
youtu.be/lIukkx4BSo4、②ハイブリッド車:
https://youtu.be/gC-6iwT69n4、③バイク(レー
ス用などの):https://youtu.be/toSRhynqI6g、
④スクーター:https://youtu.be/I1IB̲VxDwYY、
となっている。また、パリモーターショー2016年展
のビデオはhttps://youtu.be/IO5Kt58MEzwで
視聴できる。
 前回と比較して会期が3日間短縮され世界最大級
の来場者が減少するかもしれないというリスクは若干
考えられるが、モーターサイクルが新たに加わるなど
ショーとしての魅力度は増していることから大きな懸
念材料にはならないであろう。パリの治安状況も改
善されつつありベストシーズンに開催される歴史ある
ショーは大いに期待できるものである。
「パリモーターショー2018」主催者来日記念記者会見
TheTRUCK2018年6月号64

前回のパリモーターショー(2016年展)の会場風景。世界で最も古い歴史を持つモー
ターショーで、来場者数でも毎回トップクラスとなっている
TheTRUCK2018年6月号65

正副会長らが登壇して鏡開き
挨拶する全ト協の坂本克己会長
TheTRUCK2018年6月号66
全日本トラック協会が創立70周年式典
傘寿を目指し業界発展に取り組む
(坂本会長)
 全日本トラック協会(全ト協)は今年創立70周年
を迎え、5月14日には都内のパレスホテル東京
で記念式典を開催した。
 全ト協の創立は、前身となる日本トラッ
ク協会(日ト協)の1948年(昭和23年)
2月。当時のトラック保有車両数は10万
台あまりで、戦前・戦中のピークであった
1940年に比べて約70%近くの水準にま
で落ち込んでいた。多くのトラックが木炭
や薪を燃料にした代燃車で、輸送力もき
わめて低かったと思われる。
 しかし、1960年代になると景気も回復
し、1968年8月には日ト協と全国陸運
貨物協会、全国貨物運送事業組合連合
会の3組織を統合してて全ト協が設立さ
れることになる。
 全ト協の坂本克己会長は、70周年記念式典で
「全ト協は戦後の混乱期に設立し、その後、経済
の発展とともに国民の生活を支え続けてきた。当初
はリヤカーで運んだ。その後、石油ショックなど多
くの難局を乗り切って今日がある。先輩方に敬意を
表する次第である。また、阪神淡路大震災や東日
本大震災、、更には熊本地震などの災害時には、
被害地に数万台のトラックが救援物資を届けて、そ
の役割を発揮した。全ト協は70年の古希を迎えて
たが、今後も傘寿を目指して、業界一丸となって取
り組む。と挨拶した。
 今回の70周年記念式典には、石井啓一国交大
臣や加藤勝信厚生労働大臣のほか、自由民主党の
二階俊博幹事長や公明党の山口邦津男代表など多
くの来賓が訪れ、正副会長らが登壇して鏡開き、
全国から参加した関係者が親睦を深めた。
(秋林路)

5台積󱜵車両運搬車
(扉󱞜󱝩車両、󱞝󱝍󱝰󱝓󱞣車対応OP装着車)
5台積󱜵車両運搬車
(扉󱞜󱝩、側方󱞅󱝖󱝍󱝝󱞚󱞅󱝸荷役対応低枠型)
小型󱞉󱝍󱝩軽自動車3台積󱜵車両運搬車
大型3台積󱜵車両運搬車
(󱞝󱝍󱝰󱝓󱞣車対応󱝡󱝍󱝸装着車)
4t、5.5t󱞉󱝍󱝩2台積󱜵車両運搬車
(󱝗󱞇󱝧󱞗󱞣装着車)
小型󱞉󱝍󱝩2台積󱜵運搬車
(後柱昇降式、WB延長改造車)
小型󱞉󱝍󱝩2台積󱜵運搬車
(󱝙󱝍󱞌󱝍󱝑OP)
5台積載車両運搬車
(F󱝨󱞓󱝳󱝛󱝏󱝳󱞇仕様OP装着車)
素早い対応 徹底追求
お客様の信頼のために最高の品質を
本   社 〒136ー0071 東京都江東区亀戸1丁目7番3号 パークノヴァ亀戸20
TEL03ー3683ー0391(代表)FAX03ー3636ー1105
八千代工場 〒276ー0004 千葉県八千代市島田台815番地
TEL047ー488ー2511(代表)FAX047ー488ー2514
http://www.hosoyashatai.co.jp/
詳しい情報はウエブで検索

TheTRUCK2018年6月号68
トラックユーザーNews
トラックユーザーNews
浜田靖一顧問があいさつ
三木孝行氏
 自民党物流倉庫振興議員連盟(望
月義夫会長)は第8回総会を23日
に党本部で開き、2019年度予算編
成・税制改正要望を日本倉庫協会、
日本冷蔵倉庫協会から聴取した。そ
の後、議員から意見・要望があり、
国土交通省の重田雅史物流審議官ら
が回答したが、農水省、文科省、道
路局、地方自治体などへ働きかける
ものがほとんどであった。
FIT法 賦課金減免で相違も
 日本倉庫協会の木納裕会長は、今
年度で期限が切れる中小企業投資促
進税制の継続は生産性向上のために
必要なこと、大規模災害対策で緊急
時に日倉協と各地方倉庫協会を結ぶ
IP無線機の導入を検討していること
を明らかにした。
 日本冷蔵庫協会の大谷邦夫会長
は、省エネ型自然冷媒機器は、今年
度74億円(補正予算含む)が計上さ
れた。しかし、食品製造・小売業も
対象になり獲得合戦になっていると説
明。営業冷蔵倉庫だけで年間100
億円の需要が見込まれるため優先採
択して欲しいと要望。さらに、改正
FIT法により賦課金減免率が引き下
げられ、「電気料金が東日本大震災後
30〜50%の値上げとなり経営を大き
く圧迫している」として、製造業と同
等の減免率を求めた。
 議連の関芳弘、和田政宗両氏も
賦課金の仕組みを替えるよう要望し
たが、資源エネルギー庁の担当者
は、買取の負担が3兆円超にのぼる
こと、減免は貿易財に絞って8割減と
しているが、倉庫は貿易を支える産
業の位置づけで4割減にしたこと、
経過措置として17年度は8割減、
18年度は6割減で運用しており、
今後も買取の入札などコストダウンに
取り組むため「ご理解を賜りたい」
述べ、制度変更の考えはないことを
示した。
 これ以外にもさまざまな意見が出さ
れ、重田物流審議官が回答。
 教科書の指導要領の解説書に物
流・倉庫が初めて記されたこ
とについて、重田氏は「実際
に教科書に書いてもらうことが
重要であり、文科省や教科書
製作会社に働きかけていく」
農水産品の出荷拠点が重要に
なっていることについて、「パレット化
をはじめ物流を強くしていく取り組み
を農水省と進めていく」、スマートIC
など物流施設と直結させる枠組みを
広げるべき、重要物流道路の指定の
際には物流業の意見を反映させるべ
き、との意見に対しては「道路局とも
連携し、また地方にも働きかけした
い」、物流拠点整備は農地規制(市
街化調整区域)が最大のネックになっ
ているとの指摘には「知事が権限を
持っているが、農水省にも働きかけ
ていく」など、実現には各省各部局と
の連携が重要であることが浮き彫りに
なった。
 三井不動産は21日、都内で記者
説明会を開き、三木孝行常務執行役
員ロジスティクス本部長が戦略を紹介
した。
 三木氏は「2012年に物流事業に
参入した後発組だが、世界の物流施
設の中でも類をみない、ハード・ソフ
ト両面での商品企画を送り出してい
る」と述べ、千葉県南船橋エリアの街
づくり型プロジェクトに言及した。
 16年9月に竣工したMFLP船
橋Iは、4万2000平方メートルの
敷地に8階建ての延べ床面積19万
8386平方メートル。オーストラリア
人のデザイナーによる外壁ルーバー
を緑に着色するなど、極めて珍しい
4千人の雇用を創出
ロジパーク船橋を構想
三井不動産

TheTRUCK2018年6月号69
提供:運輸新聞
ロジスティクスパーク船橋外観イメージ
倉庫内部
手法を採用したほか、最上階には
ショールーム「MFLPICTLABO」
オープン。オカムラ製「AutoStore」
をはじめ、最新鋭ロボット機器の導入
の相談にも応じる。
 近接地にMFLP船橋Ⅱを2月に着
工し、19年10月に竣工を予定。さ
らに、MFLP船橋Ⅲは20年春着工、
21年秋竣工予定で、「三井不動産ロ
ジスティクスパーク船橋」を構想して
いる。
 カフェテリアや保育施設などを整
備したゲート棟や緑地スペースも併
設、総敷地面積は18万4000平方
メートルの街づくりを志向。
 MFLP船橋Ⅰでは1200人が働い
ており、3施設合計で4000人の雇
用を創出する見込み。東関東自動車
道・谷津船橋ICから2.2キロメート
ル。京葉線・南船橋駅から歩いて8
分の徒歩圏内で交通利便性は高い。
同社が運営する商業施設「ららぽー
とTOKYO-BAY」が目と鼻の先にあ
り、来客用の駐車場も物流施設内に
ある。
 近年、ららぽー
とで従事している
パートのMFLP
船橋(物流現場)
への〝転職〟が目
立っている。接客
が得意ではない
女性は、駅からの
距離が変わらない現場で、庫内作業
に励む事例が増加しているという。
 三井不動産は、ANAと連携して羽
田地区の産業活性化に寄与する「イン
ダストリアルパーク」も開発中。ヤマ
ト運輸の羽田クロノゲート近くに開発
中であり、「二度と買うことのできない
土地」(三木氏)で、観光客の目にと
まる斬新なデザインを目指す。竣工
予定は19年6月。
 同日、MFLP広島Ⅰ(広島市・19
年8月竣工予定)、MFLP横浜港北
(横浜市・19年10月同)、MFLP
立川立飛(東京都立川市・20年2月
同)の開発も発表。
 現在、開発中も含めた施設は32
棟、総延べ床面積約270万平方メー
トル、累計総投資額4800億円。
今後も年間3〜4棟の開発を目指
す。点を整備する。輸送ネットワーク
最適化のため、スワップボディ車の導
入、長距離輸送のモーダルシフトや
乗継便を促進。
 日本通運との提携は既に東日本
で進んでいるが、今後も共同施設
利用やシステム統合などを通じて効
果の深化を図るとともに、協力会社
を含む外部との提携を積極的に検
討する。
 郵船ロジスティクスの台湾法人、
YusenLogistics(Taiwan)
Ltd.は、旺盛な倉庫需要に応える
ため、4月から桃園市内に新たな倉
(延べ床面積約1万500平
方メートル)を稼働した。これに
より台湾北部では計5カ所・
約5万4000平方メートルの
倉庫拠点となる。
 新倉庫は台湾桃園国際空港
から車で10分、基隆港から1
時間の好立地にある。地下1
階・地上5階建てで、空調設備と
セキュリティ設備が整っている。ま
た、既存の2つの倉庫の間に位置
していることから、各倉庫と連携し
て、スペース状況に応じた
柔軟な対応が可能。電子電
気機器関連品などの高付加
価値商品をはじめとした幅
広い商品を取り扱い、在庫
管理や流通加工、検品、
定温保管、店舗配送など各種サー
ビスを提供。化粧品などリテイル業
界向けe-Commerceの取り扱いも
行う。
台湾の倉庫
拠点拡充
郵船ロジ
台湾法人

TheTRUCK2018年6月号70
トラックユーザーNews
トラックユーザーNews
筒井雅洋社長によるオープニングスピーチ
 オリックスとオリックス・レンテッ
クは、自社で開発する物流施設に
入居する新規テナントを対象に、物
流ロボットを6カ月間無償で提供す
るレンタルサービスを開始し、人手
不足解消と効率化を促進する。物
流施設の開発事業者が物流ロボッ
を無償でレンタルする取り組みは業
界初。
 自動搬送ロボットを中心に6メー
カー、7機種を取り揃え、用途に応
じてロボットを選択し利用することが
可能。入居スペースの有効利用方
法に加えて、ロボットの具体的な活
用方法や導入効果シミュレーション
などをパッケージ化して提案する。
 対象施設は、蓮田Ⅰロジスティ
クスセンター、蓮田Ⅱロジスティク
スセンター、厚木Ⅱロジスティクス
センター、松伏ロジスティクスセ
ンター(順次更新予定)。対象機
種は、日本電産シンポの追従運搬
ロボット「THOUZER」、シャープ
の自動搬送ロボット「SmartAGV
TYPE-A」、オムロンの自動搬送
ロボッ「LD-90」、イノフィスのパ
ワーアシストスーツ「マッスルスーツ
(スタンドアローン版)など。
テナントに物流ロボットをレンタル
オリックス
 日新のマレーシア法人、NISSIN
INTERNATIONALLOGISTICS
(M)SDN.BHD.(日新ロジマレー
シア)は、マレーシアのマラッカ州で
新倉庫(1万3000平方メートル)
竣工し、10日に開所式を行った。
 日新は1994年にNISTRANS
(M)SDN.BHD.(マレーシア日新)
を設立し、同国で物流サービスの提
供を開始。昨年は独資の日新ロジマ
レーシアを設立し、現在、同国内8
拠点のネットワークを有している。
 新倉庫は、日新が現在推進してい
る第6次中期経営計画で重点分野
の1つに掲げてい
「自動車関連物
流」を強化する上
で重要な拠点とな
る。日本人スタッ
フが常駐し、同地
に進出する自動車
メーカー、パーツ
サプライヤーを対
象に、同社がグ
ローバルに展開しているJIT業務を
提供する。
 なお、今回の倉庫新設により、マ
ラッカ地区の倉庫延べ床面積は約2
万6000平方メートルとなる。
マレーシアの新倉庫が竣工
日 新

TheTRUCK2018年6月号71
提供:運輸新聞
PLB専用エリア
動作イメージ
 日野自動車は、衝突防止補助シ
ステム「モービルアイ」に続く、後付
安全補助装置の第2弾として、デン
ソーが15日に発売した脇見・居眠り
警報装置「ドライバーステータスモニ
ター」を25日から全国の販売会社で
取り扱いを開始する。
 日野は「交通事故死傷者ゼロ」を掲
げ、PCS(衝突被害軽減ブレーキ)
は既に大型・中型・小型トラック
どに標準装備している。さらに、規
販車への安全装備充実に注力してお
り、今回の取り扱い開始もその一環。
「ドライバーステータスモニター」
は、車室内のカメラで撮影したドラ
イバーの顔の画像から、脇見、眠
気、居眠り、不適切な運転姿勢など
の運転状況を推定し、音声で警告す
る製品。
顔画像から状況
推定し音声警告
 山九のインドネシア現地法人、山
九インドネシア国際(本社=ジャカル
タ)は、4月20日にインドネシアの
税務総局から繊維製品の輸出分野に
おける保税物流センター(PLB)
認可を取得した。同分野の認可取得
は日系企業で初。
今回認可を取得したのは「チカラン
ロジスティクスセンター」(倉庫面積
は1期・2期合計3万9936平方メー
トル)で、1万平方メートルのPLB
専用エリアを設置(2期倉庫内)
主に日系の大手製造小売業(SPA)
の日本向け輸出貨物を取り扱ってお
り、今後はグローバル企業が数多く
進出するジャカルタ東部に位
置する立地を生かし、取扱
貨物の拡大を図る。
PLBは、インドネシア政
府の経済政策の一環として
国内製造業の発展、国際
物流ハブの確立を目的に導
入された制度。従来の保
税倉庫と異なり、非居住者
の在庫が可能、蔵置期間が3年、
通関手続きの簡便化といった特徴
を持つ。
 今回の取得により、顧客への港湾・
倉庫作業にかかるコスト削減や日本か
らの入出荷コントロールによる在庫管
理の提供が可能になる。
保税物流センターの
認可を取得
山九インドネシア国際
日野が
取扱開始
 矢崎エナジーシステムは、トラ
ボックス(本社=東京、吉岡泰一郎
社長)とタイの商用車テレマティクス
ビジネス最大手TDAEnterprise社
(本社=バンコク市、トサポール・ク
ナパムシリ社長)との3社共同で、
ASEAN市場の物流業界向けに求荷
求車サービスの提供を6月21日よ
り、タイから開始する。
 3社は事業主体として新会社
「TR@MOVE(トラムーブ)(本社
=DTC内)を9月21日に設立を予
定している。提供するのは、運んで
欲しい荷物情報(荷主)と、運びた
い車両情報(運送会社)をWEB上で
マッチングさせるサービス。登録料
とサービス料は、荷主は無料、運送
会社はそれぞれ月間1000THB(タ
イバーツ)。ただし当面(6カ月間)
は、お試し期間として無料。
オプションの運賃保証サービスなど
は別途有料。初年度は3000社の
会員初年度3千社目標
トラボックスなど3社協業タイで求荷求車サービス
矢崎エナジー

TheTRUCK2018年6月号72
トラックユーザーNews
トラックユーザーNews
右から吉岡氏、矢㟢氏、クナパムシリ氏
レイエス氏
青浦物流センター
 センコーの中国現地法人、上海扇
拡国際貨運有限公司の「青浦物流セ
ンター」(上海市)が2日、本格稼働
した。
 青浦物流センターは敷地1万
5000平方メートル、鉄筋コンクリー
ト2階建てで、延べ床面積は1万
8852平方メートル。
 倉庫部分1万8752平方メートル
には、貨物用エレベータ3基、垂直
搬送機1基、22台接車可能な高床
式トラックバースにはドックレベラー7
基を設置した。
 全天候型の物流センターで、セキュ
リティ対策として、ICカードによる入退
室管理システムや監視カメラも完備。
 今後3温度帯の物流への対応を見
据え、1階に冷凍・冷蔵設備の設置
が可能な約3360平方メートルの区
画も整備している。
 同センターは、上海虹橋空港の西
約30キロメートルに位置し、高速
道路のインターチェンジから約3キロ
メートルで、江蘇省や浙江省の各方
面へのアクセスにも優れている。
青浦物流センターが本格稼働
センコー
会員獲得を目指す。
 タイは、交通事故の増加や慢性的
な交通渋滞、貨物の配送遅延に加
え、紛失破損など輸送品質でも様々
な問題を抱えており、世界銀行が発
表している物流の効率性指標(LPI)
では世界45位。
 矢㟢航社長は「タイは2016年に
トラックへのGPS活用を法制化して
いる。求荷求車のニーズは高く、矢
崎の総合力を生かし、物流の効率化
貢献したい。タイから始め、アセア
ン市場に拡大する」と話す。
 クナパムシリ社長は「タイのテレマ
ティクスサービスでは70%のシェア
を持つ。タイは国家戦略として物流
コストを現在の14%から12%に抑
えようとしている。パートナーを得
て、新サービスを提供できることに
期待している」と意気込みを語る。
 吉岡社長は「求荷求車サービス
は国内で19年間730万件の実績
がある。実質的には海外展開は初
めて。新しいことに挑戦したい」
語る。
フィリピン最大のエアラインのセブ・
パシフィック航空は、16日付で日本
支社を開設した。
 同日開かれた記者会見で、貨物担
当バイスプレジデントのアレックス・
レイエス氏は「フィリピンはアジア太
平洋地域のハブ拠点の位置付けとな
る。日本支社開設を足がかりにマー
ケットを拡大していきたい」と意欲を
示した。
 同社海外支社は、中国本土をカ
バーする香港と韓国に次いで3拠
目。フィリピン国内の拠点数は37。
7か所のハブ空港を経て、週単位で
2700便就航している。
 日本への乗り入れ開始は2008年
11月のマニラ〜関西線、14年には
マニラ〜成田線、マニラ〜中部線、
15年にはマニラ〜福岡線、セブ〜成
田線の運航を開始した。
 日本支社長には、カタール航空・
日本支社長を経験した松本知彦氏が
就任。9人体制でスタートする。
 昨年の収益高は1310憶USド
ル、フィリピン国内の旅客市場占有
率は47%。エアバスとATRを計
65機保有する。
 国内貨物の市場占有率は55%。
営業拡大を目的に、2022年までに
42機を新規導入する計画だ。「近年
増加中のULDに対応するため、ワ
ドボディの機体を増加させ、新規
貨物を獲得していきたい」とレイエス
氏は展望した
日本支社を開設
新規貨物獲得へ
セブ・パシ
フィック航空

TheTRUCK2018年6月号73
提供:運輸新聞
大阪・クリーンアップ活動
 鴻池運輸は地域貢献活動の一環と
して、関東進出の縁の地である東京
都江戸川区と、創業の「伝法の地」(現
在の大阪市此花区)でクリーンアップ
活動を実施した。大阪は今回で11回
目、東京では初の実施となった。
 東京では、江戸川区で行われ
た小松川千本桜まつりに参画し、
KONOIKEグループの従業員17人
が中心となり、会場内のゴミの分別
推進、収集・運搬などを行った。
 大阪では2012年から清掃活動を
春と秋の年2回実施しており、当日
は同社の竹島常務をはじめグループ
の従業員と家族の有志、前田此花区
長と区役所の職員、「このはな元気!―
区長と歩こう―会」メンバーら総勢約
175人が参加した。
大阪・東京の縁の地で
クリーンアップ活動
鴻池運輸
 主要物流企業27社の2018年
3月期連結決算は、全社が増収、
23社が営業増益となった。特に営
業利益は27社計で前期比11.8%
の伸長。19年3月期見通しも、
売上高3.7%増に対して営業利益は
10.3%の2年連続2ケタ伸長を予
測している。
 前期(17年3月期)は、27社の
うち増収は20社、営業増益は15
社。売上高は2%半ば、営業利益は
2%弱の伸びにとどまっていた。
 18年3月期は、「適正運賃・料
金の収受に向けた交渉に努めた」
果、全社が増収を果たした。増収
分は27社計で5853億円(6.3%
増)。特に丸和運輸機関、ロジネッ
ジャパンなど準大手企業を中心に伸
び率が5%を超えた。
 一方、営業利益は前期より442
億円(11.8%)の増益となった。適正
運賃収受による単価の上昇が、労働
力不足に起因する人件
費や外注費の伸びを吸
収した格好となった。
増益23社のうち、13
社が2ケタ伸長を果た
した。
 ただ、多くの企業が
決算発表で「適正運賃
収受はまだ道半ば」
し、不採算顧客からの
撤退もまだあり得ること
を示唆している。
 19年3月期見通し
も、27社中25社が
増収、23社が営業増
益を見込んでいる。
 27社計の売上高
は、前期比3706億
円(3.7%)の増収、
営業利益は429億円
(11.5%)の増益。
18年3月期に引けを
取らない増収増益を見込んでおり、
特に2ケタの増益を予測している企
業は9社に及んでいる。
 減益を見込む企業も、物流部門に
減益要素を見出してはいない。

TheTRUCK2018年6月号74
トラックユーザーNews
トラックユーザーNews
提供:運輸新聞
新静岡支店外観
ELC可児 完成イメージ
 日立物流は、大日本印刷(DNP)、
東芝テックと共同でRFIDタグを用い
た次世代物流サービスの早期提供に
向けて協業を開始した。
 製造地でRFIDを貼付し、以降の
あらゆるプロセス(製造拠点、物流セ
ンター、店舗など)で製造・入出荷・
販売などのデータを活用し、より的確
な需要予測、サプライチェーン全体
の最適な在庫配置に役立てるととも
に、入出荷・棚卸し作業の生産性を
高め、省人化や作業品質の向上を実
現する。
 さらに、廃棄ロスや機会ロスを最
小限にし、ニーズに合った新製品の
開発、店舗での新たな顧客アプロー
チを行うなど、次世代のマーケティン
グ手法も確立する。
 協業で日立物流は物流業務およ
び物流センター運営のノウハウを、
DNPはRFIDで取得したデータの利
活用を、東芝テックは、情報共有シ
ステムなど運用に関する知見を提供
する。
次世代物流サービス提供へ
DNPなどと協業RFIDデータ活用
日立物流
 大王製紙は、ホーム&パーソナル
ケア(H&PC)国内事業の成長を支
えるため、ハードとソフトの両面から
物流構造改革を進め、売り上げ・収
益拡大を強力にサポートする物流体
制を整える。
 H&PC主要生産工場の隣接地
(愛媛県四国中央市、岐阜県可児
市、静岡県富士宮市)で倉庫4棟
を借り上げて、大型物流センター
「エリエールロジスティクスセンター
(ELC)四国中央、中部可児、富士
北山、富士南陵」として4月〜7月
に順次稼働させる。
 また、生産設備を新設する川之江
工場をはじめ、10月には衛生用紙
の主要生産工場でパレット輸送を開始
し、フォークリフト荷役(機械荷役)
可能にする。
 輸送・荷役・保管を効率化するこ
とでトラック乗務員の作業負荷を軽減
するとともに、顧客に対する商品の
安定供給体制を一層強化する。
 同社はELCをH&PCの基幹物
流センターとして、全国の顧客へ生
産工場から大型車輌で直接納品でき
る物流体制を強化する。4棟はすべ
て地上2階建て、4棟合計で延べ
床面積17万4517平方メートル、
保管能力240万ケース。
基幹物流4センターを
稼働フォーク荷役も開始
大王製紙
 西濃運輸が昨年から工事を進めて
きた静岡支店(静岡市葵区)が完成
し、1日から営業を開始した。旧静
岡支店(同市清水区)は1951年に
静岡営業所として開設、2度の移転
を経て70年に移転してからはプラッ
トホームなどを増築しながら業務を
行ってきた。現在は静岡市をテリ
リーに営業拡大、昨今は施設狭隘が
課題となっていた。
 新支店は敷地面積約3万
6923.32平方メートル(旧支店
は約1万9113.04平方メート
ル)、ホーム141.50メートル
×40メートル、仕分け機、保
管庫(約8571平方メートル)を
備える。新東名高速道路新静岡
IC、国道1号線バイパスに隣接
し、地震による津波の影響がないこ
となど、今後の発展性を期待できる
好立地の土地が見つかったことから
支店を移転し、さらなる収益拡大と
CS向上・業務効率UPを図る。
3.7万㎡の敷地に
静岡支店を新築移転
西濃運輸

TheTRUCK2018年6月号75

The TRUCK News
Now
TheTRUCK2018年6月号76
 極東開発工業㈱は、このたび2車級プレス式ごみ収集車
「プレスパック」をモデルチェンジし、2018年5月22日に
発売した。
 新型車は、曲面を多用した美しく力強い洗練されたフォルム
とスタイリッシュなスタイルにさらなる一体感を与える専用設計
のLEDリヤコンビネーションランプを採用。今までの2t車級
ごみ収集車のイメージを一新し街の景観に優しく溶け込む外
観とした他、さらなる低騒音化の実現など機能も見直し、より
スムーズで効率的な作業を可能にしている。
 希望小売価格(消費税抜き)は、GB43-220(ボデー容積
4.3m3/2t車ベース)で400万円、GB59-230(ボデー
容積:5.9㎥/3.5t車ベース)が480万円。販売目標台数
は900台(2t車級・年間)となっている。
■2t車級新型「プレスパック」の特長
⑴従来のごみ収集車のイメージを一新する美しく力強い
フォルム
 今までの2t車級ごみ収集車のイージを一新する曲面を多
用した美しく力強い洗練されたフォルムを採用。街の景観に優
しく溶け込む新しいごみ収集車のカタチとなった。
⑵専用設計の..LEDランプで視認性が向上
 テールランプに専用設計のLEDリヤコンビネーションランプ
を採用。スタイリッシュなデザインにさらなる一体感を与えるほ
か、車両後方および側方からの視認性が向上し安全な収集
作業に貢献する。
⑶クラス最大級の投入口幅を確保
 2t車で1,440㎜、3.5t車で1,685㎜のクラス最大級の
投入口幅を確保。ワイドな投入口で効率的にごみの投入を行
ことが可能にした。
⑷一体型ワンタッチハンドルの採用などでインナースライ
ドカバーの操作性を向上
ごみ収集車…極東開発工業
話題のニュートラック新製品情報・新情報
美しいフォルムと高い機能性を備えてた
新型2t車級ごみ収集車をフルモデルチェンジし発売
スイッチランプにLEDを採用したキャブ内操作スイッチ
ボデーサイドパネルにプレス加工のサイドスチフナを標準装備
新型2t車級プレス式ごみ収集車「プレスパック」。ボデー容積4.3㎥の
GB43-220(上)とボデー容積5.9㎥のGB59-230(下)
2t車で1,440㎜、3.5t車
で1,685㎜のクラス最大級
の投入口幅を確保

TheTRUCK2018年6月号77
 新たに採用した一体型ワンタッチハンドルや、スライド機構
を最適化したインナースライドカバーを標準装備とし、スムーズ
な開閉操作を実現。
キャブ内操作スイッチの操作性と視認性が向上
キャブ内操作スイッチの形状を変更し、スイッチランプに
LEDを採用することで、操作性および視認性を向上させた。
⑹開閉式ポケットを設置
 テールゲートのサイドカバーに大容量の開閉式ポケットを装
備。作業に必要な用品の収納に便利で、走行時に内容物
が脱落するのを防止できる。
⑺サイドスチフナを標準装備
 ボデーサイドパネルにプレス加工のサイドスチフナを標準装
備。ボデー剛性の向上とデザイン性をアップし、さらに力強い
印象とした。
⑻油圧回路の変更で作業音を低減
 油圧回路を見直し、従来機に比べ、積込作業時の作業
音を低減。深夜・早朝の回収や住宅街での回収時に威力を
発揮する。
 新明和工業㈱は、脱着ボデートラッアームロールの車
両総重量7.5トン車対応新モデルを2018年5月22日に
発売し、ラインアップの強化を図った。
 脱着ボデートラックは、一般貨物のほか、廃棄物などを効
率的に収集・運搬するため、荷台であるコンテナの脱着機能
と、コンテナをチルトアップして積載物を排出する機能を備え
た車両である。
 新モデルは、市場に流通している標準的な4トン車用コン
テナを搭載することができる、小型ワイド車対応モデルであり、
特に2017年3月12日に新設された準中型免許に対応した
車両(車両総重量7.5トン車)に架装を行うことで、準中型免
許を取得した若手ドライバーが即乗車可能な車両である。ま
た、同じ小型ワイド車でも、従来(2007年6月2日以前)
普通免許に対応した車両(車両総重量8.0トン車)にも架装す
ることができ、より多く最大積載量での登録も可能となる。
 さらに新モデルでは、脱着ボデートラックを初めて操作する
ライバーに対応したオプショ『ビジュアルキャッチング・サポー
ト』を新たに設定することで、脱着ボデートラックの操作をより
簡単に行えるようにサポートすることが可能となった。この新オ
プションを装着することで、初心者ドライバーの早期戦力化が
図れることになる。
 なお、この車両は5月に東京ビッグサイトで開催された
「2018NEW環境展」に出展し、廃棄物収集の高効率化
に貢献する本モデルの実車展示を行った。
 脱着ボデートラックの国内トップメーカーである同社は、今
後も独自の技術により、新たな機能を付加した新モデルを市
場投入することで、ユーザーにとってより価値のある製品の提
供に努めていくしている。
■脱着ボデートラックの主な特長
⑴若手ドライバーの戦力化をサポート
 小型ワイド車(車両総重量7.5トン車)に架装することで、
準中型免許を取得した若手ドライバーの即乗車が可能。
脱着ボデー…新明和工業
話題のニュートラック新製品情報・新情報
準中型免許に対応し若手ドライバー採用を促進
7.5トン車対応の脱着ボデートラック新モデルを発売
「2018NEW環境展」に出展され注目された7.5トン車対応のアームロール車両総重量7.5トン車対応の脱着ボデートラックアームロール新モデル

The TRUCK News
Now
TheTRUCK2018年6月号78
最大積載量の向上
 小型ワイド車に架装することで、本格4トン車級に比べ、
最大積載量の増加(+100㎏以上)が可能。
⑶市場に流通している標準的な4トン車用コンテナの搭
載が可能
 標準的な4トン車用コンテナを搭載することができるため、
専用コンテナを導入するコストが不要。
⑷初心者のための新オプション『ビジュアルキャッチング・
サポート』
 脱着ボデートラックの操作をサポートする専用のナビ画面を
新開発。車両に装着した4つのカメラからの映像を運転席
の7インチモニターに集約し、操作する際の“コツ”をガイ
線として表示することで、初心者ドライバーの早期戦力化をサ
ポート。
■主要諸元と価格
・適用シャシ:小型ワイド車(GVW7.5〜8.0トン車級)
・ホイールベース長:約3.4m
・コンテナ脱着時間:約22秒(離脱)/約16秒(装着)
・引上時コンテナ角度:約28度
・チルト時間:約20秒(上げ)/約15秒(下げ)
・チルト角度:約47度
・作業時全高:コンテナ引上時約3,060㎜/チルト時
約4,250㎜
・コンテナ離脱時全長:約10,150m
◇販売価格(除くシャシ)2,360千円(標準仕様、消費税抜き)
◇販売目標:50台(2018年度)
◇主な用途:廃棄物の収集・運搬等
 いすゞ自動車㈱は、小型トラック「エルフ」の一部車型を改
良し、2018年5月22より全国一斉に発売した。
 すぐれた燃費性能と走行性能で、17年連続販売台数
No.1を誇るいすゞの小型トラッ「エルフ」。2018年3月に
改良し発売した車両総重量7.5トンを超える車型について、
高馬力帯エンジン搭載車型を新たに追加した。これにより、
ユーザーからのより幅広いニーズに応えることになる。
■主な特長
 4JZ1エンジン馬力展開の拡大既存の4JZ1-TCS(最
高出力150PS)に加え、新たに4JZ1-TCH(最高出力
175PS)を展開(ワイドキャブのMTのみ)。後処理装置と
てDPD+尿素SCRを採用したことにより、平成28年度排
車型追加…いすゞ自動車
話題のニュートラック新製品情報・新情報
高馬力帯エンジン搭載車型を新規展開
いすゞ小型トラック「エルフ」に車型を追加
出ガス規制に適合しながら高い燃費性能を発揮。また平成
27年度燃費基準を過達しており、エコカー減税の対象となる
(平成27年度燃費基準+10%を達成。取得税と重量税
が75%に減税)。
■価格と販売台数
 東京地区希望小売価格(消費税込)は、車型2RG-
NPR88YN、主な仕様①平成28年排出ガス規制適合、②
平成27年度燃費基準+10%達成、③ワイドキャブ超ロン
グホイールベース、④フルフラットロー4.6トン積・木製平ボ
ディ、⑤SGグレード、4JZ1-TCHエンジン129kw(175PS)・
6速MTで5,857,920円。目標販売台数は、44,000台
/年(エルフ全体)としている。
17年連続販売台数No.1を誇るいすゞの小型トラック「エルフ」
17年連続販売台数No.1を誇るいすゞ「エルフ」

TheTRUCK2018年6月号79
 日産自動車㈱は2018年5月22日、
「NT100クリッパー」の一部を仕様向上し、
全国一斉に発売した。
 2013年にフルモデルチェンジした「NT100
クリッパー」は、高い燃費性能と抜群の使い
勝手から、ビジネスを強力にサポートする軽トラッ
ク。低コストに貢献する19.8㎞/Lの燃費性
能と、軽快な取り回し性。踏み間違い衝突防
止アシストの新採用、SRSエアバッグ〈運転
席・助手席〉とABSの標準装備により、さ
に高められた安全性。そして、作業のしやすさ
を徹底的に追求した荷台と、ゆとりあるキャビ
ンスペース。積み降ろしと運びのための機能・性能を磨きぬ
いたことで、仕事に自信がわくクルマとしてユーザーから高い
好評を得ている。。
 今回の仕様向上では、「GX」グレードに、アクセルペダルと
ブレーキペダルの踏み間違いによる衝突防止を支援する「踏
み間違い衝突防止アシスト」を標準装備し、安全性を向上さ
せている。なお、「NT100クリッパー」は、スズキ㈱のOEM
供給車である。
軽トラ仕様向上…日産
話題のニュートラック新製品情報・新情報
踏み間違い衝突防止アシストの標準装備で
「NT100クリッパー」の安全性をさらに向上
 TOYOTAは、タウンエースならびにライトエースの一部を改
良し、タウンエースは全国のトヨタカローラ店、ライトエースは
全国のネッツ店を通じて、2018年6月7日に発売する。
 今回の一部改良では、盗難防止システム(イモビライザーシ
ステム)を全車に標準装備し、防犯性に一層配慮した。あわ
せて、TECS(メーカー完成特装車)についても、ベース車と同
改良…TOYOTA
話題のニュートラック新製品情報・新情報
タウンエースとライトエースの一部を改良
盗難防止システムを全車に標準装備
「NT100クッパー」は踏み間違い衝突防止アシスを新採用した
ビジネスを強力にサポートする軽トラック「NT100クッパー」
使いやすさを追求したコンパクトなボディのタウンエーストラック荷物の積み降ろしがスムーズに行えるタウンエースバン

The TRUCK News
Now
TheTRUCK2018年6月号80
様の改良を施している。
 タウンエース・ライトエースバンは、たっぷり積める広い荷室
とゆとりあるキャビンにより、荷物の積み降ろしがスムーズに行
え、乗り降りも楽。入り組んだ住宅地の道から高速道路も軽
快に走行できる。エンジンは、クリーンでエコロジーを追
求し、安全装備も充実させている。ユーザーの希望を
詰め込んだ乗って快適、毎日の仕事に役立つクルマで
ある。
 タウンエース・ライトエーストラックは、使いやすさ
追求したコンパクトなボディと、安定した走りを実現する
4隅にレイアウトされたタイヤ、さらに広々としたデッキス
ペースは高い積載能力を可能にしている。
 タウンエース・ライトエース特装車(TECS)のパワー
リフト車は、背高物の積荷でも横揺れが少ない垂直昇
降式を採用し荷役作業をしっかりサポート。効率的な
輸送をを実現する。最大積載量は650〜700㎏で、
リフト能力は400㎏となっている。
 タウンエース、ライトエースのバン、トラック、TECS
のメーカー希望小売価格(消費税込み)は次の通りと
なっている。
◇バンDX・定員2/5名・3SZ-VE(1.5L)
エンジン
・2WD(FR)5速マニュアル…1,578,960円
・2WD(FR)4速オートマチック…1,666,440円
・4WD5速マニュアル…1,865,160円
・4WD4速オートマチック…1,952,640円
◇バンGL・定員2/5名・3SZ-VE(1.5L)
 エンジン
・2WD(FR)5速マニュアル…1,732,320円
・2WD(FR)4速オートマチック…1,819,800円
・4WD5速マニュアル…2,009,880円
・4WD4速オートマチック…2,097,360円
◇トラックDX・定員2名・3SZ-VE(1.5L)
 エンジン
・2WD(FR)5速マニュアル…1,439,640円
・2WD(FR)4速オートマチック…1,526,040円
・4WD5速マニュアル…1,689,120円
・4WD4速オートマチック…1,775,520円
◇トラックDX“Xエディション”・定員2名・
 3SZ-VE(1.5L)エンジン
・2WD(FR)5速マニュアル…1,547,640円
・2WD(FR)4速オートマチック…1,634,040円
・4WD5速マニュアル…1,797,120円
  ・4WD4速オートマチック…1,883,520円
◇パワーリフト車(ベースグレードDX)
・2WD(FR)5速マニュアル…1,871,640円
・4WD5速マニュアル…2,121,120円
タウンエース・ライトエース特装車(TECS)のパワーリト車
TOYOTA-ライトエーストラクDX“Xエディション”(2WD・5速マニュアル)
TOYOTA-タウンエースバンGL(2WD・4速オートマチック)

TheTRUCK2018年6月号81
 TOYOTAはピクシストラックを一部改良し、全国のトヨタ
カローラ店、ネッツ店および、軽自動車市場比率の高い地
域で取扱希望のあった一部トヨタ店、トヨペット店を通じて、
2018年6月1日に発売した。
 今回の一部改良では、衝突回避支援システム「スマー
アシストⅢt」を新たに搭載。さらに、「スマートアシストⅢt」
載車には、コーナリング時における車両安定性の確保や、
発進・加速時のタイヤの空転を抑えてアクセル操作を容易
にするVSC(VehicleStabilityControl)&TRC(Traction
Control)をはじめ、走行中に強くブレーキを踏んだ場合、同
時にハザードランプが点灯するエマージェンシーストップシグナ
ル、登り坂でブレーキからアクセルに踏み替える際、クルマの
後退軽減に貢献するヒルホールドシステムなどを装備し、安全
性や利便性を充実させた。
 また、メーカーパックオプションとして、LEDヘッドランプ、
LEDフォグランプ、ッキフロントグリルを装備した「LEDパック」
を新設定。LEDの明るい光が、夜間の運転をサポートする。
らに、フロントウイドゥに、「選べるカラーパック」IR&UVカッ
軽トラ改良…TOYOTA
話題のニュートラック新製品情報・新情報
スマートアシストⅢt搭載で安全装備を充実
ピクシストラックを一部改良
ト機能を、「ビューティパック」は、トップシェイド機能を追加し、
快適性を高めまている。
 代表車型のメーカー希望小売価格(消費税込み)は、2人
乗り、KF660㏄エンジン搭載の「エアコン・パワステレス」
2WD・5MTで680,400円、「スタンダード」2WD・5MT
で831,600円、「SAⅢt」2WD・4ATで982,800円、「農
用スペシャル」4WD・5MTで1,009,800円、「エクストラ“SA
Ⅲt”」4WD・5MTで1,177,200円、となっている。
 ㈱タダノは、このたびオールテレーンクレーン「ATF-
新型クレーン…タダノ
話題のニュートラック新製品情報・新情報
環境性能と安全性の追求、作業性向上を図った
新型オールテレーンクレーン2機種を発売
220N-5.1」「ATF-200N-5.1」の2モデルを発売した。最大
安全装備を充実した「ピクシストラク」エクストラ“SAⅢt”(4WD・5MT)
タダノ新型オールテレーンクレーン。最大吊上げ荷重220tのATF-220N-5.1(左)と最大吊上げ荷重200tのATF-200N-5.1(右)

The TRUCK News
Now
TheTRUCK2018年6月号82
吊上げ荷重は、ATF-220N-5.1が220t、ATF-200N-5.1
が200tとなる。
 欧州排ガス規制EUROMOT4対応エンジンを搭載し、ユー
ザーからの要望が高い、性能の向上や、ジブ仕様の追加、
公道走行のための分解搬送性を見直し、さらなる安全性の追
求と作業性の向上などを図った新モデルで、オールテレーンク
レーンATFシリーズは、世界戦略機種として全世界への供
給を目的とし、タダノとタダノファウン社(タダノ100%子会社:
ドイツ)が共同開発したもの。
 標準仕様の価格(税別)は、ATF-220N-5.1が3億円、
ATF-200N-5.1が2億7千万円(装備等により価格は異な
る)で、販売見込台数は年間20台(2機種合計)としている。
 なお、EUROMOT4(ユーロモト4)は、現在世界中
で実施されている排ガス規制のうち、もっとも厳しい排ガ
ス規制のひとつである。
■主な特長
⑴200t吊り新型モデル登場
 最大吊上げ荷重200t吊りオールテレーンクレーン
ATF-200N-5.1を新開発。同社オールテレーンクレー
ンのラインナップにおいて、新たな性能領域を拡張。ま
た、ATF-220N-5.1も従来機から評価が高い7段ロン
グブームを踏襲し、らに吊り上げ能力も向上させている。
⑵油圧チルトジブ仕様を追加
 新たに「油圧チルトジブ(HLJ)」を追加。これにより最
大34.9mのジブが装着を実現し、懐の深い高揚程作
業を可能とした。また、従来の「フルオートラフィングジブ
(FLJ)」仕様も選択可能で、さらに着脱作業性も改善。
ユーザーの多様な作業ニーズに対応できる。
 ちなみに、油圧チルトジブ(HLJ)
は、油圧シリンダによって、無段
階にオフセット角度を変えられるタイ
プのジブ。フルオートラフィングジ
ブは、ジブの伸縮およびオフセッ
角度の操作を、それぞれ油圧シリ
ンダで行うタイプのジブ。
⑶作業準備用ラジコンを標準装
 周囲の状況を確認しながら、
安全で効率的に作業準備や格納
作業が行える作業準備用ラジコン
を、同社オールテレーンクレーンと
しては初採用。手元のラジコン
作で、ジブ着脱作業や、フックの
取出・格納作業など、作業準備時間も短縮できる。
⑷分解搬送性の改善
 搬送時のブーム着脱作業性の向上のため、公道走行状態
を起伏シリンダ付に変更。さらにブーム伸縮用ホースの着脱
や配線の接続も見直し、着脱作業の効率化も図った。
⑸新型キャリヤ・キャブを採用
 新デザインのキャリヤ・キャブを採用。操作性を向上させる
大型ディスプレイによるコントロールシステムなど装備類も一
新。さらに運転席(左ハンドル)からは確認しづらいキャリヤ前
方右側をカバーするカメラを新装備し、キャビン内のディスプレ
イで確認できるなど、視認性と安全性を向上させている。また、
新採用の運転シートは、ドライバーの体型に合わせた各種ア
新型オールテレーンクレーンの公道走行状態(ATF-220N-5.1)

TheTRUCK2018年6月号83
ジャスタ機能を装備し、長時間運転でも疲れにくく、安定した
走行をサポートする。
⑹環境に配慮した新エンジンを搭載
 EU圏内統一排出ガス規制EUROMOT4に対応したクリー
ンでパワフルなベンツ社製エンジンを、クレーン部、キャリヤ
部双方に搭載。従来機種と同等のパワーを維持し、環境に
優しいモデルとなっている。さらに、低騒音型建設機械指定
も取得し、市街地での作業現場にも配慮させている。
⑺「HELLO-NET」を標準装備
 テレマティクスWeb情報サービス「HELLO-NET」を標準
装備。「HELLO-NET」は携帯通信によるクレーンの稼働状
況の掌握と、GPSによる位置情報確認、さらに保守管理の
ための情報をウェブサイトでサポート。使用製品の情報をユー
ザーと共有し、一歩進んだサポート・サービスを提供できる。
 マツダ㈱は、軽自動車「マツダフレアワゴン」をベースにし
た、車いす移動車を全面改良し、全国のマツダ販売店を通じ
て発売した。
 新型「フレアワゴン車いす移動車」は、広い室内空間、
使いやすさ、優れた環境・安全性能を兼ね備えた「フレアワゴ
ン」をベースに、ゆったりした車いす乗車スペースと、段差
車いす移動車…マツダ
話題のニュートラック新製品情報・新情報
車いすでのスムーズな乗り降りと先進安全技術採用の
新型「マツダフレアワゴン車いす移動車」を発売
のない1枚スロープによって車いすでのスムーズな乗降を実
現させている。また、前進時の衝突回避・被害軽減を支援
する「デュアルセンサーブレーキサポート」「車線逸脱警報機
能」など先進安全技術を標準装備。経済産業省や国土交通
省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」「サポ
カーS・ワイド」に該当している。
 なお、安全運転サポート車(略称:サポカー)は、
高齢運転者を含めたすべての自動車運転者による交
通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、
自動ブレーキなどの先進安全技術を活用した一定の
運転支援機能を備えたクルマで、サポカーS・ワイ
ドは、安全運転サポート車のうち、ペダル踏み間違
い時加速抑制装置などを搭載することで特に高齢運
転者に推奨される区分となり、自動ブレーキ(対歩行
者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸
脱警報、先進ライトを装備したクルマとなる。
■新型「フレアワゴン車いす移動車」の概要
⑴安心・安全な運転をサポートする、充実した安
全装備
先進安全技術「デュアルセンサーブレーキサポート」
「誤発進抑制機能(前進時)」、「ハイビームアシス
機能」「車線逸脱警報機能」を標準装備「サポカー
S・ワイド」に該当)。
・ベンチレーテッドディスクブレーキ(フロント)の採用に
より、制動力を向上。
⑵ゆったりとした車いす乗車スペース
低床設計による、ゆとりある頭上や足元・後方空
間を実現した、ゆったりした車いすスペースを確保。
・折りたたみ式のリアシートの採用により、4名乗車
軽自動車「マツダフレアワゴン」をベースにした車いす移動車

The TRUCK News
Now
TheTRUCK2018年6月号84
(車いす乗車なし)でもベース車同等の後席スペースを確保
(HYBRIDXGリアシート付車)。
⑶介助者の負担を大幅に軽減する乗降性
・操作が容易なテールゲート一体型スロープを採用。開閉の
負担を軽減するとともに、段差のない1枚スロープにより乗
降時の振動も軽減するほか、スベリ止め(ノンスリップシート)
採用で雨の日の乗降にも配慮。
開口高1,410㎜、開口幅(最大)1,030㎜の大きく広いバッ
クドア開口部、250㎜の低い開口地上高と低床設計により、
突出長860㎜で角度14度のスロープを実現。
・電動ウインチと、ワイヤレスリモコンを全車に標準装備。電
動ウインチはベルトを素早く引き出せるフリーモード付とし、介
助者の負担を軽減。
⑷車いすで乗車される方も安心な室内設計
・車いす乗員向けに3点式セパレートシートベルトと、最適レ
イアウした手すりを標準装備。
・車いす固定ベルトは最適角度で車いすをしっかり4点固定
し、走行時の安定感を実現
・緩やかな4度の乗車姿勢角(車いすの傾き)により、ベース
車と同様の楽な乗車姿勢を確保。
⑸ボディカラー
「シルキーシルバーメタリック」「ピュアホワイトパール(特別塗
装色)の全2色を設定。
■「フレアワゴン車いす移動車」のメーカー希望小売価格
・型式HYBRIDXG(専用ベース車)リアシート無、2WD・
660㏄、DOHC・VVT(マイルドハイブリッド)CVTで
1,565,000円、リアシート付で1,600,000円。なお、新型「フ
レアワゴン車いす移動車」は消費税非課税となる。
 日野自動車㈱は、ドライバーの急病等の異常発生時の車
両停止を支援する「ドライバー異常時対応システム(EDSS:
EmergencyDrivingStopSystem)」を開発した。
 日野は、『交通事故死傷者ゼロ』に積極的に貢献していく」
異常時対応システム…日野自動車
話題のニュートラック新製品情報・新情報
商用車で世界初のドライバー異常時対応システムを開発
今夏、日野セレガに搭載し発売予定
という方針に基づき、安全技術開発に取り組んでいる。近年、
ドライバーの健康状態が急変したことによる事故が複数発生
しており、この対策となる技術の開発も進めていた。
ドライバーの急病等を原因とする事故では、車両がコン
ロールを失ったまま走行を続け、反対車線へ
の逸脱やガードレール等への衝突といった二
次被害が発生する可能性がある。被害を最
小限にとどめるためには、異常発生後に一刻
も早く車両を停止させることが有効で、ユー
ザーからも「万一の際に車両を緊急停止させ
る機能がほしい」という声が多く寄せられてい
た。商用車メーカーの社会的責務として事故
防止に貢献できる技術をいち早く世に出すべ
という考えから、このたび非常ブレーキスイ
チで車両を止める方式のドライバー異常時対
応システムを実用化した。今夏、大型観光バ
「日野セレガ」に標準装備し、商用車として
運転席の非常ブレーキスイッチ
段差のない1枚スロープ採用で車いすでの乗降はスムーズ

TheTRUCK2018年6月号85
 UDトラックス㈱は、スマートロジスティクス実現へ向け、次
世代技術ロードマップ「Fujin&Raijin(風神雷神)―ビジョ
ン2030」を発表した。
 ロードマップは深刻化する社会や物流業界の課題解決に
貢献するため、次世代技術の要である自動化と電動化分野
に主眼を置き、大型トラックの特定用途での自動運転や電動
駆動における様々なソリューションを提供する
2030年までの取り組みを示すもの。創業以
来、一貫して追求する「時世が求める商品・
サービスを提供する」という同社のビジョンのも
と、2020年にかけて特定用途での実用化
し、これをベースに2030年に向けて完全自
動運転および大型フル電動トラックの量産化
を実現する計画だ。UDトラックスはこのロー
ドマップに沿ってユーザーと共に一歩一歩前
進していくしている。
次世代技術…UDトラックス
話題のニュートラック新製品情報・新情報
自動運転と電動化でスマートロジスティクスを実現
次世代技術ロードマップ「Fujin&Raijin」を発表
 電子商取引の増大による小口配送の需要は2030年まで
に14年比で50%増えると予想される一方で、排出ガス問
題やドライバー不足が深刻化している。こした課題を解決し
ユーザーが求めるトラックを提供するためには、自動運転と電
動化の技術革新がカギになるとUDトラックスは考えている。
 UDトラックスのヨアキム・ローゼンバーグ会長は2018年
世界で初めて商品化する予定だ。
 今後も引き続き機能向上に向けて開発を進め、さらなる安
全の追求のために取り組んでいくしている。
■主な機能
 急病等でドライバーが運転操作の継続が困難となった場
合に、ドライバー自身や添乗員が運転席の非常ブレーキスイ
チを押すか、もしくは乗客が客席上部に設置
されたスイッチを押すことで、制動を開始し、
徐々に速度を落とし停止する。このとき、車
内では非常ブザーが鳴るともに、スイッチに
内蔵されたランプが点灯、赤色フラッシャーが
点滅して、緊急停止することを乗客に伝達。
また、周囲に対しては、ホーンを鳴らし、ストッ
プランプとハザードランプを点滅させ異常を知
らせる。
ゼロエミション大型トラクの実現も「Fujin&Raijin(風神雷神)―ビジョン2030」のひとつである
客席の非常ブレーキスイッチは左右の最前列上部に設置
緊急停止するこを乗客に伝達する赤色フラシャー

The TRUCK News
Now
TheTRUCK2018年6月号86
4月23日、在日スウェーデン大使館で開催したロードマップ
発表会で、「当社のビジョンである時世が求める商品・サービ
スを提供するため、私たちはいつの時代も独自のアプローチ
で取り組んできました。そして今、将来を見据え、世界は生
産性・効率性の高い物流―スマートロジスティクス―を必要と
していると確信しています」と強調した。
 UDトラックスの次世代技術ロードマップにおける自動化
の取り組みは、モノを動かす力を象徴する風の神「風神」
また電動化の取り組みは電気エネルギーの力を象徴する雷
の神「雷神」から着想を得ている。UDトラックスの「Fujin&
Raijin(風神雷神)―ビジョン2030」では自動化と電動化を
軸に、コネクティビティ(つながるトラック)とデジタル化の進化
を通して、輸送をよりスマートにするための取り組みを示すと
ている。
■自動運転
 自動運転は生産性、安全性、燃料・燃費効率において
物流企業と社会に直接的な貢献でき、物流業界に大きな変
化をもたらす。UDトラックスは現在、工場の構内や港湾など
の一定区域での安全な低速自動運転技術を開発している。
また、高速道路での自動運転や協調型車間距離維持支援シ
ステム(CACC)によるトラックの隊列走行技術、そして長期
的にはこれらをさらに進化させた一般道での高度自動運転の
開発を進めている。
■電動化
 UDトラックスは環境負荷軽減への絶え間ない努力の一環
して現在、エネルギー効率や積載量、航続距離、静粛性
を最大限に確保したゼロエミション大型トラックの実現に向
けた技術開発に取り組んでいる。バッテリー技術が進化する
中、UDトラックスはバッテリー型電動トラック、パラレルやシリー
ズ型電動トラックなどの実験を行っている。
■コネクティビティとデジタル化
 デジタル化をベースとしたコネクティビティは自動運転と電動
化を推進する技術である。UDトラックスは、日本国内で販売
する車両に搭載したテレマティクスシステム「UDインフォメー
ションサービス」を通じ、約4万5000台の車両から収集した
データを解析し、車両の稼働率向上に貢献している。また、
ユーザの運転状況から収集したデータを、より安全で信頼性
の高いトラックの開発に役立てている。
 UDトラックスのダグラス・ナカノ開発部門統括責任者は
「2017年の新型クオンの発売を機に、スマートロジスティ
スの未来をひらという信念のもと着実に前進しています。今
回発表したUDトラックスの次世代技術ロードマップは物流
業界と社会に大きく貢献できると確信しています。世界中の
お客様に当社のソリューションや利点を理解していただくこと
が、最終的には皆さまの暮らしに役立てると信じています」
抱負を語っている。
 2018年以内に自動運転と大型電動トラックのプロトタイプ
を実証し、東京モーターショーが開催される2019年までに
ユーザーと共に実証運行を実施。そこから得た知見を開発に
反映し2020年までに特定用途での実用化を行う予定だ。
これらを基盤にUDトラックスは2030年までに、完全自動
運転と大型フル電動トラックの量産化を目指すことになる。
トヨタ自動車の子会社で、米国で人工知能等の研究開発
を行うToyotaResearchInstitute,Inc.(TRI)は、自動運
転開発用の新たな施設の建設を行う。TRIは、ミシガン州・
オタワレイク市にあるミシガン・テクニカル・リソース・パーク
(MITRP)内の60エーカー(約24万㎡)の土地に新たなテ
ト施設をつくる建設許可を提出し、2018年10月には使用
を開始する予定だ。TRIはこの施設を専有で使用し、公道
上では危険が伴うエッジケース(特異な状況下で発生する事
例)の運転シナリオを、安全な環境で再現し、テストを行う計
画となっている。
テスト施設…トヨタ
話題のニュートラック新製品情報・新情報
米TRIが既存テストコース内に新たな施設を建設
公道上では実施困難なエッジケースのテストを実施
自動運転開発用テスト施設の建設用地(楕円形のコース内)

TheTRUCK2018年6月号87
 TRIの自動運転技術担当であるライアン・ユースティス上
級副社長は、「我々自身の手でコースを建設することで、特に
ガーディアン・モードに対する試験が容易となり、より迅速な
車両性能開発に繋がるでしょう。新施設では、様々な運転シ
ナリオを柔軟に再現するテストが出来るようになり、人間が主
体的に運転しつつ、事故を起こさないクルマづくりに、より一
歩近づくことになります」と語っている。
 このTRIの新施設は、MITRPの既存の1.75マイル(約
2.8㎞)の楕円形テストコースの中に建設される。新施設に
は、混雑した都会の交通状況や、滑りやすい路面、入口・
出口のある、片側4車線の高速道路などを模擬する施設が含
まれる。
 TRIはMITRPと土地のリース契約を結び、新施設の設
計、建設、メンテナンスなどを行う。TRIは今回の新施設以
外に、MITRPが所有・管理する他のクライアントにも提供さ
れている既存の楕円形コースやその他の施設の使用と、サー
ビスを受けることも可能になる。また、TRIはカリフォルニア州
のGoMentumStation、ミシガン州のMcityやAmerican
CenterforMobilityとパートナーシップを結んでおり、TRIは
これらの施設に加え、今回の新施設を活用することで、公道
外でのテストをより広範に行えるようになる。
 MITRPのMikeJonesプレジデント氏は、「今回のTRIと
のパートナーシップは大変意義深いものであり、自動運転技
術開発に成功をもたらすと確信しています」と述べた。
 MITRPはミシガン州ホワイトフォード郡区のオタワレイク市に
1968年に大手部品メーカーのテストコースとして設立された。
この336エーカー(約136万㎡)の研究施設は、その後2010
年に不動産開発会社に売却され、現在では乗用車・商用車・
公道外で使用する特殊自動車や部品サプライヤーのテストや先
進技術開発のためのテストコースして使用されている。
トヨタ自動車㈱は、燃料電池自動車(FCV)の普及に向
け、2020年頃以降グローバルで年間3万台以上の販売を
目指している。現状年間3,000台レベルからひと桁増となる
生産レベルに対応するために、FCVの基幹ユニットとなる燃
料電池スタック(FCスタック)と燃料の水素を貯蔵する高圧水
素タンクの生産設備を拡充する。
 また、トヨタはグローバルでのFCV販売拡大のために、海
外での販売国・地域を拡大、日本では、現在の4大都市圏
中心からさらに対象地域を拡げていくことを検討している。
⑴生産設備の拡充
 FCスタック生産設備は、愛知県豊田市の本社工場敷地
内に新たな建屋を建設、高圧水素タンクは、愛知県みよし市
の下山工場内に専用ラインを新設する。
 今回、生産設備を拡充する背景は、2020年代からの
FCVのラインアップ強化による販売増に加え、2017年2
月より東京都に販売を開始した燃料電池バス(FCバス)や、
㈱豊田自動織機が2016年秋より販売を開始した燃料電池
フォークリフトなどFCスタック・FCセルや高圧水素タンクの
活用が拡がり、供給を十分に支えられる生産能力を備える必
要があるためとしている。
水素生産設備…トヨタ
話題のニュートラック新製品情報・新情報
2020年頃以降のFCV販売拡大に向け
燃料電池スタックと高圧水素タンク生産設備を拡充
本社工場敷地内に建設中のFCスタク生産用建屋(外観)FCV「MIRAI」(左)と現在米国でテスト走行中の燃料電池トラック(右)

The TRUCK News
Now
TheTRUCK2018年6月号88
 また、今回新設する設備は、2015年10月に公表した「ト
ヨタ環境チャレンジ2050」の中で掲げた「工場CO
ゼロチャ
ンジ」に向けた取り組みの一環として、生産段階でのCO
出量の徹底した削減を目指した設備とする予定となっている。
 今後、2020年頃から稼働開始を目指し、設備の詳細を
詰めていくしている。
 設備の概要としては、①生産設備…FCスタク生産用建
屋・高圧水素タンク専用ライン、②所在地…本社工場敷地
(下山工場第3工場内)に新設、③生産品目…FCスタッ
ク、高圧水素タンク、④面積…約7.0万㎡(8階建て・延床)
約1.5万㎡、となっている。
⑵FCVの販売国・地域拡大
 トヨタは、FCV「MIRAI」を、2014年12月に日本で発
売、2015年秋からは米国・欧州でも発売し、年間の生産
は、2015年は約700台、2016年は約2,000台、そし
て2017年以降は約3,000台と、年々増加させている。そ
して、将来のFCV普及のためには、2020年代には本格
的な普及期に入ることが必要だと考え、2020年頃以降、
MIRAI等のFCVやFCバスなどの販売は、グローバルで年
間3万台以上を目指している。
 現在、MIRAIは、日本・米国・欧州9ヵ国、計11ヵ国
で販売している。さらに、オーストラリア・カナダ・中国・アラ
ブ首長国連邦(UAE)でMIRAIの走行実証を行い、FCVの
需要性把握や水素ステーション整備促進に向けた取り組みに
協力するなど、将来のFCV販売国・地域の拡大に向けた
環境整備を進めている。
 また日本では、2020年頃以降は少なくとも月に1,000台
レベル、年間では1万数千台程度の販売を目指しており、
販売地域は、現在の4大都市圏中心からさらに対象を拡げ、
より多くの顧客に対してFCVの拡販を行っていく考えだ。
FCバスは、東京都に2017年2月に2台、2018年3月
に3台販売し、2020年の東京オリンピック・パラリンピッ
に向けて、100台以上の販売を目指している。
 今後もトヨタは、FCV・FCバスの商品力強化はもとより、
トヨタグループ各社との連携を進め、水素供給インフラ整備
への協力、低炭素水素の供給・利用サプライチェーン構築な
ど、様々な活動に積極的に取り組み、「水素社会」の実現に
貢献しいく計画である。
 日野自動車㈱は、新型「日野プロフィア」「日野レンジャー
および17年度に改良を加えて発売した大型観光バス「日野
セレガ」に搭載された通信端末を通じて、ICTを活用したユー
ザー向けサービス「HINOCONNECT」の提供を2018年4
月20日から開始した。日野は、17年度にモデルチェンジし
た新型「日野プロフィア」「日野レンジャーおよび改良を加え
て発売した「日野セレガ」に、トータルサポート強化の一環と
て、ICTサービス用の通信端末を搭載。以降、緊急時の車
両位置特定・車両状況把握や予防整備提案のための販売
会社向け情報提供から運用を始めるともに、ユーザー向け
サービスの運用開始に向けたシステム開発を進めていた。
 今回提供を開始した新サービス「HINO CONNECT」
は、ユーザーと日野をつなぐ新たなコミュニケーションツールと
して、各種ユーザー向け通知機能やウェブ閲覧機能を備え、
万一のトラブル発生時の迅速な対応につなげ、ユーザーの車
両のアップタイム最大化を支援と省燃費運転サポート機能を
強化する。今後、さらにユーザーニーズを捉えながら、順次
機能の拡充を進めていく計画となっている。
 日野は、良い商品の提供だけでなく、ユーザー車両の稼働
を支えるためのトータルサポートを強化しており、その一環と
て、ICTの活用を通じて、車両1台1台の使われ方に合わ
せたトータルサポートを目指している。すでに運用を始めている
全国販売会社と一体となった予防整備提案に加え、今回開
始した新サービス「HINOCONNECT」の展開を通じて、ユー
ユーザーサービス…日野自動車
話題のニュートラック新製品情報・新情報
ICTを活用したユーザー向けサービス
「HINOCONNECT」の提供を開始
2020年の東京オリパラに向け100台以上の販売を目指すFCバス

TheTRUCK2018年6月号89
ザーのビジネスをより強力にサポーしていくしている。
■HINOCONNECTのイメージ図
■HINO CONNECT 各機能の概要
⑴安全装置作動通知機能
 従来はドライバーへの警報のみだった、PCS(PreCrash
Safety)・ドライバーモニターの作動状況をユーザー(運行管
理者)へメールで知らせる。
⑵エコツリーレポートのウェブ閲覧機能
 省燃費運転サポートのためのツールであるエコツリーレポー
ト。従来は販売会社が提供していたレポートがユーザーから
閲覧(燃費情報に特化した、直近1ヶ月分のデータに基づく
レポート)できるようになった。
⑶緊急時車両位置のウェブ閲覧
 保有車両1台ずつの現在地をユーザーがウェブ上で確認
できる機能。トラブル発生時など緊急時における初動対応に
貢献する。
⑷車両状態通知機能
 従来はドライバーへの警報のみだった、車両に発生した異
常情報をユーザー (運行管理者へ知らせる。
 三菱ふそトラック・バス㈱(MFTBC)は、マレーシアの現
地販売代理店契約を現代理店であるメルセデス・ベンツ・マ
レーシア(MBM社)に代えて、ハップセン・トラックス・ディ
トリビューション社(HSTD社)を認定したことを発表した。
 調印式は2018年4月25日、マレーシアのクアラルンプー
ルにて執り行なわれ、MFTBCからはダイムラー商用車部門で
東南アジア事業を行なダイムラーコマーシャル・ビークルズ・
東南アジア社のトーマス・ヒルゼ最高経営責任者、HSTD社
マレーシア展開…三菱ふそ
話題のニュートラック新製品情報・新情報
乗用車と商用車を分離する顧客第一戦略の一環として
マレーシアのHSTD社と販売代理店契約を締結
ユーザー向けサービス「HINOCONNECT」のホームページ
マレーシアでFUSOブランドの販売強化を実施する(参考写真)

The TRUCK News
Now
TheTRUCK2018年6月号90
 いすゞ自動車㈱は、インドネシアにおいてキャブオーバー型
軽量トラッ(GVW3.0トン)「TRAGA」(イドネシア向けペッ
ネーム)を新規投入し、2018年4月23日より発売を開始した。
 いすゞは、世界各国のユーザーのニーズに合った商品・サー
ビスを提供するため、グローバルものづくり体制の構築を進
めている。今回発売する「TRAGA」は、日本と新興国向け
ラック開発統括会社であるIsuzuGlobalCVEngineering
Center(IGCE)が共同で開発を進め、イドネシアの生産拠
からはローランド・シュナイダー取締役社長が出席した。
 MFTBCのトーマス・ヒルゼ東南アジア社最高経営責任者
は、「東南アジアはFUSOにとって重要地域のひとつであり、
わが社はマレーシアのお客様へ、他社より優れた製品とサー
ビスを提供することに全力で取り組んでいます。お客様第一
主義を次の段階に進めるための力となる現地企業を探すこと
は、ごく自然な流れでした。わが社はHSTD社という商用車
事業で数多くの経験を持つ頼もしいパートナーとの協業にいた
りました」と語っている。
 また、HSTDのローランド・シュナイダー取締役社長は、
「HSTD社が当地マレーシアで非常に優れたFUSO製品
の新たな販売代理店になると発表できることを誇りに思いま
す。商用車事業で40年以上に及ぶ経験を持つ地元に根ざ
した企業として、わが社は多くのお客様と信頼関係に基づく
親密な関係を築いてきました。この基盤をダイムラーとの提携
でさらに強化していくことに興奮を覚えています」と語った。
 FUSOブランドは25年以上前にマレーシアに参入し、
2005年からはMBM社を現地販売代理店として、顧客に製
点であるP.T.IsuzuAstraMotorIndonesia(IAMI)で製造
する新興国向け戦略商品である。
 「TRAGA」は、いすが新たに開発した本格軽量トラックと
なり、ピックアップトラック「D-MAX」をベースにいすが培って
きた商用車の技術を採用し、「積載効率」「小回り性」「省
燃費」の最大化を図り、ユーザーの利便性を追求している。
 イドネシアは世界の商用車市場の中でも特に市場規模が
大きく、中長期的にも大きな成長が見込まれており、中でも
GVW3.0トンの市場が伸張している。まずは、インドネシア市
場に参入し、順次他新興国への展開を検討する計画だ。
 いすは、今後もこれまでに構築したグローバル拠点を活用
し、世界各市場への最適商品の提供を進めるとしている。
■新型TRAGAの概要
⑴開発の狙い…新興国で伸張する
軽量キャブオーバー
トラックセグメン
(GVW2.5〜3.0
トン)を着実に取り
品を届けてきた。現在の製品ラインアップは、日本からCKD
して出荷する、小型トラックと中型トラックにフォーカスしてい
る。また、同社は同時にメルセデス・ベンツブランドの乗用
車の販売・サービスを担っている。今回の現地販売代理店
の交代は、各事業部門が個々の顧客のニーズに注力するダ
イムラーの顧客第一戦略の一環である。
 HSTD社はマレーシア証券取引所(ブルサ・マレーシア)に上
場している複合企業ハップセン・コンソリデーテッ(HSCB社)
傘下の商用車部門。HSCB社は、プランテーション、不動産
投資・開発、信用融資、肥料事業、建築資材、自動車の6
つの中核事業を持つともに、ダイムラー商用車の大口の顧
客でもあり、現地のニーズに精通している。商用車分野におい
て40年以上の経験を持ち、ダイムラーの信頼できるパートナー
して、ハップセンはマレーシアにおける商用車事業に全力を
注いでいる。また、HSTD社を統括するシュナイダー氏は、ダ
イムラーの商用車部門で28年間勤務した経歴がある。今後
HSTD社が商用車に特化し、ユーザーに幅広い商品を提供す
るとともにアフターサービス体制を強化していくとしている。
インドネシア販売…いすゞ
話題のニュートラック新製品情報・新情報
いすゞが新規開発「軽量トラック」を新興国市場に投入
インドネシアから販売開始
インドネシアで新規投入されたキャブオーバー型軽量トラック「TRAGA(トラガ)
ピックアットラック「D-MAX」がベースの「TRAGA」

TheTRUCK2018年6月号91
 ㈱ディー・エヌ・エー(DeNA)とヤマト運輸㈱は、神奈川
県藤沢市内の一部地域において、2017年4月から約1
年間実施した自動運転社会を見据えた次世代物流サービス
の実現を目指すプロジェク「ロボネコヤマト」の一環として、
2018年4月24日に自動運転車両を用いた配送の実証実
験を実施した。
 これまで実用実験を行ってきた「ロボネコヤマト」は、専任の
込み、商品ラインナップの拡充を図ると共に、商用車事業を
支えるエンリーカーとして位置づける。
⑵車型構成…キャブシャシ、平ボディ付きの2車型を展開。
⑶エンジン…4JA1(80PS/19.5kgm)
⑷寸法…全長4,520㎜×全幅1,705㎜
⑸主な特長
・最新解析技術を駆使した、本セグメトの使い勝手に最適
な、新規開発の強靭かつ軽量な構造のキャブ(Nシリーズを
ベース)、フレーム(D-MAXをベース)を採用。
・他車型で実績があり、市場で高い耐久信頼性を得ている
4JA1エンジン、MUAトランスミッションを搭載。
■生産会社概要
◇社名:いすゞアストラモーターイドネシア(IAMI)P.T.Isuzu
AstraMotorIndonesia)
◇所在地:インドネシアジャカルタ ◇設立:2008年
ドライバーによる有人運転を行っていたが、ドライバーは荷物
の発送・受け取りに関与せず、利用者自身が荷物を車両か
ら取り出すサービス設計で運用してきた。
 今回、車両の走行を実際に自動運転化した際の改善点の洗
い出を目的として、アイサンテクロジー㈱の協力のもと、同社
の自動運転車両を用いた実証実験を実施する運びとなった。
 約6㎞の藤沢市内公道においてドライバーが着座した状態
での自動運転走行のほか、Fujisawa
SST協議会の協力のもと、封鎖した
公道上をドライバーレスの自動運転で
走行した。さらに、自動運転車両を用
いた実証実験の一部において日本信
号㈱協力のもと、携帯電話網を用い
て信号情報を自動運転車両へ送信す
る、日本初の技術実証も実施した。
◇資本金約85億円(出資比率…いすゞ50%、アストラグルー
プ50%)
◇事業内容:AUV・商用車の組立、販売
◇生産実績:17千台(2016年)
■開発会社概要
◇社名:いす・グローバル・CVエンジニアリング・センター
(IGCE)IsuzuGlobalCVEngineeringCenterCo.,Ltd)
◇所在地:泰国バンコク ◇設立:2014年1月
◇資本金:約3.5億円(出資比率…いすゞアジア100%)
◇事業内容:新興国向け
CV車両及びその関連部
品を含む新製品の商品企
画・開発
実証実験…ヤマト運輸・DeNA
話題のニュートラック新製品情報・新情報
神奈川県藤沢市内で「ロボネコヤマト」の一環による
自動運転車による配送の実証実験を実施
ジャカルタで世界初公開された世界戦略モデルのトラガ現地のホームページで紹介されている軽量
ラックのトラガ
機能性重視のトラガの運転席
ロボネコヤマトの自動運転走行実験コース封鎖した辻堂海浜公園東駐車場内をドライバーレスで自動運
転走行を行った

The TRUCK News
Now
TheTRUCK2018年6月号92
■実験の流れ
[1]「ロボネコヤマト」車両に宅急便荷物を預入、[2]ドライ
バーレス(封鎖環境内)での自動運転車両による[1]の荷物
の受け取り、[3]信号情報を受信し自動運転走行、[4]「ロボ
ネコストア」地域商店1店舗目の商品集荷、[5]「ロボネコス
ア」地域商店2店舗目の商品集荷、[6]ドライバーレス(封鎖
環境内)での自動運転車両による[4][5]の商品の受け取り。
 なお、[1][3][4][5]は、運転席にドライバーが着座した状
態での自動運転(ハンズフリー)で、[2][6]は、運転席にドラ
イバーが着座しない状態での自動運転(助手席にスタッフが
着座)となる。
「ロボネコヤマト」とは
「ロボネコヤマト」は、車内に保管ボックスを設置した専用
EV車両を使用し、AIによる配送ルートの最適化を行うとで、
配送の時間帯を10分刻みで指定できる次世代物流サービス
である。宅急便の荷物を望む時間帯に望む場所で受け取るこ
とができるオンデマンド配送サービス「ロボネコデリバリー」と、
地元商店の商品を事前にインターネト上で一括購入し、運ん
でもらうことができる買物代行サービス「ロボネコストア」の2つ
のサービスを、対象エリアに住む利用者に提供している。なお、
「ロボネコヤマト」は、神奈川県、藤沢市、DeNAおよびヤマ
ト運輸で締結した協定に基づき実施している。
■FujisawaSST協議会について
 神奈川県藤沢市のパナソニックの工場跡地にて、Fujisawa
サスティナブル・スマートタウンの開発をすすめる18団体から
なる街づくり協議会(代表幹事:パナソニック㈱)である。藤沢
市と官民一体で、エコで快適、安心・安全なスマートライフが
おくれる「くし起点」の街をめざし、開発をすすめている。
 ㈱モリタホールディングスは、全国の小学生を対象とした第
13回未来の消防車アイデアコンテストを開催し、厳正なる審
査の結果、神奈川県相模原市在住の小学6年生(応募当
時)、中
󱢫󱢊󱢙󱣈󱢅󱢠󱢏󱢰󱣌
条匠晴さんの作品が最優秀賞に選ばれた。
 同コンテストは、全国の小学生を対象に夢のある「未来の
消防車」をテーマとした作品を募集するもので、「消防車にこん
な機能があったらいいのに」「いざというときにこんな消防車が
あったらいいのに」等、小学生の豊かな想像力で、アイデア
豊富な「未来の消防車」応募してもらうもので、今回は1,130
作品の応募があった。
 最優秀賞受賞者にはモリタオリジナルグッズがプレゼンされ
た他、モリタ三田工場(兵庫県三田市)に招待し、国内の消
防車の過半数が製造されている日本最大級の消防車製造工
場を見学してもらった。また、その他9名の作品が入賞作品と
して選ばれ、モリタオリジナルグッズがプレゼンされた。
■最優秀賞受賞者:中条さんのコメント
 この消防車は地球に優しいエコカーでありながら、ハイテク
を駆使したスーパーレスキューカーです。空気や二酸化炭素
を分解して水や窒素、酸素が作れるので、近くに水がない場
所でも消火・救助活動ができます。また、水では消えない火
災に窒素を使うなど火事の規模や状態によって使い分けるこ
とができます。ウォーターカッターも搭載しています。これがあ
れば扉などをきりながら消火もできます。扉に穴を開けて水を
かければバッドラフトの危険も少なくなります。できるだけ消
防隊員(人間)が火災現場に入らないで特殊加工されたホース
やロボット、空からのドローン型車両を使って救助ができます。
ドローン車両はそのまま病院へ緊急搬送もできます。
 他にもいろいろな装備を考えつきましたが、多すぎて描きき
れなかったので、描きたいものの順番をしぼってまとめました。
ボクが保育園に通っていたころ、火事を見たことがあります。
こんな消防車があれば家が何軒も燃えなくてすんだのにと思
います。
コンテスト…モリタ
話題のニュートラック新製品情報・新情報
消防車メーカーモリタグループが
未来の消防車アイデアコンテストの結果を発表
第13回未来の消防車アイデアコンテストの最優秀賞受賞作品